日本でもインフルエンザが流行していますがアメリカで今シーズン流行しているインフルエンザがH3N2亜型


このH3N2亜型はインフルエンザウイルスの中でも特に危険とされるウイルス


アメリカで今流行しているインフルエンザウイルスの約8割がH3N2亜型


H3N2亜型で出る症状は強烈で入院したり死亡するケースが多く出ています


H3N2ウイルスの特徴としてはワクチンが効きにくいことがあげられています。


H3N2ウイルスは頻繁に変異を繰り返すためワクチンの生成自体が困難な状況になっています。


アメリカの研究者たちもH3N2ウイルスの流行は予見できたもののワクチンの有効性が30-35%に留まっています。


子供のころに最初に曝されたウイルスは体の免疫システムが良く覚えていて反応してくれるのですが、高齢者になると免疫システム自体が弱く負荷が重いものになってしまいます。


インフルエンザは2月の流行期から5月にかけて徐々に収束していきます。


アメリカへのご旅行の予定のある方は特に注意が必要です。


▼ h3n2 インフルエンザとは ▼

A型インフルエンザウイルスの亜型のひとつ

A型香港 香港型とも呼ばれます




◆ 楽天 → サライウォーター2L アルコールが効かないウイルスに