・ 高温多湿の時期は食中毒が起こりやすい季節

・ ゲージ・サークル・ペットハウスはこまめな掃除を心がけます

・ 糞尿の処理は速やかに完了する

・ 散歩後の犬には寄生虫、ウイルス、細菌が付着している可能性もある

・ 食事前にぬるま湯を絞ったタオルで拭いてあげたりブラッシングも丁寧に


食中毒に関わらず中毒症状を起こした場合は速やかに病院に連れて行きましょう

貧血、痙攣、発熱、異常興奮、皮膚の炎症、セキ、虚脱、よだれが大量に出る、腹痛、食欲不振、ふらつき、などがある場合は中毒を疑いましょう。



▼ ワンチャンの食中毒 ▼


梅雨から夏にかけ高温多湿の気候が続くと犬にも食中毒が起こりやすくなります


犬は人間よりも食中毒に強いと言われていますがウイルスやカビ、細菌に侵されたフードを食べることで慢性的な下痢が続く場合があります


高温多湿の環境では病原菌が活発に増殖します。


ドッグフードのドライフードに含まれる水分率は10%以下と少ないのですが、室内の湿度が高くなると、その湿度をフードが吸ってしまうため水分率が10%を超える場合があります。


これがカビや腐敗の原因になります。


高温多湿の時期はドライフードであっても保存と管理には注意が必要です


よく冷蔵庫で保存しているというお話も聞きますがドライフードを冷蔵庫で保存すると結露が発生し水分が入ってしまう可能性があるため、あまり好ましい保存法とはいえません。


紫外線や湿度を遮断できるパッケージのものを選んだり真空保存ができる容器を選ぶのがベスト


ドッグフードは開封した時から酸化が進むため、開封したものは、なるべく30日以内に食べきれる量をこまめに購入し、その都度使い切るのが理想とされています。


また、犬の食中毒で起きる吐き下しや下痢は体内の毒素を体外に排出しようとする生理作用なので無理に止めない方が回復が早くなる、と言われています。


体内の毒素が排出された後に栄養剤や整腸剤の投与が行われます。


除菌剤選びにはペットにかかっても害のない安全な除菌剤を選びましょう


◆ 楽天 → サライウォーター 2L


◆ アマゾン → 犬 猫 などペット・カビの専用消臭剤 バイオミックス200g10箇所分


ペットの健康相談で困った時は → だいじょうぶ?マイペット