家庭用除菌剤を選ぶ際に、最近人気になっているのが次亜塩素酸水


次亜塩素酸水は食品などに塩素臭がのこらず手荒れの心配もなく安全に使える除菌剤として人気があるのですが

元々、従来殺菌に使われていた次亜塩素酸ナトリウムの欠点でもある

・ 塩素臭の残留
・ 排水処理
・ 環境負荷
・ 有害物質クロロホルムの生成

などを「何とかできないか」という経緯で開発されたのが次亜塩素酸水

これだけでも次亜塩素酸ナトリウムと次亜塩素酸水がまったくの別物であることが分かりますね。


ただ名前が似すぎている・・・これだと消費者が間違えて購入することもあるでしょうね。

更には微酸性次亜塩素酸水まで出てくる始末・・・何とかならんもんか。

次亜塩素酸ナトリウムにしても次亜塩素酸水にしても違いはpHによるものなので名前が似ちゃうんでしょうね。困ったものです。

ですので除菌剤を買う時はサライウォーターミエロウィルバスのように商品名で買った方が間違いがないようです。


ちなみにミエロという除菌剤は微酸性の次亜塩素酸水

成分はヒトの白血球に含まれているミエロバルオキシダーゼ酵素で出来ている除菌水

除菌効果は弱酸性、強酸性も強いのに金属やゴムの腐食レベルは水道水並みの除菌剤

また間違って赤ちゃんやペット、食品などにかかっても安全な除菌剤としてジワジワ人気が出てきているようです。

ミエロだと覚えやすいですが微酸性次亜塩素酸水では、かなり覚えにくい。

楽天やアマゾンでも売っていますので

ノロウイルスやインフルエンザ対策の除菌剤選びに悩んだときは参考にしてください。


◆ 楽天 → ノロインフルミエロはじめてセット


◆ アマゾン → myelo(ミエロ) はじめてセット