ウイルス予防の除菌剤まとめ

流行を繰り返すウイルスやインフルエンザ。除菌剤の成分や効果は気になるものです。ウイルス予防の除菌剤のまとめサイトです。





キッチンの食中毒予防と言えば食材の管理が何よりも大切


冷蔵庫に買いだめした食材をたべずに腐らしてしまう食品ロスも社会問題になっているようです。


ついつい買い過ぎることが原因の食品ロスですが、いつまでも冷蔵庫の中に品質が劣化した食材を入れっぱなしになっているのも衛生上、心配になってきますね。


食品ロスを防ぐには

・ 買い過ぎない
・ 冷蔵庫は一時的に保管する場所と捉えて使う
・ 入れたら、出す
・ 使いきれずに捨てるくらいなら少なく買う
・ カット野菜を利用する
・ 賞味期限の短いものから順番に使う
・ 買ってきたら保存容器に移し替える一手間が大事
・ 家庭菜園で実際に作ってみる
・ 乾物・ドライフードにする
・ 堆肥にする


食品ロスを意識した生活をするだけでも随分と食の安全が保たれるのが分かりますね。

特に食中毒が多い夏場には食材も傷みやすくなりますので食品ロスを意識した食生活を心がけてみてはいかがでしょうか。



▼ 食中毒予防、食品ロス対策 おすすめグッズ ▼


◆ 楽天 → 抗菌保存容器 ナノシルバーネオ 10点セット


◆ 楽天 → フードドライヤー ドライフルーツメーカー コレド プリンセス 食品乾燥機


◆ 楽天 → パナソニック Panasonic 家庭用生ごみ処理機 「生ごみリサイクラー」 MS-N53-S シルバー[MSN53]



この記事を読んだ後に読まれている記事

ドライフルーツメーカー おすすめ 家庭用食品乾燥機

フレッシュロック サイズ比較 3種類

真空パックん 最安値

手指消毒器 自動 キングジムのアルサットが安い

除菌剤・次亜塩素酸水のppmとは






市販の鶏肉の半数以上からカンピロバクターという菌が検出されているのだとか。


鶏肉の刺身やタタキなど加熱が不十分な鶏肉を食べたことによる食中毒


主に飲食店に卸されている鶏肉は「加熱用」の鶏肉


生食には適さない鶏肉を提供しているのだから食中毒をおこす危険性はある。


特に梅雨時や長雨が続き湿度が高くなっている、この時期は鶏肉の調理は十分に加熱したものを食べるようにしましょう。


昨年のカンピロバクターによる食中毒の発生件数は320件と食中毒全体の32%を占めています。


▼ カンピロバクター 食中毒とは ▼

・ 食後1~7日で発症

主な症状は腹痛、下痢、発熱、嘔吐など

2日~5日ほどで回復しますがギランバレー症候群やフィッシャー症候群を起こすこともあります。


カンピロバクターは鶏肉や牛のレバーから検出されることが多いので生・加熱不十分の鶏肉や内臓肉を食べることは控えた方が良い

調理器具からの二次感染を防ぐのには使用後はよく洗浄し熱湯消毒してからよく乾かすことが重要です。


家では鶏肉を十分に加熱することで防げる食中毒ですが飲食店で鶏肉料理を注文する際は刺身やタタキよりも十分に加熱された鶏肉料理を頼んだ方が無難のようである。

また、加熱が不十分なバーベキューや焼き鳥、鶏鍋などにも注意が必要とのこと


カンピロバクターは十分な加熱や調理器具の乾燥で防ぎましょう。



◆ 楽天 → 三菱 食器乾燥機 キッチンドライヤー ステンレスグレー TK-ST11-H


◆ アマゾン → 三菱 食器乾燥器 ホワイトMITSUBISHI TK-TS5-W



この記事を読んだ後に読まれている記事

サライウォーター 10リットル アルコールかせ効かないウイルスに

ウイルスの除菌率99%のチャーミスト

手指消毒器 自動 キングジムのアルサットが安い

消毒用エタノール 使い方

除菌剤・次亜塩素酸水のppmとは


人間にとって6月はジメジメとして憂鬱な時期でもありますが元気よく増殖しているのが食中毒菌やダニ


山菜採りで草むらに潜むマダニに噛まれ死亡するケースもこの時期に多い


草の生い茂った場所に行くときは肌の露出を控え長袖、長ズボン、長靴、手袋などを着用しましょう。


室内にいるイエダニもこの時期は活発になります。


体長0.5~1ミリ程度の小さなダニですが死骸やフンを吸い込むとアレルギー疾患の原因にもなるようです。


目・鼻・呼吸器・皮膚などにアレルギー疾患をお持ちの方はこの時期あたりから悪化しだすのでご存知の方も多いのでは。


ダニにによる健康被害とは


肌の痒みやダニに噛まれたことが原因のアトピー性皮膚炎

呼吸器疾患、喘息ではダニの死骸やフンを吸い込むことも原因と言われています

またダニの死骸やフンを吸い込むことで鼻炎、眼の痒み・腫れの原因にも



犬やペットを飼っている人はノミ・ダニの対策もしっかりと

ダニ・ノミ用シャンプーで月に2~3回はキレイにしましょう。


薬剤を使わないダニ退治としては布団乾燥機にかけたりドライヤーの温風を当てる方法などもテレビで紹介されていましたね。

ダニスプレーやダニシートも、この時期はけっこう売れているようです。

マメにフトンクリーナーで掃除をしたり布団丸洗いクリーニングなども有効のようです。


▼ 楽天のダニ対策グッズ ▼


◆ 楽天 → 布団 クリーニング 保管 可【2枚】防ダニ・カビ加工セット


◆ 楽天 → 12×17cm 11枚セット ダニよせゲットシート10枚組+1枚


◆ 楽天 → made of Organics ダニオフ オーガニック ファブリックスプレー 300ml ダニ スプレー



この記事を読んだ後に読まれている記事

布団クリーニング 料金や保管 宅配サービスは

布団クリーナー ツカモトエイム 安い

体に良い布団の選び方

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

・ 高温多湿の時期は食中毒が起こりやすい季節

・ ゲージ・サークル・ペットハウスはこまめな掃除を心がけます

・ 糞尿の処理は速やかに完了する

・ 散歩後の犬には寄生虫、ウイルス、細菌が付着している可能性もある

・ 食事前にぬるま湯を絞ったタオルで拭いてあげたりブラッシングも丁寧に


食中毒に関わらず中毒症状を起こした場合は速やかに病院に連れて行きましょう

貧血、痙攣、発熱、異常興奮、皮膚の炎症、セキ、虚脱、よだれが大量に出る、腹痛、食欲不振、ふらつき、などがある場合は中毒を疑いましょう。



▼ ワンチャンの食中毒 ▼


梅雨から夏にかけ高温多湿の気候が続くと犬にも食中毒が起こりやすくなります


犬は人間よりも食中毒に強いと言われていますがウイルスやカビ、細菌に侵されたフードを食べることで慢性的な下痢が続く場合があります


高温多湿の環境では病原菌が活発に増殖します。


ドッグフードのドライフードに含まれる水分率は10%以下と少ないのですが、室内の湿度が高くなると、その湿度をフードが吸ってしまうため水分率が10%を超える場合があります。


これがカビや腐敗の原因になります。


高温多湿の時期はドライフードであっても保存と管理には注意が必要です


よく冷蔵庫で保存しているというお話も聞きますがドライフードを冷蔵庫で保存すると結露が発生し水分が入ってしまう可能性があるため、あまり好ましい保存法とはいえません。


紫外線や湿度を遮断できるパッケージのものを選んだり真空保存ができる容器を選ぶのがベスト


ドッグフードは開封した時から酸化が進むため、開封したものは、なるべく30日以内に食べきれる量をこまめに購入し、その都度使い切るのが理想とされています。


また、犬の食中毒で起きる吐き下しや下痢は体内の毒素を体外に排出しようとする生理作用なので無理に止めない方が回復が早くなる、と言われています。


体内の毒素が排出された後に栄養剤や整腸剤の投与が行われます。


除菌剤選びにはペットにかかっても害のない安全な除菌剤を選びましょう


◆ 楽天 → サライウォーター 2L


◆ アマゾン → 犬 猫 などペット・カビの専用消臭剤 バイオミックス200g10箇所分


ペットの健康相談で困った時は → だいじょうぶ?マイペット


ウイルバスには様々な種類があり有効塩素濃度が200ppmのウイルバス200と有効塩素濃度が1,000ppmのウイルバス1000

その他の濃度や内容量の違うタイプのウイルバスも多数あります。

ご家庭、施設、工場など用途別にウイルバスを選ぶこともできます。

◆ 衛生管理の新たな基準!塩素濃度200ppmに対応

アルコール耐性のノロウイルスを原因とする急性胃腸炎の流行

O157などの腸管出血性大腸菌による感染等も考慮し食品の殺菌等に対して次亜塩素酸ナトリウムのニーズが増えています。

濃度に関しても200ppmを望まれるケースが増えております。

こうした現場の声に対応し行政機関からの推奨指導に適合する

有効塩素濃度200ppmの食品添加物がウィルバス200です

◆ 楽天市場 → ウィルバス200(Virubus200ppm)500mLスプレーボトル入り×3本セット



◆ 感染拡大を防ぐ!緊急時に使える高濃度タイプ


感染力の強い細菌やウイルスは保菌者のおう吐物や排泄物から飛沫感染が起こるケースが多く見られます。

ウィルバス1000は希釈の手間が無く迅速な除菌が可能。

菌数の多い対象物に素早く対応するための1000ppm濃度がウィルバス1000です

◆ 楽天市場 → ウィルバス1000(Virubus1000)500mLスプレーボトル入り

↑このページのトップヘ