サライウォーターを経済的に使う場合、目安の濃度となる単位がppm


サライウォーターの原液は200ppmなので10倍に薄めたり4倍に薄めることで経済的に使うことができます


サライウォーターは超音波加湿器を使った除菌では10倍に薄めて使います

それ以外にスプレーボトルで使う場合は4倍に薄めるのが基本の使い方です。

サライウォーターよりも強力な次亜塩素酸水に濃度が400ppmのものがありますが、このまま原液で使う用途としては

・ ノロウイルスの嘔吐物の処理
・ 風呂場のカビ取り
・ トイレ掃除

などで使えます

高濃度のまま使うと殺菌や消毒能力は当然高いのですがコストがかさみます。



では濃度200ppmのサライウォーターを原液で使う場合の用途は

・ 肉・魚を調理した包丁やまな板の消毒や殺菌

・ 台所のシンクや三角コーナーの消毒や除菌

・ ゴミ箱の除菌や消臭

・ エアコンの除菌や消臭



濃度100ppmに薄めたサライウォーターを使う用途

・ 焼肉後のカーテンの消臭

・ トイレ使用後の消臭

・ タバコ臭が気になる部屋の消臭

・ 枕・シーツ・寝具の消臭

・ 下駄箱のニオイ靴の消臭

・ 自動車の車内の消臭

・ ペットのトイレやゲージ内の消臭

きつめのニオイに対しての消臭はこの濃度が最適です。



濃度50ppmに薄めたサライウォーターを使う用途

・ 手洗い、ウガイ、口腔ケア

・ キッズ用品、子供のおもちゃの除菌

・ ベビー用品、赤ちゃんの哺乳瓶の除菌

・ ペットのエサ容器の除菌

・ 空間除菌


▼ 次亜塩素酸水の希釈濃度の作り方 ▼


原液が400ppmのもの → 元の量の8倍、100mlを作りたい場合は原液12.5mlに対し水87.5ml


原液が200ppmのもの → 元の量の4倍、100mlを作りたい場合は原液25mlに対し水75ml


原液が100ppmのもの → 元の量の2倍、100mlを作りたい場合は原液と水を同量入れます


原液が50ppmのもの → 次亜塩素酸水を薄めずにそのまま使います


サライウォーターはスプレーボトルで使う場合は4倍超音波加湿器で使う場合は10倍の希釈で使うようにしましょう。

次亜塩素酸水の濃度の単位ppmを覚えておくと、どのメーカーの次亜塩素酸水でも適正な希釈濃度で使えます。

次亜塩素酸水を経済的に使う際の参考にしてください。



◆ 楽天のサライshop → 送料無料・サライウォーター 2リットル

◆ リピート・業務用に → 20L・サライウォーター・原液・4倍で80L分

◆ 超音波加湿器付きセット → サライウォーター20L+超音波加湿器(大容量グレー4L)セット【送料無料】