ウイルス予防の除菌剤まとめ

流行を繰り返すウイルスやインフルエンザ。除菌剤の成分や効果は気になるものです。ウイルス予防の除菌剤のまとめサイトです。 サライウォーター 楽天

2017年02月




毎日使う歯ブラシは紫外線除菌器でいつも清潔に。

エセンシアは除菌機能に乾燥機能がプラスされていて、更に衛生的な歯ブラシ除菌器。

全自動で除菌と乾燥を繰り返します。



◆ 要注意、歯ブラシの保管方法で雑菌だらけに

歯をキレイにして歯や歯茎の健康を守るはずのハブラシ

保管方法を間違うと雑菌だらけになることをご存知でしょうか。

お口の中には何百種類もの細菌が住んでいます。

歯磨き後の歯ブラシを丁寧に洗ったとしてもすべての雑菌を洗い流すことは不可能。

大切なのは歯ブラシについた雑菌を増殖させないのがベスト。

○ 歯ブラシのキャップ → 外出した際の歯磨きのためハブラシを携帯している人は意外と多いもの、ハブラシが濡れたままだと雑菌が繁殖しやすくなります。
清潔なティッシュなどで、よく拭き取って乾燥させてからキャップをしましょう。

○ コップの溜め水で洗っている → コップだけの水でサッと洗うのは不十分。強めの流水で洗いましょう。

○ 水の中で保管している → 水の中での保管は雑菌が増えるだけ、湿気の少ない風通しの良いところに保管しましょう。

○ 他の人が使っている歯ブラシと共有した場所で保管 → 歯ブラシ同士が触れ雑菌を移しあいます。
虫歯菌や歯周病菌、風邪などもうつってしまうことがあります。

○ ユニットバスに置いている → お風呂やトイレが共有されているユニットバスでは大腸菌やカビ菌などが浮遊しています。
湿度が高く雑菌が繁殖しやすい場所なので歯ブラシの保管場所としては適していません。

○ 何か月も交換していない → 歯ブラシを交換せず使い続けていると雑菌が多くついています。
歯ブラシの衛生面で考えると一か月に一回を目安に交換することをお勧めします。


このように歯ブラシの保管場所によっては雑菌が付きやすく繁殖しやすくなります。

毎日使う歯ブラシだから除菌器で除菌+乾燥で雑菌の繁殖、増殖を防ぎましょう。


楽天 → エセンシアジャパン 歯ブラシ除菌器 esencia アドバンス・シリーズ ESA−600


アマゾン → エセンシア 歯ブラシ 除菌器 アドバンス シリーズ ESA-600



中国産や外国産のマスクじゃ「信頼性に欠ける~」と思っている方も多いのでは。

何でもかんでも中国産は「悪」と決めつけるのはよろしくないが、やっぱり日本産のものだと安心感がありますね。

ユニチャーム ソフトークは立体形状で会話や息がしやすいマスク

耳かけ部が柔らか素材なので耳が痛くなりにくい。

100枚入りなので毎日使ってもかなり持ちますね。

冬期間はインフルエンザ対策として、風が強い日にはホコリよけとしても最適。

1年中マスクをしているって日本人だけのような・・・まぁスッピン隠しとしても重宝しているようだしマスクの在庫は切らせませんね。

ドラッグストアだと30枚入りが多いのですが通販だと100枚入りが人気のようです。

花粉捕集率も99.9%以上と高いので花粉の季節にも使えます。

BFE=細菌濾過効率の捕集率も99.6%

唇に触れない形なので接客業でお客様との会話も楽。

マスク生地が少し厚めなので風が冷たい時に助かります。

まぁ外部からの侵入を防いでくれる分メガネが曇りやすくなったかも。

寝るときに使用しても耳の痛さが気にならないところがお気に入りです。

↑このページのトップヘ