ウイルス予防の除菌剤まとめ

流行を繰り返すウイルスやインフルエンザ。除菌剤の成分や効果は気になるものです。ウイルス予防の除菌剤のまとめサイトです。 サライウォーター 楽天

ウイルバスには様々な種類があり有効塩素濃度が200ppmのウイルバス200と有効塩素濃度が1,000ppmのウイルバス1000

その他の濃度や内容量の違うタイプのウイルバスも多数あります。

ご家庭、施設、工場など用途別にウイルバスを選ぶこともできます。

◆ 衛生管理の新たな基準!塩素濃度200ppmに対応

アルコール耐性のノロウイルスを原因とする急性胃腸炎の流行

O157などの腸管出血性大腸菌による感染等も考慮し食品の殺菌等に対して次亜塩素酸ナトリウムのニーズが増えています。

濃度に関しても200ppmを望まれるケースが増えております。

こうした現場の声に対応し行政機関からの推奨指導に適合する

有効塩素濃度200ppmの食品添加物がウィルバス200です


◆ 楽天市場 → ウィルバス200 500mlスプレー 3本セット


◆ アマゾン → ウィルバス500ml (200ppm)



◆ 感染拡大を防ぐ!緊急時に使える高濃度タイプ


感染力の強い細菌やウイルスは保菌者のおう吐物や排泄物から飛沫感染が起こるケースが多く見られます。

ウィルバス1000は希釈の手間が無く迅速な除菌が可能。

菌数の多い対象物に素早く対応するための1000ppm濃度がウィルバス1000です


◆ 楽天市場 → ウィルバス 1000 注意※高濃度 500mLボトル


◆ アマゾン → ウィルバス500ml おう吐・汚物処理向け1000ppm






通常、サライウォーターは4倍か10倍に希釈して使います。


4倍に希釈したサライウォーターはスプレー除菌やスプレー消臭に効果があり

10倍に希釈したサライウォーターは超音波加湿器で空間除菌するときに使います。

※ 加湿器を使った空間除菌には必ず超音波加湿器を使ってください。


サライウォーターを原液のまま使うこともできます。


コストの面からは原液のままだと費用が掛かり過ぎますので強力に除菌・消臭がしたい時だけに留めましょう。



▼ サライウォーターを原液のまま使うシーン ▼

・ 嘔吐した場所や汚物が飛散した場所

・ 下痢で汚れた便器やトイレの床

・ 汚物がついた手で触った手すりやドアノブなど


小さなお子様が嘔吐や下痢を繰り返し汚れた場所の除菌には原液を使うのですが

直接スプレーすると乾いたウイルスが飛散する可能性もあります。

捨てても良いタオルや雑巾にあらかじめ原液をスプレーしてから拭き取るとウイルスの拡散を防げます。


嘔吐物の処理にはマスクやゴム手袋を着用しましょう。



メーカーが推奨している原液を使ってほしいシーンとは

・ 食堂・厨房床の洗浄

・ 風呂のパイプの消臭

・ ブーツや靴の除菌・消臭

・ 生ごみなどの悪臭の消臭や除去

・ カビの除去


一度に大量にサライウォーターを使うような広い場所の除菌・消臭には10リットル、20リットルのサライウォーターもご用意しています。


コスト面重視で除菌剤を選ぶ際の参考にしてください。


サライウォーターの有効期限は製造日より約6か月と長期間の保存が可能です。

ご家庭においてもサライウォーターの効果を実感しリピートで使う際は容量の大きなサライウォーターの方が経済的です。


サライウォーターも20リットルの箱になるとさすがに重い


通販サイト楽天やアマゾンから配達してもらうのが賢い選択です。


◆ 楽天 → サライウォーター20L


◆ アマゾン → サライウォーター20L(次亜塩素酸水)



合わせて読みたい

サライウォーターとは その使い方と効果も知っておきましょう

次亜塩素酸水の希釈濃度の作り方

サライウォーターが使える加湿器

サライウォーターはカビにも有効

アルコールの効かないウイルスとは



[サライウォーター 使い方][サライウォーターとは][サライウォーター ppm][サライウォーター 加湿器][サライウォーター 手の消毒][さらいウォーター][サライウォーター インフルエンザ][サライウォーター 効果][サライウォーター カビ]

毎年、春先になるとクシャミが出たり鼻水、鼻詰まりが始まる花粉症


花粉症の主な症状は

クシャミ、鼻水、鼻づまり、喉・目・皮膚の腫れや痒み、咳、熱っぽい、頭痛、イライラ、食欲不振、お腹が緩くなる等


花粉症の予防や治療には

・ マスクの着用
・ 手洗い・ウガイ
・ 花粉をできるだけ吸い込まない
・ お酒・アルコールを控える
・ 食事や運動で体の免疫力を高める
・ 薬を選ぶときは医師や薬剤師に相談する
・ 一般的には内服薬を服用する
・ 目の症状には点眼薬
・ 鼻の症状には点鼻薬


花粉症でありながら病院へ行かない人の割合は約4割

理由としては

我慢できる程度、面倒、病院では完治しないから、市販薬で十分、毎年のことで病気ではない等

早めの医療機関への受診がお勧めですが忙しい方は薬局で相談してみてはいかがでしょう。



花粉の時期と種類

ハンノキ 1月~6月 ピークは3月~4月

スギ 9月~翌年6月と長期に渡り飛散、場所によっては通年で飛散しています ピークは2月~4月

ヒノキ 2月~6月 ピークは3月~4月

シラカンバ 4月~6月 

イネ ほぼ通年で飛散しています ピークは4月~10月

ブタクサ 8月~12月 ピークは8月~9月

ヨモギ 8月~11月 ピークは9月

カナムグラ 8月~11月 ピークは8月~10月


縦に長い日本ですので花粉飛散時期やピーク時は少し異なります


その他の花粉としては

ネズ 3月~6月
カバノキ 1月~6月
コナラ、クリ 4月~6月
イチョウ 4月~5月
ケヤキ 4月~5月
マツ 4月~6月
オリーブ 5月~6月





◆ 楽天 → ★お得な3個セット★ プリーツ型マスク NRN-60PL


◆ アマゾン → アイリスオーヤマ マスク プリーツ 大きめ 60枚入り NRN-60PL



合わせて読みたい

マスクの正しい付け方

マスクディスペンサー60 イデアコ

鼻洗浄器 ハナクリーン 種類


このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

豚コレラの発生が相次いでいますが豚コレラにかかった豚を食べたらどうなるの?


結論から言うと豚コレラに感染している豚を食べても人体には影響がないそうです。


また豚コレラに感染した豚が市場に出回ることもありません。


ですが豚を飼われている畜産農家の方は監視の強化が呼びかけられています。


豚コレラの特徴

・ 豚コレラウイルスによる豚やイノシシへの熱性伝染病で伝染力が高く致死率も高い

・ 感染豚の唾液、涙、糞尿中にウイルスを排泄し接触等により感染が拡大します

・ 治療法はありません。

・ 発生した畜産農家さんの被害は甚大になります

・ 家畜伝染病予防法の中で家畜伝染病に指定されています。

・ 豚コレラはアフリカ豚コレラとは別のものです。

・ 世界各国に分布していますが北米、オーストラリア、スウェーデン等で清浄化されている


豚コレラに関する情報

・ 豚コレラは豚、イノシシの病気であり人に感染することはありません

・ 豚肉の摂取により豚コレラが人に感染することは世界的に報告されていません。



このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote



◆ 楽天 → ネイチャーメイド スーパービタミンD 1000IU(90粒)




インフルエンザが流行している最中、花粉も飛び出し始めている


なんだか日本人の体が弱くなってしまったのかウイルスや花粉が強くなってしまったのか行く末がとても心配


2019年の花粉量も昨年の1.6倍って・・・毎年、増えている感じがします。


ただ、やりようでは花粉症体質からの脱却も夢ではないようです。


その夢のような成分がビタミンD


ビタミンDは免疫調整ホルモンで花粉症を根本から改善してくれる、と期待が高まっている。


体内のビタミンDを増やすには「日焼け」が推奨されているのですが、日焼けはシミやシワの元


女性にとっては避けたい紫外線でも花粉症の改善になるのであれば積極的に取り入れたいものです


また紫外線を浴びないと骨の形成に異常が起き「くる病」になることは有名。


ビタミンDが不足すると免疫機能も異常をきたしアレルギーを発症する一因にもなっているという。


そこで読んでいただきたい書籍に「花粉症は一週間で治る」があります


アマゾンではベストセラーにもなっている花粉症撃退法である


本当に一週間で治るのか不安・・・と思い、半信半疑で、ゆる~く実践したところ、いつの間にか花粉症の症状が改善されている、という口コミが多い


この書籍でキモになっている成分がビタミンD


著者は栄養療法であるオーソモレキュラー療法の第一人者である。


毎年の花粉で悩んでいる方は是非、一読してみてはいかがでしょう。


◆ アマゾン → 花粉症は1週間で治る!


◆ 楽天 → 花粉症は1週間で治る! [ 溝口徹 ]



合わせて読みたい

マスクディスペンサー60 イデアコ

鼻洗浄器 ハナクリーン 種類

知らないと損する 花粉・インフルエンザ用マスクとは

知らないと怖い黄砂とアレルギー症状

鼻水止まらない 鼻炎の症状


このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

↑このページのトップヘ