アウトドアが楽しい季節の悩みと言えば蚊にさされること


海や山、公園や川などで遊ぶことが多くなるので、どうしても蚊に遭遇する機会も増えてきますね。


蚊に刺されたらどうする?

掻いちゃダメ!!

掻きむしると腫れて跡が残ることがあるよ

蚊に刺されたら手当は早い方がいいよ

刺されたところを水で洗って抗ヒスタミン軟膏を塗って冷やしましょう


蚊はどうして刺すのでしょう?

蚊は普段は花の蜜などを吸っているのですが、卵の栄養としてタンパク質が必要。

その時に血を吸いに来ます。

だから刺すのはメスの蚊だけ


蚊に刺されやすいタイプの人って?

蚊に刺されやすいタイプの人は

・ 体温が高い人
・ 汗かきの人

などです。

蚊は体温や汗のニオイ、吐く息で刺す相手を探します。


何に刺されたか分からない時は?

蚊 → 刺された真ん中が白っぽく盛り上がっていました

ヌカカ → 赤くプチッとした感じ

ブヨ → 血のプチとしたものが残るよ

アブ → 噛まれるとズキッと痛み後で痒くなるよ


蚊に刺されたくない時は?

なるべく肌の出ない服装がよいです

帽子・首にタオル・軍手など

明るい色の服装がよいです。※ハチは黒色に寄ってくるんだとか

靴下はズボンに被せます


虫よけ剤の選び方は?

虫よけ剤には人の体にも良くないものもあります

スプレータイプは吸い込んでしまうので避けた方がよいでしょう

塗るタイプを選んだり風下でつけたりと考えましょう

リングタイプのものは持続性が長いので周りの人にも影響します。

実際に自分に合う虫よけ剤を選ぶのは難しいですが、ハッカ油など天然のものを使用した虫よけ剤も売っています。


楽天 → 蚊がいなくなるスプレー 蚊取り 12時間持続 200回分 無香料(45mL)


アマゾン → 蚊がいなくなるスプレー 蚊取り 12時間持続 200日分 無香料