通常、春から夏にかけて流行するリンゴ病

今年は少し過去の傾向とは異なり11月から流行が拡大しています

ほっぺたが赤くなることからリンゴ病と呼ばれていますが正式名は伝染性紅斑

原因はヒトパルボウイルスB19感染で

感染した人の唾液や痰、鼻水、セキなどで感染します


10-20日間の潜伏期間後、頬に赤い発疹があらわれ手足にも網目状の発疹があらわれます

子供が感染してもほとんど重症化せずに治るのですが

大人が感染すると頬が赤くなることは少ないのですが頭痛や強い関節痛のため歩けなくなることもあります。

また

妊婦が感染すると本人は症状が出なくても胎盤を介して胎児に感染すると死産や流産の可能性がありますので注意が必要です。


都道府県別では宮城県が最も多く、新潟、東京、神奈川、岩手、埼玉、千葉、栃木、青森、山梨、山形の順


咳が出るときはマスクを着用するなどの咳エチケットを心がけましょう


リンゴ病には特別な治療薬がなく1週間~10日くらいで自然と治る、ということ。

リンゴ病の特徴としては

感染後、潜伏期間をえて軽い風邪の症状や微熱がみられ、感染性があるのはこの時期。

ほっぺたが赤くなる紅斑が出るころには感染性はなくなっている、という。

発疹が出るころには感染性がないため隔離の必要もないそうです。