ウイルス予防の除菌剤まとめ

流行を繰り返すウイルスやインフルエンザ。除菌剤の成分や効果は気になるものです。ウイルス予防の除菌剤のまとめサイトです。 サライウォーター 楽天

2017年09月

通販などではベストセラーとなっている除菌剤にパストリーゼ77があります。

よく行くファミレスや喫茶店などでポンと置いてある業務用の除菌剤として見かけた方も多いのではないでしょうか。

実はこのパストリーゼを使っている芸能人の方も多くキレイ好きで知られる今田さんなんかもご愛用とか。


パストリーゼ77には用途別に合わせた種類が多くありご購入の際は参考にしていただきたい。

例えば通販サイトのAmazonでは写真から以下の種類のパストリーゼ77をご購入いただけます。


◆ パストリーゼ77 Amazon 種類

〇 スプレーヘッド付き1リットル
〇 ヘッド無し1リットル
〇 ヘッド付き1リットル×2本
〇 ヘッド無し1リットル×2本
〇 ヘッド付き500ml
〇 ヘッド付き500ml×2本
〇 ポンプボトル800ml
〇 ポンプボトル800ml×2本

酒造会社で作っているパストリーゼ77は純水を使っているので口の中に入っても安全な除菌剤として知られています。

また食品への直接噴霧が可能な除菌剤のため冷蔵庫などの除菌、お掃除にも最適です。

高濃度カテキンを配合しているためアルコールだけでは除菌しきれないウイルスに対しても効果が承認済み。

パストリーゼ77は南極観測隊の標準装備として選ばれています。

品質、重量、サイズなどに厳しい基準のある南極観測隊にも優れた品質と効果で感謝状をいただいている除菌剤としても有名です。

年末年始の傷みやすい食材の管理にも役立ちそうですね。

◆ 楽天 → 送料無料 ドーバー パストリーゼ77 5000ml 詰め替え用 注ぎ口付き

◆ アマゾン → ドーバー パストリーゼ77 除菌 防カビ 防臭 保湿 食品保存に 5L 詰め替え


この記事を読んだ後によく読まれている記事

パストリーゼ 使い方





家の中の除菌で一番気になるところがキッチン

キッチン周りは毎日使う場所で生の食材の調理にも雑菌の心配が多い場所

毎日使うキッチングッズの中でもキッチンスポンジには特に注意が必要です


キッチンは湿気が多く雑菌が溜まりやすい場所

一番困った勘違いに

食器を洗っているからスポンジも清潔?」と思ってしまうこと


しかしスポンジを除菌する場合はスポンジを洗う他にも、もう一手間が必要になります。


洗い物が終わったらスポンジの汚れをしっかり洗い流し水気をよくとります

理想は天日干しですが、毎日は面倒

そんな時はシンク周りの乾きやすい場所で早めに乾燥させることが大切です。


▼ スポンジの除菌方法 ▼

・ スポンジを良く洗った後に良く絞って水気を取ります

・ 除菌ができる食器洗い用洗剤をスポンジ全体に浸透させます

・ 次にスポンジを使う時までそのまま置いておきます


▼ 台所用漂白剤での除菌方法 ▼

・ スポンジを良く洗いすすいでおきます

・ 水に台所用漂白剤を入れて数分間漬け置きします

・ 水でよくすすぎ乾燥させます

漂白剤での長時間の漬け置きは変色の原因になることもあるので注意しましょう。


スポンジが劣化したら、こまめに取り替えることもお忘れなく




◆ 楽天 → ダスキン台所用スポンジ抗菌タイプ6個セット


◆ アマゾン → ダスキン台所用スポンジ3個入り抗菌タイプS×2セット分


夏風邪の一種で乳幼児がかかりやすいヘルパンギーナ

秋田県内での患者数が急増しているという

9月3日までの1週間で前週比87%増

9月7日までの調査で秋田県でまとめたところヘルパンギーナの患者数が急増しているとのこと

前週からも倍増しており「手洗いの徹底」を呼び掛けています


▼ ヘルパンギーナって何? ▼


ヘルパンギーナって病気はご存知でしょうか

高熱を伴う病気で喉が痛くなり口の中に水膨れのようなものができます。

私が初めてヘルパンギーナという病名を知ったのは娘が通っていた保育園です。

ここの保育園では「園内で流行っている病名」を知らせるボードがあり、そこにヘルパンギーナという病名がのっていました。

初めて見る病名で「どんなのだろう?」「インフルエンザみたいなものかな」「変な名前の病名だな」と勝手な想像をしていたのですが、この病気に娘が罹ってしまったので、さあ大変。

高熱になるとは聞いていたが、あれよあれよと40度オーバーが二日ほど続き水分を摂らそうと思うと喉が痛がるので水分補給もままならない。

ヤバイなこれは」と何度も夜間の救急病院へかけつけた記憶があります。



▼ ヘルパンギーナの特徴まとめ ▼

・夏風邪に似た症状
・38~40度の高熱
・咽頭痛と口内に水ぶくれ
・セキなどによる飛沫感染
・便や排泄物による接触感染
・ワクチンがないので予防が大切
・乳幼児のこまめな手洗いウガイの励行
・オムツ交換時の排泄物の取り扱いに十分注意すること


▼ ヘルパンギーナ 原因 ▼

主に乳幼児や子供が罹る夏風邪の一種でウイルスによる感染症です
6-8月にかけて流行する特徴を持ちます
原因ウイルスはエンテロウイルス群の中のコクサッキーウイルスが主なウイルスとされていますが他のウイルスも確認されています。
ヘルパンギーナはウイルスによる感染症ですので二次感染にも注意が必要です。
また大人が二次感染した場合の症状はやや重く39度を超える高熱が続くこともあります
大人が感染するケースとしては体調不良など免疫力が低下しているときに感染するケースが多くなっています
仮にお子さんがヘルパンギーナに感染してしまった場合でも体調管理を整え症状を発症させない自己管理が大切です。


▼ ヘルパンギーナの症状 ▼

患者の多くは4歳以下の子供

潜伏期間は2-4日
突然の発熱とともに咽頭痛を訴える
のどの赤みがあらわれ口腔内に直径1-5mmほどの紅暈という部分的に皮膚が充血して赤く囲まれ小さな水泡が出現します。
小さな水泡は後に破れて浅い潰瘍を残し疼痛を伴う
発熱は2-4日ほどで解熱しできた粘膜疹も消えます

発熱時の熱性けいれん、口腔内の痛みのため機嫌が悪くなったり拒食、哺乳障害、などが原因で脱水症になることがありますが予後は良好。


▼ ヘルパンギーナの予防 ▼

ヘルパンギーナに有効な薬は残念ながらありません飛沫感染と接触感染に注意した予防をしましょう

感染者との密接な接触を避ける
流行時の手指の消毒、ウガイを励行すること


▼ 登園や登校の目安 ▼

ヘルパンギーナにはインフルエンザなどと違い明確な基準はありません

厚労省の感染症対策ガイドラインによると
発熱がなく解熱後1日以上経過し普段の食事ができること」とあり熱が無く食欲が回復した時が登園や登校のタイミングではないでしょうか


▼ ヘルパンギーナの予後 ▼

ヘルパンギーナは治癒してからも排便で4週間程度ウイルスが便に出る可能性があります。
この期間はトイレ後も手洗いをしっかりするようにしましょう。





こんな記事にも注目

記事 → お昼寝布団セット 保育園 幼稚園 いつも清潔に

記事 → パンパース パンツ ウルトラジャンボ S~ビッグサイズ

記事 → 子供の熱中症に注意

記事 → 生理食塩水 経口補水液

記事 → 今さら聞けない経口補水液の効果とは







◆ 人食いバクテリア=劇症型溶連菌感染症


▼ 劇症型溶連菌感染症の特徴 ▼

・ 突然発症することがある

・ 多臓器不全により死に至るケースも

・ 感染した人の30%以上が死に至る感染症である。

・ レンサ球菌による感染症

・ 発症すると進行速度が非常に早い

・ 筋肉・皮膚・内臓などの組織が壊死する

・ 壊死のスピードは1時間に2-3cmともいわれている。

・ 最終的には多臓器不全で早い時で数十時間で死亡するケースもある。

・ 年齢や健康状態に関係なく、健康な人でも突然発症する


患者の傷口などに直接触れることにより感染

初期段階では発熱・悪寒など風邪に似た症状 → 筋肉痛・下痢などインフルエンザに似た症状

手足がズキズキ痛む・腫れあがる・傷口が赤くなる


▼ 劇症型溶連菌感染症 予防と治療 ▼

・ 傷口を清潔にする

・ 手洗いウガイを徹底する

・ 治療にはペニシリン系薬が用いられる

・ 大量の輸液が必要となる

・ 壊死した部分は切除する必要がある

劇症型溶連菌感染症は5類感染症に指定されており医師は保健所に届ける義務がある。


楽天 → 感染症キャラクター図鑑


アマゾン → レジデントのための感染症診療マニュアル 第3版


あわせて読む

記事 → 汗の匂いと食中毒対策 両方に効くスプレー

記事 → サライウォーター 使い方

記事 → 食中毒 寄生虫 アニサキス 予防

記事 → 避難所 感染症対策

記事 → ハウスダスト対策 布団





突然降りだす雨

長靴やレインシューズを履いていれば濡れなくても済むのですが天候の急変などは予想しにくいもの。

すぐに靴や靴下を乾かせる環境にいれば取り替えるだけで良いのですが会社・学校に通っている方はそうもいかないことが多い。

濡れたままの靴下を履いているとこんな症状もあらわれるので特に雨の多い時期は注意が必要


▼ 濡れた靴・靴下を履き続けると ▼

水に濡れただけでは水虫になる可能性は低いのですが、突然かゆくなったり水疱が出たりします。

足の裏は元々、雑菌が繁殖しやすくなっているので水虫以外の真菌におかされる可能性はあります。

かかとのひび割れや皮がむけたりします。


濡れた靴下を履き続けることで足の体温が下がり寒冷蕁麻疹により足が痒くなる時があります。

アトピーや敏感肌の人に多く濡れたときに痒くなる特徴があります。


ホコリや泥が雨と一緒に靴の中に侵入しアレルギー性皮膚炎を起こす場合もあります。

空気中の花粉や有害物質などが原因でおこる場合もあります。


靴の中は乾燥しているようでもジメジメした場所

カビの繁殖やニオイの原因ともなりますので出来るだけ乾燥させるようにしましょう。


自宅で簡単に靴の乾燥ができるシューズドライヤーや靴乾燥機は通販などでは2000円~3000円ほどで販売されています。


梅雨時、秋雨、台風、大雪による濡れた靴を乾かすのにとても便利です。

また部活でサッカーや野球などをしているお子さんをお持ちの方には抗菌・滅菌・消臭を兼ね備えたシューズドライヤーも人気があります。


楽天 → 靴乾燥機 カラリエ SD-C1-WPアイリスオーヤマ


アマゾン → Shuosi くつ乾燥機 除菌脱臭水虫解消 タイマー付き



こんな記事にも注目

記事 → 濡れても大丈夫 シューズドライヤーとドライヤーハンガー

記事 → イオニティ ナノケア 違い

記事 → 室内物干ワイヤー ピッドヨンエム


↑このページのトップヘ