爪の水虫 白癬菌

一度罹るとなかなか治りにくい爪水虫

軽度のうちに治療することが大切

病院で爪水虫と診断されると飲み薬が処方されるのですが・・・治療期間が長い、肝臓に負担がかかる・・・など、通院も一苦労

症状が軽度なうちなら塗り薬でも完治は可能です。


※ Dr. g'sクリアネイル 成分


※ 爪水虫、白癬菌の予防と対策


※ 爪水虫治療に時間がかかるワケ


◆ 爪水虫は家族にうつります ◆


大切なお子さんが爪水虫、切ないものですね。

ただ小さなお子さんの場合は新陳代謝で足の指や足の裏の皮が剥けることがありますので、ご心配な方は皮膚科で受診しましょう。

白癬菌が確認されなければ水虫ではありません。


アメリカのサロンでも人気の爪水虫の塗り薬 Dr.G's クリアネイル

素早い浸透力で爪の上からでも有効成分が白癬菌にとどきます。

また、マニキュアの上からでもOK

お洒落を楽しみながらでも爪水虫の治療ができます。


また、新しい爪が生えてきても安心は禁物です。

しばらくの間は注意深く観察しましょう。

爪水虫の白癬菌が他の水虫菌を隠れ蓑にしている場合もあるからです。


Dr.G's クリアネイルの使い方は1日2回、つま先や爪と皮膚の間から浸透させるだけ

水虫治療も併用すると、より効果的に完治を目指せます。

更にスピードアップしたい場合はチモールとの併用がお勧めです。


◆ おすすめの爪水虫用塗り薬「Dr.G's クリアネイル」はコチラ