ウイルス予防の除菌剤まとめ

流行を繰り返すウイルスやインフルエンザ。除菌剤の成分や効果は気になるものです。ウイルス予防の除菌剤のまとめサイトです。 サライウォーター 楽天




花粉対策の顔、髪用スプレー イハダ アレルスクリーン

シュッとスプレーするだけで外出時の花粉やPM2.5を透明マスクが防いでくれます。


◆ アレルスクリーン 使い方

・目、口を閉じて顔から約20cmほど離し円を描くように適量スプレーします

・ミクロの霧がスプレー部分をコーティングしイオンの透明なマスクを作ります

・空気中の花粉やPM2.5を反発し吸着を防いでくれます。

・約4時間おきに1日3-5回使用してください。


◆ アレルスクリーン 特徴

・資生堂の特許技術を採用 反発イオン技術

・外出先でも手軽に使えるスプレータイプ

・天然温泉水配合のミクロの霧

・メークの上からでも使えます

・皮膚アレルギーテスト済

・顔、髪用スプレー


◆ アレルスクリーン 成分

水・エタノール、ポリクオタニウム-51、窒素、クエン酸Na、温泉水、フェノキシエタノール



アトピーで約半年間、使っていますが使わないよりは使った方が調子がいい、という感想です。


花粉が酷い時期に使っても鼻水ダラダラ、顔も痒くなりませんでした。


子供に使ったところ、特に目が楽になるそうです。


会社のデスクではマスクの着用ができないため、コレを使っていますが使わないよりは幾分調子がいいみたいです。


私は重度の花粉症ではありませんがスプレーしマスクなしでも鼻水の出方が明らかに違います。


通販では楽天とアマゾンが安いようですよ。

◆ 楽天 → 資生堂 イハダ アレルスクリーン N 100g ゆうメール送料無料


◆ アマゾン → 資生堂薬品 イハダアレルスクリーンN スプレータイプ イオンの透明マスク 頭・髪用 花粉・PM2.5をブロック 100g

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote





風邪やインフルエンザの時期がやってきました。

風邪ウイルスや感染症から身を守るためには感染経路を知っておく必要があります。

集団的に発生する学校や会社などで風邪ウイルスから身を守るためには次のことに気を付けましょう。


◆ 飛沫感染

咳やクシャミをすると唾と一緒にたくさんのウイルスが飛び散ります。
周りの人が吸い込んでしまうことで風邪がうつります。

※予防するには・・・

マスクの着用が有効です。
ウイルスが体の中に入るのを防ぎ自分の咳から出るウイルスを防いでくれます。



◆ 接触感染

ドアノブ、手すりなど皆が触れるところにはウイルスがついていることも。
ウイルスの着いた手で口や鼻を触ることで体の中に入ってきます。

※予防するには・・・

とにもかくにも手洗いウガイをすること。
石けんで丁寧に手を洗いましょう。



◆ 空気感染

教室や会議室など窓を閉め切っていると空気中に浮遊しているウイルスを吸い込んでしまいウイルスが体の中に入ってきます。

予防するには・・・

寒くても窓を開けて室内の空気を入れ替えましょう。



◆ 寒さに負けない服装

外出する際に気を付けることは「三つの首」を温めてあげること。

首・・・タートルネックや襟の着いたシャツを着よう



平昌オリンピックのスケートの選手たちがつけていた次世代マスク


◆ 楽天 → 次世代マスク 「bo-bi」 カロリー 再利用可能タイプ マスクケース付き ダイエットEXPO出展商品


◆ 楽天 → 高性能マスク ピッタリッチ PM2.5+放射性物質対策フィルター 【再利用可能・無地・1枚】
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

風邪やインフルエンザが流行する季節

予防には体の免疫力を高めると良い、と言われていますがビタミンDは免疫調整役のビタミンとしてあまり知られていません。

基本的に免疫バランスを整えることで風邪にかかりにくい体づくりを心掛けることが大切です。

食事からビタミンDを摂るのが一番良いのですが、なかなか摂れないという方はサプリメントで補うのも良いでしょう。

ビタミンDが多く含まれる食べ物はキクラゲ、干しシイタケ、ほんしめじなどのキノコ類やカツオの塩辛、アンコウ、紅鮭、ウナギ、サンマ、豚ロースなどに多く含まれています。

ビタミンDが不足するとカルシウムの吸収低下や骨の代謝異常を引き起こし、子供はくる病、大人は骨軟化症の原因にも

高齢者の方がビタミンD不足になると骨粗しょう症や骨折のリスクが高まると言われています。

ビタミンDの過剰摂取によるリスクでは腎臓・筋肉へのカルシウムの沈着、石灰化が見られますのでビタミンDの過剰摂取には注意が必要です。


風邪対策でのビタミンDの生成に役立つことに「適度な日光浴」があげられています。

この日光浴は手のひらだけでも有効とのこと。

冬季以外は1日5~10分程度、紫外線の少ない冬の間は1日合計で60分程度、浴びると良いと言われています。

美容のために紫外線を避けすぎてビタミンD不足にならないように気をつけましょう。


▼ おすすめのビタミンDサプリメント ▼


◆ 楽天 → 亜鉛 ビタミンD サプリメント (180粒・約22日分)

◆ 楽天 → ビタミンD-3 5000IU 120粒 NOW Foods(ナウフーズ)

◆ 楽天 → ネイチャーメイド スーパービタミンD 90粒



この記事を読んだ後に読まれている記事

r1 ヨーグルト インフルエンザ

善玉菌と悪玉菌の違い

ビタミン不足でなりやすい症状と摂取量の目安

インフルエンザなのか風邪なのか迷ったときは

自宅で遺伝子検査をして分かることが驚くほど多い

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote





猫や犬からうつるという人獣共通感染症=コリネバクテリウム・ウルセランス感染症


人獣共通感染症による死者が国内で初めて確認されました。


コリネバクテリウム・ウルセランス感染症はコリネバクテリウム・ウルセランス菌を持つ家畜やペットが感染することでうつります。


人から人にうつることはほとんどないとされています。


症状は喉の痛みや咳など風邪の症状が出て重症化すると呼吸困難などで死亡することがある。


抗菌薬などで治療は可能


ペットとの濃厚な接触は避け、体調が悪くなったらすぐに医療機関への受診を呼び掛けています。


▼ 人獣共通感染症 主な感染症の種類 ▼

Bウイルス病、Q熱、アニサキス症、ウエストナイル熱、エキノコックス症、黄熱、オウム病、回帰熱、カンピロバクター感染症、狂犬病、クリプトスポリジウム症、クリミア・コンゴ出血熱、腎症候性出血熱、ダニ媒介性脳炎、ツツガ虫病、トキソプラズマ症、鳥インフルエンザ、ニパウイルス感染症、日本紅斑熱、日本脳炎、ハンタウイルス肺症候群(HPS)、ヒストプラスマ症、ブタ連鎖球菌感染症、ブルセラ症、ペスト、マールブルグ病、幼虫移行症、ライム病、ラッサ熱、リステリア・モノサイトゲネス感染症、レプトスピラ症


◆ 楽天 → これだけは知っておきたい人獣共通感染症 ヒトと動物がよりよい関係を築くために [ 神山恒夫 ]



この記事を読んだ後に読まれている記事


オムツ用ゴミ箱 必要か

ウェットティッシュ ペット用 日本製 3個パックが安い

犬猫用耳洗浄剤 ノルバサン

ロイヤルカナン 犬用 食事療法の種類

犬のシャンプーの頻度 回数は

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

インフルエンザウイルスが猛威を振るう時期のウイルス対策はどのようにしていますか?


インフルエンザウイルスを無力化するのにアルコール(エタノール)が有効


インフルエンザウイルスはエンベロープという殻で覆われた突起物が人や動物にくっつくことでウイルスが細胞の中に送り込まれ感染します。

アルコールはインフルエンザウイルスのエンベロープに馴染みウイルスを破壊してくれます

殻が壊れてしまったウイルスはタンパク質も変性しやすくなり本来の働きを失います。

これがアルコールの抗ウイルス作用に繋がります


▼ 手指のアルコール消毒の仕方 ▼

・ アルコール消毒剤を適量とり手のひらをこすり合わせます

・ 指の爪の先から付け根、指の間まですり込みます

・ 手の甲、手首も忘れずに、すり込みます。


インフルエンザウイルスの生存期間は条件にもよりますが

・ 衣服の場合 8~12時間生存

・ プラスチックやステンレスなどツルツルしたもの 48時間程度


▼ インフルエンザウイルスに有効な消毒方法 ▼

・ 80℃で10分以上の加熱

・ 塩素系消毒液

・ 70%以上の濃度のアルコール





主原料は酒精のため安全です。

エタノールは揮発するため原則的には拭き取りは不要です。

食品添加物規格のため食品にかかっても安心です。

食中毒を未然に防止

インフルエンザ・細菌等を強力に除菌してくれます。


◆ 楽天 → 【食品対応アルコール除菌剤】 フードケア75 【 1 8 L 缶入】
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

↑このページのトップヘ