ウイルス予防の除菌剤まとめ

流行を繰り返すウイルスやインフルエンザ。除菌剤の成分や効果は気になるものです。ウイルス予防の除菌剤のまとめサイトです。 サライウォーター 楽天





医師も驚く!! 蜂産品の相加、相乗効果!!

マヌカハニー、プロポリス、ローヤルゼリー、ミツバチ花粉の混合は

あなたの健康維持の必需品です




高い殺菌作用を持つ蜂蜜にマヌカハニーという商品をご存知でしょうか。

高い抗菌活性力を持つマヌカハニーは腸内の悪玉菌の抑制や殺菌に効果が期待され愛用している方が増えています。

少し喉が痛い時や朝の食欲のない時の栄養補給として舐めているとか。


マヌカハニーが日本で人気になった理由の一つとしてピロリ菌に効果的として一躍有名になりました。

ピロリ菌は日本人の約半数の方が感染し初期段階では胃炎や下痢を起こし胃潰瘍や胃がんの発生にもつながるという厄介な菌。


マヌカハニーの効果が期待されているものに

・ピロリ菌、大腸菌、腸球菌など胃腸疾患の改善

・虫歯、口内炎、歯周病予防

・のどの痛み

・鼻詰まりの改善

・風邪、インフルエンザ予防

・整腸作用

・コレステロール値の低下

・ヤケドの治癒

・炎症の緩和

など、様々な症状の改善や効果に期待されています。

副作用の心配がないのも安心して続けられる理由のひとつ。

お腹の調子が悪い、風邪かな・・・と思ったときは薬ではなくマヌカハニーを一舐めしてみてはいかがでしょう。


◆ 楽天 → マヌカハニー 10+ 250g (MGO 263〜513相当) 非加熱 100%純粋 生マヌカ


◆ アマゾン → マヌカヘルス マヌカハニーMGO400+ 250g

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote




肌に触れずに体温が計れる非接触体温計

風邪やインフルエンザの熱を測るのにも非接触なので感染の心配や消毒をしないでも衛生的。


◆ エーアンドデイ 非接触体温計 特徴

〇 おでこで、たったの1秒

〇 おでこの表面温度から舌下温を表示します。

〇 肌に直接触れないので感染や消毒の心配がありません。

〇 免疫力の弱い赤ちゃんから大人まで不特定多数の人の体温を計れます

〇 おでこ測定のため角度による誤差が少ない体温計です

〇 モード切替で非接触の温度計としても使えます

〇 発熱アラーム機能で発熱を音で知らせてくれます


熱が気になる時にサッと計れるのは便利ですね。

一日に熱を測る回数が増えて安心感を得ています。

実際に肌に触れずに熱を測れるとあって衛生面でも安心ですし、家族中でインフルエンザにかかっても消毒の手間が無いのはイイ。

熱が不安定な時は何度も測り直ししても時間が短時間で済むのも助かります。

ただ周囲温度が10度よりも低いとエラーが出てしまうのが少し不便。


◆ 楽天 → エーアンドデイ 非接触体温計 ブルー UTR-701A-JC [UTR701AJC]


◆ アマゾン → エーアンドデイ おでこで測る体温計 「でこピッと」UTR701A-JC ブルー


性に興味のある17歳~19歳の男女を対象としたアンケート調査では


約4割が学校の性教育が役に立たない、と回答


この年代のセックス経験者はほぼ4人に1人


うち、4人に3人が性病への不安を抱えている。


避妊の必要性を感じている人は9割近くにも達している


800人のネットでの意識調査の結果

学校での性教育は

役に立った 59.1%
役にたたない 40.9%

もっと重点的に教えてほしいことには

・ 避妊の重要性
・ 性病の危険性


ネットの普及により不特定多数との異性行為が安易になり性病の蔓延にも繋がっている

オーラルセックスでも十分に性病にかかるリスクがあることを知っておいてほしいものです。

大人が教えにくい、子供が聞きにくい性に関する悩み


◆ 楽天 → イラスト版10歳からの性教育 子どもとマスターする51の性のしくみと命のだいじ [ 高柳美知子 ]


---------------------------------------------------------------

【ニュース】 増加する性感染症(STD)感染者、早期発見・早期治療が大切!

---------------------------------------------------------------


◆性行為によって感染する性感染症(STD)感染者が増加しています。

特に梅毒の感染者数は、ここ数年で爆発的に増えています。



代表的な性感染症であるクラミジア感染症は、

性経験がある一般の高校生で、女性13.1%、男性6.7%が

感染しているとの報告もあります。


◆特にクラミジア感染症は自覚症状が出にくく、

知らない間に感染し、知らない間に他人へ感染させてしまいます。

治療をしないで放置しておくと、不妊症の原因になる可能性や

出産時の母子感染の可能性もあります。


◆HIV(エイズ)感染も性感染症です。

HIV(エイズ)、は治療の進歩で死に至る病ではなくなりました。

早期に発見して早期に治療を始めることの重要性が

ますます高まっています。


◆今や性感染症は、特別な人たちがかかる病気でなく

誰がかかっても不思議でない病気になっています。

心配な時は、まず検査を受けることが大切です。


◆STD研究所の ◆性病検査 STDチェッカー◆ は、

ついためらいがちな性病検査を、自宅で簡単に受けられる検査キットです。

自宅で採取した検査物(尿・腟分泌液・血液)をポストに投函し、

到着したら結果は最短翌日。

プライバシー重視の完全匿名検査。あなた専用の画面で

専門員が丁寧にフォローします。


◆検査は登録衛生検査所の自社ラボ、高水準の検査を実施しています

---------------------------------------------------------------

豊富な検査項目。様々なニーズに対応しています。

◆クラミジア◆淋菌◆クラミジア(のど)◆淋菌(のど)

◆HIV(エイズ)◆梅毒◆B型肝炎

◆マイコプラズマ◆ウレアプラズマ

◆トリコモナス◆カンジタ◆一般細菌◆ヒトパピローマウイルス

◆C型肝炎

---------------------------------------------------------------

→検査商品のご購入はこちら


◆ 自宅でカンタン、匿名検査 ◆


インフルエンザウイルスが私たちの体の中に潜んでいる、いわゆる潜伏期間は

わずかに1日~2日

高熱になる前の前駆症状としては

・ 体のダルサ
・ 鼻やのどの乾燥
・ 強い悪寒

風邪との症状と似ていますがインフルエンザの場合は、このような症状を感じたか感じていないかの猶予がなく

いきなり高熱、強い倦怠感、関節痛、筋肉痛の症状があらわれます。

またインフルエンザウイルスは発症する1日前から感染力を持っていると言われています。


インフルエンザウイルスの感染力は約1週間ほど持続し発症してから3日ほどが感染のピークになっています。

インフルエンザウイルスの増殖力は凄まじく、およそ8時間で100倍に

1つのウイルスが24時間で100万個になる計算です。

このインフルエンザウイルスが数千万に達すると症状にあらわれ3日目以降は減少に転ずると考えられています。

インフルエンザの予防接種を受けていても感染することがありますが、症状が比較的軽く済み熱も38度に達しないこともあるようです。



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

冬は感染症が多く風邪、インフルエンザ、感染性胃腸炎など似た症状の感染症が流行しますね。

お腹が痛い、胸が悪い、悪寒が走る、など症状も人によってさまざま


風邪・インフルエンザ・感染性胃腸炎の違いを知って予防と対策に努めましょう。


感染症の予防には手洗い、ウガイが基本ですが

・ 水が冷たいから指先だけ水で濡らしている

・ 水を少し含んだだけのウガイをしている

という手洗い・ウガイはやらないよりはマシかも知れませんが、あまり良い手洗い・ウガイの仕方とは言えません。

手洗いは石鹸を使って丁寧に洗い、ウガイは喉の奥まで何回もしっかりとウガイします。

水が冷たいからと言って予防に手を抜いては、あきまへん。


▼ 風邪・インフルエンザ・感染性胃腸炎 違い ▼


風邪

・ 喉の痛み
・ 鼻水
・ 咳やクシャミ
・ あまり高くない発熱

インフルエンザ

・ 普通の風邪の症状もプラス
・ 38度以上の高熱
・ からだの痛み
・ 寒気

ノロウイルスなどの感染性胃腸炎

・ お腹の痛み
・ 吐き気
・ 下痢
・ あまり高くない発熱


インフルエンザの感染経路

飛沫感染 → 感染した人の咳やクシャミでウイルスが飛び散り感染します

接触感染 → ウイルスがついたものを触り、その手で口や鼻、眼を触ることで感染します

飛沫核感染 → ウイルスを含む水分が蒸発し、ごく細かい粒子になったものが空気中を漂い、それを吸い込むことで感染します。


目には見えないけれど手にはウイルスがついていると思っていい → 手洗い予防

見えないけれど空気中に漂っていると思っていい → マスクで侵入防止




関連記事 インフルエンザやノロウイルスに次亜塩素酸水

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

↑このページのトップヘ