キス、外国では挨拶でも使われるキスですが、キスからでも感染する病気がキス病です。

病名は伝染性単核球症でヘルペスウイルスの仲間です。

原因としてはキスそのものやジュースなどの回し飲みで唾液からの感染が原因

アメリカでの発症例では幼児期は20%と低いのですが青年期になると感染してしまうケースが多くなります。

アメリカの大学生のうち年間で10万人のうち12000人ほどが感染しています。

日本での発症例では2-3歳までに70%が感染し20歳代で約90%の人が抗体を持っています。

知らないうちに罹って知らないうちに治っているケースが多いのも特徴の感染症


▼ キス病の症状 ▼

・だるさ、倦怠感
・38度以上の発熱
・喉の痛み
・リンパ節の腫れ
・湿疹
・肝機能以上、肥大など

6か月以上、症状が続く場合は重症化している可能性もあるので注意が必要です。


▼ なので検査は大切です ▼


※ 参照 → STDチェッカー サービスの信頼性について






--------------------------------------------------------------------------------

【好評です!】 自宅でカンタン、匿名検査!

◆性病検査 STDチェッカー◆

--------------------------------------------------------------------------------

検査項目は豊富、あなたの不安に合わせてお選び頂けます。

◆クラミジア◆淋菌◆クラミジア(のど)◆淋菌(のど)

◆HIV(エイズ)◆梅毒◆B型肝炎

◆マイコプラズマ◆ウレアプラズマ

◆トリコモナス◆カンジタ◆一般細菌◆ヒトパピローマウイルス

◆C型肝炎

--------------------------------------------------------------------------------




◆ 楽天 → ◆STD研究所の性病検査キット! 【STDチェッカー】 【タイプN(男女共通)】 2項目:クラミジア(のど)、淋菌(のど)

◆ アマゾン → 性病検査STDチェッカー【タイプJ(男女共通)】 1項目:HIV(エイズ)