インフルエンザの新薬ゾフルーザ


1回の服用で治療がてぎると人気を集めているのですがゾフルーザに耐性を持つウイルスが薬を服用していない子供から検出されているそうです。


またゾフルーザを使うと体内に薬が効きにくい耐性ウイルスが出来やすい、という困った問題も


耐性ウイルスが人から人にうつって広がっていることを示し


新型インフルエンザの流行時に「薬が使えない」という事態にならないよう慎重に使ってほしいとのこと。


抗インフルエンザ薬の特徴


タミフル
カプセル剤とドライシロップ剤があり嚥下能力により選択できます
発症後48時間以内に投与
予防の場合はインフルエンザ感染者に接触後48時間以内に投与


リレンザ
専用の器具を使用し吸入するドライパウダー剤
発症後、48時間以内の投与
予防の場合はインフルエンザ感染者に接触後36時間以内に投与


イナビル
粉末を吸入する外用薬
発症後48時間以内の投与
予防の場合はインフルエンザ感染者に接触後48時間以内の投与


ラピアクタ
医療機関で注射する製剤
胃の機能が低下している患者への投与は注意が必要


ゾフルーザ
ウイルスの細胞内で増殖自体を抑制する
錠剤を1回飲むだけで治療が完了
体重80kg以上の患者には投与量を増やす必要がある


楽天 → インフルエンザパニックが教えてくれたこと タミフルで予防?ワクチンで軽くすむ?


アマゾン → 一流の人はなぜ風邪をひかないのか?――MBA医師が教える本当に正しい予防と対策33