ウイルス予防の除菌剤まとめ

流行を繰り返すウイルスやインフルエンザ。除菌剤の成分や効果は気になるものです。ウイルス予防の除菌剤のまとめサイトです。 サライウォーター 楽天

食中毒・寄生虫・ノロウイルス・エンテロウイルス

夏のお弁当作り 

食中毒の心配はあるものの、お弁当は作らなきゃいけませんね。

お弁当のオカズやご飯で「いたみにくい」ポイントとは

・ 加熱をしっかりする

・ 加熱後のご飯やオカズは必ず冷ましてから入れます

・ 水分や汁気は、いたみの原因になる

・ 濃い目の味付けにすると防腐効果も


気温が高くなる日は肉や魚にしっかり通すことは勿論のこと

生野菜の使用を避ける

スパイス、ハーブ類、酸味には抗菌作用のあるもが多い

コショウ、カレー粉、レモン、酢、ショウガなどを積極的に使いましょう







素材はステンレスよりも軽く強度が高いチタン製の弁当箱です


お酢などの酸味にも錆びません


裏蓋についているパッキンも外せるため丸洗いできるお弁当箱です


見た目がシンプルなので男性でも女性でも使える弁当箱


耐食性と抗菌性を併せ持つチタン素材で作られています


指紋なども付きにくく衛生的に長く使えます


金属アレルギーのない体に優しいお弁当箱です。


楽天 → お弁当箱 チタン HANAKO L


アマゾン → チタン製弁当箱 HANAKO


ウイルバスには様々な種類があり有効塩素濃度が200ppmのウイルバス200と有効塩素濃度が1,000ppmのウイルバス1000

その他の濃度や内容量の違うタイプのウイルバスも多数あります。

ご家庭、施設、工場など用途別にウイルバスを選ぶこともできます。

◆ 衛生管理の新たな基準!塩素濃度200ppmに対応

アルコール耐性のノロウイルスを原因とする急性胃腸炎の流行

O157などの腸管出血性大腸菌による感染等も考慮し食品の殺菌等に対して次亜塩素酸ナトリウムのニーズが増えています。

濃度に関しても200ppmを望まれるケースが増えております。

こうした現場の声に対応し行政機関からの推奨指導に適合する

有効塩素濃度200ppmの食品添加物がウィルバス200です


◆ 楽天市場 → ウィルバス200 500mlスプレー 3本セット


◆ アマゾン → ウィルバス500ml (200ppm)



◆ 感染拡大を防ぐ!緊急時に使える高濃度タイプ


感染力の強い細菌やウイルスは保菌者のおう吐物や排泄物から飛沫感染が起こるケースが多く見られます。

ウィルバス1000は希釈の手間が無く迅速な除菌が可能。

菌数の多い対象物に素早く対応するための1000ppm濃度がウィルバス1000です


◆ 楽天市場 → ウィルバス 1000 注意※高濃度 500mLボトル


◆ アマゾン → ウィルバス500ml おう吐・汚物処理向け1000ppm


食欲の無い夏でもカレーライスだとモリモリ食べてくれて本当に助かりますね。

でも夏場のカレーの保存方法は注意が必要です

「1日くらいなら大丈夫・・・」とガスコンロの上などに置きっぱなしにしておくと翌日には傷んでいた・・・なんていうことも少なくありません。

いくら二日目のカレーは美味しいと言っても保存方法には工夫が必要です。


何故2日目のカレーは美味しいのか?


・肉や野菜の旨みや糖分などがルーに溶け出して新たな旨みが増します

・具が煮溶けることで辛さや塩気を緩和し熟成した風味に変化します


このような効果でカレーの旨みが増しますがスパイスや香り成分は時間の経過とともに損なわれるため物足りないカレーになることもあります。


カレーの残りの保存方法

カレーの残りをそのまま放置するとウェルシュ菌という細菌や他の細菌が繁殖しやすくなり食中毒の原因となります。

夏場だけに限らずカレーの残りは冷蔵保存をするか冷凍保存をするようにしましょう。

目安としては三日以上保存する場合は冷凍保存


短時間で冷ます

カレーをしっかり温めてからフタをせずになべ底を冷水にあてて粗熱を取るか浅く平らな保存容器やジッパー付の保存袋に小分けして素早く冷やします

冷蔵、冷凍保存

2-3日で食べきれない場合は冷凍保存を勧めます
冷凍に向かないジャガイモやニンジンは取り除くか潰してから冷凍しましょう

かき混ぜながらしっかり加熱します

冷凍後は冷蔵庫で自然解凍させ鍋に移して弱火で温めます
底の方から良くかき混ぜ空気に触れさせながらしっかりと温めてください。
電子レンジではしっかりと温めることが出来ないためお勧めできません。








高圧スチーム h2oスチームfxの最安値を探している方におすすめ


H2OスチームFXの除菌率は約99%


110度を超える強力スチームでガンコな汚れや気になる菌を除菌します


▼ H2OスチームFXは様々なシーンで活躍してくれる強力スチーム ▼

・ シンクや排水溝の汚れ

・ 調理台やテーブル

・ お風呂場の除菌、鏡の水垢、カビやぬめり

・ 衣類やソファーの汚れや消臭に、イスやクッション・布製品に

・ コンロや換気扇の汚れ

・ 子供のヌイグルミやオモチャの除菌

・ 水回りの除菌

・ トイレの除菌

・ カーペット、絨毯、壁の汚れやニオイにも

・ ペット臭、タバコ臭


サッと一吹きするだけの臭い対策

ウルトラボイラーが110℃の高温・高圧ドライスチームを作り出してくれる

パワフルスチームでも軽さは約1.2kgと使いやすさも人気です。


スポットクリーナーを使えば細かいスキマの汚れや目に見えない汚れまでも吹き飛ばしてくれる


ハードサーフェスクリーナーは平面のスチームに適したツール

タタミや絨毯、フローリングなど一度に広い範囲をカバーしてくれます


アイロンスチーマーは衣類や家中の布製品に使えるツール

洋服やカーテンのシワを伸ばしながら除菌・消臭をしてくれる


ワイパーパッドと生地用パッドは丸洗いOKなので繰り返し使えます。


たくさんのツールがセットになったH2OスチームFX 8点デラックスセット


◆ 楽天 → H2OスチームFX 8点デラックスセット


◆ アマゾン → 【正規品】H2OスチームFX 8点デラックスセット (グリーン)

夏の食中毒予防に湿度の高さと気温の高さも影響します。

食中毒の原因となる細菌は気温+湿度+栄養の条件が揃えばどんどん増殖します。

部屋の換気をマメにしキッチン周りの掃除、除湿調整などを心がけましょう。

また部屋の中の温度と湿度が一目でわかるデジタル温湿度計 警告機能 顔マークの温湿度計などがあると管理しやすくなります。


▼ 細菌性食中毒とノロウイルスの違い ▼

細菌性食中毒の原因は先ほども書いた通り気温+湿度+栄養の条件で爆発的に増殖します。

一方のノロウイルスはヒトの腸内で増殖しますので湿度や温度などは関係はありません。

食中毒菌は一定の量が体内に入り込むことで食中毒の症状があらわれますが、ノロウイルスは体内で増殖するウイルスのため少量でも体内に入り込むと爆発的に増殖を繰り返します。

ノロウイルスだけを見た場合、温度や湿度との関係はありませんが食品の衛生管理はノロウイルスばかりではありません。

常にキッチン周りの温湿度や掃除を管理することで食中毒予防には効果はあります。


▼ 湿度が高いとどうなる? ▼

・細菌やカビ菌が増殖しやすくなる

・消化酵素の働きが低下し食欲不振になる

・気温が高くないのに湿度が高い場合、体の発汗作用が機能しにくくなり熱中症のような症状になる

・敷きっぱなしの布団とタタミ・フローリングの間に湿気が溜まりカビ菌が発生しやすくなる



▼ コンプレッサー除湿器 コンデンス除湿機 違い ▼

最近では様々な除湿器が販売されていて、どれを買うか迷ってしまうことも多いですね。

除湿器を使う時期や機能に合わせた除湿器を選びましょう

コンプレッサー式の除湿器は価格も安く手軽に使える除湿器ですが、冬の気温の低い時期の除湿には不向きとされ、室内の空気も乾燥します。


梅雨時にお勧めの除湿器 → 除湿機 コンプレッサー アイリスオーヤマ


コンデンス式除湿器は価格は高めですが万能型の除湿器です。

湿度の高いランドリーや室内干し、雨降りの玄関の除湿にと家中の除湿が広範囲に可能です。

一年中使え場所を選ばない除湿器 → コンデンス除湿機 DBX-AZR カンキョー


↑このページのトップヘ