ウイルス予防の除菌剤まとめ

流行を繰り返すウイルスやインフルエンザ。除菌剤の成分や効果は気になるものです。ウイルス予防の除菌剤のまとめサイトです。 サライウォーター 楽天

次亜塩素酸ナトリウム・次亜塩素酸水








特濃800ppmの次亜塩素酸水 アクアルファfフォルテ


アクアルファって名前の除菌剤がいくつかあるのですが違いはこうなっています。

2014年のアクアルファαは濃度が400ppm

2016年のアクアルファfは濃度が600ppm

2017年にデビューしたアクアルファfフォルテは特濃800ppmのアクアルファ

濃度が濃くても微酸性の次亜塩素酸水なので安全です

800ppmで微酸性の次亜塩素酸水はアクアルファfフォルテだけかも知れません。


濃度が濃くなると刺激臭が強くなる心配があるのですが

アクアルファは中性に近い微酸性に調整しているため刺激臭はほとんどありません。

また水道水で希釈してもpHの変化による失活もありません。


▼ アクアルファfフォルテの効果 ▼

・ 家の中の菌やウイルスの除菌
・ オムツ臭いの消臭
・ ペットのアンモニア臭の消臭
・ 洗濯物の部屋干し臭の消臭
・ トイレの消臭や除菌
・ タバコ臭の消臭
・ アルコールが効かない菌やウイルス
・ キッチンの生ごみ臭の消臭


▼ アクアルファfフォルテの使い方 ▼

特濃800ppmなので水道水で希釈して200ppm、400ppm、800ppmなど状況に合わせた使い方ができるので経済的

200ppmを作りたい時
アクアルファf 100mlに対し水道水300ml 1:3の割合で作れます

100ppmを作りたい時
アクアルファf 100mlに対して水道水700ml 1:7の割合で作れます


▼ アクアルファfフォルテ 濃度別使い方 ▼

20~50ppm → 食材の洗浄や除菌、花瓶の水、超音波加湿器による空間除菌

100~200ppm → 一般の除菌スプレーとして室内や車内、ペット臭、生ごみ臭、タバコ臭、トイレ便座の除菌、オモチャの除菌、ハブラシの除菌等々

200ppm以上 → トイレの瞬間消臭、お風呂のカビ、嘔吐物の除菌、等など


◆ 楽天 → 特濃800ppm/10L


◆ 楽天 → 業務用20L/特濃800ppmおまけありアクアルファ



新型コロナウイルスの影響でアルコール消毒や界面活性剤入りの洗剤はコロナウイルスの殻を破壊するとして推奨されているのだが


厚労省で添加物として認められている次亜塩素酸水を巡り、その効果や安全性に異議を唱える人や団体が増えてきている。

学校を管轄する文科省の次亜塩素酸水に対する見解としては

・ 児童生徒のいる空間で噴霧を行わないよう注意喚起


世界保健機関※WHOの見解では消毒剤を人体に噴霧することは推奨されていない。


一方で北海道大学では新型コロナウイルスに対する次亜塩素酸水の有用性が確認されている。

次亜塩素酸水※pH5.5、有効塩素濃度40ppmの電気分解方式の新型コロナウイルスに対する不活化に関する実証試験の第二弾では前回の強酸性次亜塩素酸水に引き続き不活化に効果ありと実証されている。

pH2.7未満の強酸性だけでなくpH5.5の微酸性の次亜塩素酸水が新型コロナウイルスに対して有効と判断されている。

国が注意喚起を呼び掛けているのは次亜塩素酸ナトリウムなどの噴霧についてで次亜塩素酸水については言及していない。

名前が似ているが次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの希釈液は全くの別物である。

ただ市中には安全性が確認されていない商品も数多く出回っていますので正しい理解で商品を選び正しく使いましょう。

新型コロナウイルスの除菌方法で実際に中国であった話には

次亜塩素酸ナトリウムの希釈濃度を濃くしたものを連日吸込み続けた結果、新型コロナウイルスとは違う肺炎のような症状がレントゲン写真に写っていたそうです。

この方たちは病院で肺の洗浄をして危うく一命をとりとめたらしいのですが、まずは次亜塩素酸ナトリウムを使っていたことと、その濃度を更に濃くして使ったという二点が大間違い。

こんなものを加湿器で噴霧していたのだから、自殺行為としか言いようがありません。

ちなみに次亜塩素酸ナトリウムとは漂白剤のブリーチやハイターに使われている成分です。










次亜塩素酸水を選ぶ際のポイントのひとつであるppm濃度


除菌剤によってはppm濃度が違いますので用途別で選ぶ際はppm濃度も調べておきましょう。


例えば200ppmの次亜塩素酸水はスプレー除菌するのであれば4倍ほどに希釈しなけれはならい。


これは「次亜塩素酸水を使う目安」でもppm別の使用用途が書いていますので、こちらのページも一読を。


では次亜塩素酸水のppm濃度別でいくつか商品をご紹介


まずは、このサイトで一番人気のサライウォーター

サライウォーターの原液は200ppm

通常のスプレー除菌は4倍、超音波加湿器での空間除菌の際は10倍に薄めて使ってください。


◆ 楽天 → サライウォーター



@クリアは500ppmの次亜塩素酸水

原液のままで使う用途としては嘔吐物の処理、汚物処理、カビ対策など

2~5倍希釈 → タバコ臭、キッチン周りの除菌、ドア・テーブル除菌

10倍希釈 → 加湿器を使った除菌


◆ 楽天 → @クリア 2000ml 2本セット




アクアルファf フォルテは800ppmの次亜塩素酸水

500ml容器に200ppmを作りたい時は

アクアルファf フォルテ100ml+水道水300mlの1:3

300ml容器に100ppmを作りたい時は

アクアルファf フォルテ30ml+水道水210mlの1:7

20~50ppm → 超音波加湿器での空間除菌

100~200ppm → 通常の除菌スプレー剤としてお使いください

200ppm → トイレ除菌、カビ対策、嘔吐物処理

◆ 楽天 → 特濃800ppm



次亜塩素酸水の希釈が面倒・・・という方には

50ppmのセラ水がオススメ

人やペットに間違ってかかっても安全な弱酸性の次亜塩素酸水

学校・幼稚園・保育園・介護施設・病院などでも使われています

香りで誤魔化すのではなく分解消臭してくれます。

◆ 楽天 → CELA セラ水 除菌水


薄めずに使える次亜塩素酸水から、希釈濃度を決められている次亜塩素酸水まで種類もたくさんあります。

決められた希釈倍数を守って安全にお使いください。







家庭用除菌剤を選ぶ際に、最近人気になっているのが次亜塩素酸水


次亜塩素酸水は食品などに塩素臭がのこらず手荒れの心配もなく安全に使える除菌剤として人気があるのですが

元々、従来殺菌に使われていた次亜塩素酸ナトリウムの欠点でもある

・ 塩素臭の残留
・ 排水処理
・ 環境負荷
・ 有害物質クロロホルムの生成

などを「何とかできないか」という経緯で開発されたのが次亜塩素酸水

これだけでも次亜塩素酸ナトリウムと次亜塩素酸水がまったくの別物であることが分かりますね。


ただ名前が似すぎている・・・これだと消費者が間違えて購入することもあるでしょうね。

更には微酸性次亜塩素酸水まで出てくる始末・・・何とかならんもんか。

次亜塩素酸ナトリウムにしても次亜塩素酸水にしても違いはpHによるものなので名前が似ちゃうんでしょうね。困ったものです。

ですので除菌剤を買う時はサライウォーターミエロウィルバスのように商品名で買った方が間違いがないようです。


ちなみにミエロという除菌剤は微酸性の次亜塩素酸水

成分はヒトの白血球に含まれているミエロバルオキシダーゼ酵素で出来ている除菌水

除菌効果は弱酸性、強酸性も強いのに金属やゴムの腐食レベルは水道水並みの除菌剤

また間違って赤ちゃんやペット、食品などにかかっても安全な除菌剤としてジワジワ人気が出てきているようです。

ミエロだと覚えやすいですが微酸性次亜塩素酸水では、かなり覚えにくい。

楽天やアマゾンでも売っていますので

ノロウイルスやインフルエンザ対策の除菌剤選びに悩んだときは参考にしてください。


楽天 → ノロ インフルミエロ原液パウチ入り1L


アマゾン → 弱酸性次亜塩素酸水ピュア 200ppm 20L






ペットの消臭や除菌剤に使われることが多い次亜塩素酸水

水で希釈することで安全に使う目安を知っておきましょう。

濃度400ppm=0.04%で表示されている次亜塩素酸水の原液


▼ 次亜塩素酸水の原液400ppmを使うシーンはこんなところ ▼

・トイレ便器内の掃除
・お風呂のカビ取り
・ノロウイルス感染時の排泄物や嘔吐物の処理


▼ 濃度200ppmの次亜塩素酸水を使うシーンはこんなところ ▼

・エアコンの除菌・消臭
・ゴミ箱の除菌・消臭
・台所シンクや三角コーナーの殺菌・消毒
・包丁やまな板、キッチン用フキンの殺菌消毒


▼ 濃度100ppmの次亜塩素酸水を使うシーンはこんなところ ▼

・ペットサークル内の消臭
・車の車内の消臭
・下駄箱内や靴の消臭
・枕、シーツ、寝具の消臭
・タバコ臭の消臭
・トイレ使用後の消臭
・焼肉後のカーテンの消臭


▼ 濃度50ppmの次亜塩素酸水を使うシーンはこんなところ ▼

・加湿器を使った空間除菌
・ペットのエサ容器の除菌
・哺乳瓶の除菌
・オモチャの除菌
・手洗い、ウガイ、経口ケアに



▼ 楽天とアマゾンで扱っている人気のサライウォーター ▼



◆ 楽天 → サライウォーター 次亜塩素酸水2.5L


◆ アマゾン → サライウォーター(次亜塩素酸水)2L



↑このページのトップヘ