次亜塩素酸水を選ぶ際のポイントのひとつであるppm濃度


除菌剤によってはppm濃度が違いますので用途別で選ぶ際はppm濃度も調べておきましょう。


例えば200ppmの次亜塩素酸水はスプレー除菌するのであれば4倍ほどに希釈しなけれはならい。


これは「次亜塩素酸水を使う目安」でもppm別の使用用途が書いていますので、こちらのページも一読を。


では次亜塩素酸水のppm濃度別でいくつか商品をご紹介


まずは、このサイトで一番人気のサライウォーター

サライウォーターの原液は200ppm

通常のスプレー除菌は4倍、超音波加湿器での空間除菌の際は10倍に薄めて使ってください。


◆ 楽天 → サライウォーター



@クリアは500ppmの次亜塩素酸水

原液のままで使う用途としては嘔吐物の処理、汚物処理、カビ対策など

2~5倍希釈 → タバコ臭、キッチン周りの除菌、ドア・テーブル除菌

10倍希釈 → 加湿器を使った除菌


◆ 楽天 → @クリア 2000ml 2本セット




アクアルファf フォルテは800ppmの次亜塩素酸水

500ml容器に200ppmを作りたい時は

アクアルファf フォルテ100ml+水道水300mlの1:3

300ml容器に100ppmを作りたい時は

アクアルファf フォルテ30ml+水道水210mlの1:7

20~50ppm → 超音波加湿器での空間除菌

100~200ppm → 通常の除菌スプレー剤としてお使いください

200ppm → トイレ除菌、カビ対策、嘔吐物処理

◆ 楽天 → 特濃800ppm



次亜塩素酸水の希釈が面倒・・・という方には

50ppmのセラ水がオススメ

人やペットに間違ってかかっても安全な弱酸性の次亜塩素酸水

学校・幼稚園・保育園・介護施設・病院などでも使われています

香りで誤魔化すのではなく分解消臭してくれます。

◆ 楽天 → CELA セラ水 除菌水


薄めずに使える次亜塩素酸水から、希釈濃度を決められている次亜塩素酸水まで種類もたくさんあります。

決められた希釈倍数を守って安全にお使いください。