インフルエンザにかかると学校はお休みになります。

医師からインフルエンザと診断されると学校は出席停止扱いになり登校することはできません。

インフルエンザでの出席停止期間は

インフルエンザを発症した後、5日を経過し、且つ解熱した後2日を経過するまでとなっています。

インフルエンザを発症した日は「0日目」でカウントします。


例えば発熱後2日目に熱が下がった場合は

0日目 → 発熱 → 登校✖
1日目 → 発熱 → 登校✖
2日目 → 解熱 → 登校✖
3日目 → 解熱後1日目 → 登校✖
4日目 → 解熱後2日目 → 登校✖
5日目 → 登校✖ → 5日を経過していないため登校できません。
6日目 → 登校〇


インフルエンザの発症後4日目に熱が下がった場合

0日目 → 発熱 → 登校✖
1日目 → 発熱 → 登校✖
2日目 → 発熱 → 登校✖
3日目 → 発熱 → 登校✖
4日目 → 解熱 → 登校✖
5日目 → 解熱後1日目 → 登校✖
6日目 → 解熱後2日目 → 登校✖
※5日は経過していますが解熱後2日を経過していないため登校できません。
7日目 → 登校〇


抗インフルエンザ薬はウイルスの増殖を抑える効果はあるものの、ウイルス自体をやっつけるわけではありません。

薬を使用し熱が下がった後もウイルスは体内に残っており、咳やクシャミで周囲に飛び散ります。

薬の効果でインフルエンザの症状が治まり楽になると「完治」したと思いがちですが、周りの人にうつしたしまう可能性もあります。

出席停止の基準をもとに医師の指示に従い、しっかり治してから登校するようにしましょう。


※ 厚労省HP → インフルエンザ 出席停止 厚生労働省基準