ウイルス予防の除菌剤まとめ

流行を繰り返すウイルスやインフルエンザ。除菌剤の成分や効果は気になるものです。ウイルス予防の除菌剤のまとめサイトです。

カンファスイは厚労省が認めた衛生水で広く除菌用として使われています。

ショップなどで販売されている次亜塩素酸ナトリウムに酸性剤を加えることで除菌の効果が更に高くなりスピーディに除菌されるという。

他の除菌剤と比べカンファスイはどのような特徴を持つのでしょう。


▼▼▼ カンファスイの最大の特徴 ▼▼▼

・ 強力な除菌力
・ ウイルスの除去効果
・ 残留性がなく人体に無害である
・ 残留性がなく環境にも無害である
・ 対象物を選ばず、どこでも使える
・ 使い方が簡単


このようなことから食品を扱う工場や現場、家庭内での除菌スプレーとして幅広く使えます

また、消臭力もあるのでペットのシーツの臭いやトイレ後の除菌や消臭にも使えます

まぁ除菌剤は種類が増えていいことなのですが、希釈の手間がないことや人体、ペットにも無害なので安心して使えますね。

保育園や幼稚園など、たえず子供たちが行きかう場所などにも適していて、導入しているところも増えている、という。

カンファスイを使っている場所としては大手食品メーカーやビールメーカー、調味料メーカー、コンビニ工場、病院、保育園、老人ホームなどなど、すでに500社以上の企業に導入されているという。

有名なところでは
キッコーマン、アサヒビール、味の素、マルハニチロ、ミツカン、フジッコ、伊藤ハム、叙々苑、赤十字病院などそうそうたるメンバー

それだけ高い除菌力と安全性にこだわりがあるということでしょうね。

これから除菌剤のご購入を検討している方はカンファスイも参考にしてみては。



◆ 楽天 → 【正規品】カンファスイ 2Lボトル(200ppm)

◆ アマゾン → カンファスイ 2Lボトル(200ppm)(正規品)

[カンファスイとは][カンファスイ 効果][カンファスイ 楽天][カンファスイ 取扱店]






新しいタイプの水虫治療クリアフットヴェール

まず何が新しいかというと、水虫をガードしてくれるバリア力が強いこと

従来の水虫薬と言えば「水虫の治療」に重点を置いているものが多いのですがクリアフットヴェールは「周りの外的からバリア」することと今ある悩みにもアプローチしてくれる水虫治療


水虫経験者ならご存知の方も多いと思いますが、足の水虫だけを治療しても靴、靴下、カーペットなどに長年住み続けている水虫菌により繰り返し水虫を患うことが多いものです。


クリアフットヴェールは、この繰り返す水虫にまずアプローチします。

水虫を繰り返さないためにはバリア力が必要になります。

このバリア力に効果的に働きかけてくれるのがCPL 環状重合乳酸という成分で、しっかりとガードしながら竹酸液で水虫を外へどんどん押し出してくれます。

更にサリチル酸により角質層への浸透を高めます


水虫治療には長い時間が必要な場合が多い

CPLで水虫をガードしながら、竹酸液で押し出し、サリチル酸で角質の深部までも浸透する

このトライアングル効果で水虫を撃退してくれます。


また、これらの成分は水虫には強力ですが、肌を守りながら有効に活用できるため女性の方にお勧めの水虫治療になっています。

◆ 女性でも安心!肌を守りながら水虫菌を強力殺菌『クリアフットヴェール』
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

温度には温度計、湿度には湿度計とパッと一目見て気温や気候を知るうえで便利ですね。

エンペックス 食中毒注意計 TM-2511は食中毒の発生源となる細菌の繁殖を気温と湿度から一目でわかりやすくした食中毒注意計

壁掛け用になっていますのでキッチンや厨房、食材の管理庫などに取り付けることで一目で食中毒注意がわかるようになっています。


食中毒の発生状況は1年中同じではありません
食材の管理状況や企業などの不祥事でも食中毒は起こります。
一般に寒い季節には食中毒は起こりにくく4月以降、暖かくなると食中毒が発生しやすくなっています。
フグやキノコの食中毒は季節によっても異なりキノコは秋、フグは冬に多くなっています。

細菌原因性食中毒の発生原因としては食材の温度管理の不備、手指からの二次感染、厨房機器の洗浄不足が大半を占めています。
食材の取り扱いや個人衛生、手洗い、洗浄、除菌を徹底するようにしましょう

以下に1年の快適な室温と湿度を掲載していますので温湿度管理をする際の参考にしてください。

室内の快適温度
春 18-25℃
夏 22-26℃
秋 18-25℃
冬 18-24℃

室内の快適湿度
春 45-65
夏 50-70
秋 45-65
冬 40-65

食中毒注意計はあくまで食中毒の予防のために使うことを目安としていますが過信は禁物です。
あくまでも食中毒が発生しやすい温度と湿度の注意喚起の目安として使ってくださいね。



◆ 楽天市場 → EMPEX エンペックス 食中毒注意計 ホワイト TM-2511

◆ アマゾン → エンペックス気象計 温度湿度計 食中毒注意計 壁掛け用 日本製 ホワイト TM-2511

除菌対策の意識が強くなる時期として梅雨時が多く次いで冬場のウイルス対策と続いている

梅雨時の除菌対策の場所としては

1位 キッチン 88.7%
2位 トイレ
3位 洗面所・お風呂回り

などの順になっておりキッチンの除菌対策としては食中毒予防が挙げられています

また年代によっても除菌に気を付ける場所も違い高い年齢層ではトイレ、キッチン、お風呂回り
低い年齢層では食卓、リビングに除菌対策の意識が強くなっています。

実践している除菌対策としては

アルコール除菌 スプレータイプ 71.7%
塩素系洗剤 50.9%
アルコール除菌 拭くタイプ 46.4%

台風被害による除菌・消毒

台風や大雨による床下、床上浸水による除菌・消毒の方法としては

床下浸水の場合
・家の周囲、床下にある不要なものの片づけや汚泥などを取り除きます
・床下は雑巾などで吸水し扇風機・サーキュレーターなどで強制的に乾燥させます。

床上浸水の場合
・家の周囲の片づけ、汚泥などを取り除きます
・床下は吸水し扇風機などで乾燥させます
・水が引いた後は濡れた畳や家屋の不要物の片づけ
・食器、調理器具等は水洗いで汚れを落とし消毒します
・食器棚、冷蔵庫などの汚れをキレイに拭き取り消毒します

消毒薬の使用上の注意

・長袖、長ズボンの着用
・メガネ、ゴム手袋、マスクの着用
・人体の皮膚や目にかからないよう注意してください。

◆ ご家庭での除菌対策におすすめ → 細菌対策・水害対策用 MRA-8 300ml【楽天24】

◆ 広範囲での消毒におすすめ → 殺菌・消毒に兼一薬品工業 消毒用エタノールMIX30L(500ml×60)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

夏の食中毒予防に湿度の高さと気温の高さも影響します。

食中毒の原因となる細菌は気温+湿度+栄養の条件が揃えばどんどん増殖します。

部屋の換気をマメにしキッチン周りの掃除、除湿調整などを心がけましょう。

また部屋の中の温度と湿度が一目でわかるクレセル CRECER 熱中症・インフルエンザ警報付き CR-1200の温湿度計などがあると管理しやすくなります。


▼ 細菌性食中毒とノロウイルスの違い ▼

細菌性食中毒の原因は先ほども書いた通り気温+湿度+栄養の条件で爆発的に増殖します。

一方のノロウイルスはヒトの腸内で増殖しますので湿度や温度などは関係はありません。

食中毒菌は一定の量が体内に入り込むことで食中毒の症状があらわれますが、ノロウイルスは体内で増殖するウイルスのため少量でも体内に入り込むと爆発的に増殖を繰り返します。

ノロウイルスだけを見た場合、温度や湿度との関係はありませんが食品の衛生管理はノロウイルスばかりではありません。

常にキッチン周りの温湿度や掃除を管理することで食中毒予防には効果はあります。


▼ 湿度が高いとどうなる? ▼

・細菌やカビ菌が増殖しやすくなる

・消化酵素の働きが低下し食欲不振になる

・気温が高くないのに湿度が高い場合、体の発汗作用が機能しにくくなり熱中症のような症状になる

・敷きっぱなしの布団とタタミ・フローリングの間に湿気が溜まりカビ菌が発生しやすくなる



▼ 家の中の除湿対策 除湿器選び ▼

最近では様々な除湿器が販売されていて、どれを買うか迷ってしまうことも多いですね。

除湿器を使う時期や機能に合わせた除湿器を選びましょう

コンプレッサー式の除湿器は価格も安く手軽に使える除湿器ですが、冬の気温の低い時期の除湿には不向きとされ、室内の空気も乾燥します。

梅雨時にお勧めの除湿器 → コンプレッサー除湿機 DCE-6515 アイリスオーヤマ


コンデンス式除湿器は価格は高めですが万能型の除湿器です。
湿度の高いランドリーや室内干し、雨降りの玄関の除湿にと家中の除湿が広範囲に可能です。

一年中使え場所を選ばない除湿器 → コンデンスELD カンキョー 直噴除湿乾燥機


レビューポータル「MONO-PORTAL」

↑このページのトップヘ