ウイルス予防の除菌剤まとめ

流行を繰り返すウイルスやインフルエンザ。除菌剤の成分や効果は気になるものです。ウイルス予防の除菌剤のまとめサイトです。 サライウォーター 楽天

[サライウォーター][h2oスチームfx 最安値][インクリア 楽天][ウイルス予防 通販][クリアフットヴェール 販売店][サライウォーター 加湿器][チャーミスト 楽天][楽天 マスク][次亜塩素酸水 通販 スプレー][次亜塩素酸水 通販 希釈][次亜塩素酸水 通販 消臭][次亜塩素酸水 通販 送料無料][通販 ウイルス予防][ドメスト][さらいウォーター][貼るエアコン消臭剤][エアコンに貼るフィルター][ウィルバス1000][次亜塩素酸水 さらいウォーター][チャーミスト][ウイルス除菌 プラズマクラスタ][ウィルバス 最安値]

食中毒・寄生虫・ノロウイルス・エンテロウイルス

ウイルバスには様々な種類があり有効塩素濃度が200ppmのウイルバス200と有効塩素濃度が1,000ppmのウイルバス1000

その他の濃度や内容量の違うタイプのウイルバスも多数あります。

ご家庭、施設、工場など用途別にウイルバスを選ぶこともできます。

◆ 衛生管理の新たな基準!塩素濃度200ppmに対応

アルコール耐性のノロウイルスを原因とする急性胃腸炎の流行

O157などの腸管出血性大腸菌による感染等も考慮し食品の殺菌等に対して次亜塩素酸ナトリウムのニーズが増えています。

濃度に関しても200ppmを望まれるケースが増えております。

こうした現場の声に対応し行政機関からの推奨指導に適合する

有効塩素濃度200ppmの食品添加物がウィルバス200です

◆ 楽天市場 → ウィルバス200(Virubus200ppm)500mLスプレーボトル入り×3本セット



◆ 感染拡大を防ぐ!緊急時に使える高濃度タイプ


感染力の強い細菌やウイルスは保菌者のおう吐物や排泄物から飛沫感染が起こるケースが多く見られます。

ウィルバス1000は希釈の手間が無く迅速な除菌が可能。

菌数の多い対象物に素早く対応するための1000ppm濃度がウィルバス1000です

◆ 楽天市場 → ウィルバス1000(Virubus1000)500mLスプレーボトル入り





アニサキス症に正露丸 大幸薬品が痛み緩和で特許



魚の寄生虫アニサキスが初夏の初カツオに影響を及ぼしていますね。

鮮度を売りにしている近海のカツオが店頭に並ぶ時期なのに冷凍もののカツオをタタキにして売っている売り場も少なくないそうです。

今年は漁獲高も安定しており比較的、安値で販売しているのですが寄生虫アニサキスの影響で店頭に並ぶ機会を逃しているようです。


厚労省のホームページでも注意を促しておりカツオの扱い自体を自粛しているケースが増えています。


▼ 寄生虫 アニサキスとは ▼

線虫類の寄生虫アニサキスは体長2~3cm

魚に寄生しているのは幼虫のアニサキス

主に内臓表面に寄生しますが筋肉にも寄生することがあります

見た目は渦巻き状になっていることが多く、半透明粘膜の袋に入っているものもあります。


アニサキスの幼虫は人の体内では成虫になれないため通常は排泄されるのですが、魚を生で食べたときに、まれに胃や腸壁に侵入し8時間以内に激しい腹痛を引き起こします。

吐き気、嘔吐、蕁麻疹などの症状が伴う時もあります。


アニサキスが寄生している主な魚介類 

・ サケ、サバ、ニシン、イワシ、サンマ、スルメイカ、ホッケ、タラ、マスなどに寄生しますが今回はカツオにアニサキスが寄生しているようです。


▼ アニサキスの予防方法 ▼

・ 加熱調理が最も効果的

・ -20℃以下で24時間以上48時間、凍結すると死滅します。

・ 魚の中心部までしっかりと凍結させます

・ 魚の内臓の生食をしないようにする

などの予防法があります。


◆ 楽天 → 【第2類医薬品】正露丸 200粒


◆ アマゾン → 【第2類医薬品】正露丸 400粒


高圧スチーム h2oスチームfxの最安値を探している方におすすめ


H2OスチームFXの除菌率は約99%


110度を超える強力スチームでガンコな汚れや気になる菌を除菌します


▼ H2OスチームFXは様々なシーンで活躍してくれる強力スチーム ▼

・ シンクや排水溝の汚れ

・ 調理台やテーブル

・ お風呂場の除菌、鏡の水垢、カビやぬめり

・ 衣類やソファーの汚れや消臭に、イスやクッション・布製品に

・ コンロや換気扇の汚れ

・ 子供のヌイグルミやオモチャの除菌

・ 水回りの除菌

・ トイレの除菌

・ カーペット、絨毯、壁の汚れやニオイにも

・ ペット臭、タバコ臭


サッと一吹きするだけの臭い対策

ウルトラボイラーが110℃の高温・高圧ドライスチームを作り出してくれる

パワフルスチームでも軽さは約1.2kgと使いやすさも人気です。


スポットクリーナーを使えば細かいスキマの汚れや目に見えない汚れまでも吹き飛ばしてくれる


ハードサーフェスクリーナーは平面のスチームに適したツール

タタミや絨毯、フローリングなど一度に広い範囲をカバーしてくれます


アイロンスチーマーは衣類や家中の布製品に使えるツール

洋服やカーテンのシワを伸ばしながら除菌・消臭をしてくれる


ワイパーパッドと生地用パッドは丸洗いOKなので繰り返し使えます。


たくさんのツールがセットになったH2OスチームFX 8点デラックスセットが商品到着後のレビューを書いてくれる方限定

通常価格15,800円のところ → 5,000円引きの特別価格10,800円

商品到着後のレビューが割引条件になっていますのでお間違いのないように



◆ ダイレクトテレショップ → H2OスチームFX



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote





キッチンの食中毒予防と言えば食材の管理が何よりも大切


冷蔵庫に買いだめした食材をたべずに腐らしてしまう食品ロスも社会問題になっているようです。


ついつい買い過ぎることが原因の食品ロスですが、いつまでも冷蔵庫の中に品質が劣化した食材を入れっぱなしになっているのも衛生上、心配になってきますね。


食品ロスを防ぐには

・ 買い過ぎない
・ 冷蔵庫は一時的に保管する場所と捉えて使う
・ 入れたら、出す
・ 使いきれずに捨てるくらいなら少なく買う
・ カット野菜を利用する
・ 賞味期限の短いものから順番に使う
・ 買ってきたら保存容器に移し替える一手間が大事
・ 家庭菜園で実際に作ってみる
・ 乾物・ドライフードにする
・ 堆肥にする


食品ロスを意識した生活をするだけでも随分と食の安全が保たれるのが分かりますね。

特に食中毒が多い夏場には食材も傷みやすくなりますので食品ロスを意識した食生活を心がけてみてはいかがでしょうか。



▼ 食中毒予防、食品ロス対策 おすすめグッズ ▼


◆ 楽天 → 抗菌保存容器 ナノシルバーネオ 10点セット


◆ 楽天 → フードドライヤー ドライフルーツメーカー コレド プリンセス 食品乾燥機


◆ 楽天 → パナソニック Panasonic 家庭用生ごみ処理機 「生ごみリサイクラー」 MS-N53-S シルバー[MSN53]



この記事を読んだ後に読まれている記事

ドライフルーツメーカー おすすめ 家庭用食品乾燥機

フレッシュロック サイズ比較 3種類

真空パックん 最安値

手指消毒器 自動 キングジムのアルサットが安い

除菌剤・次亜塩素酸水のppmとは






市販の鶏肉の半数以上からカンピロバクターという菌が検出されているのだとか。


鶏肉の刺身やタタキなど加熱が不十分な鶏肉を食べたことによる食中毒


主に飲食店に卸されている鶏肉は「加熱用」の鶏肉


生食には適さない鶏肉を提供しているのだから食中毒をおこす危険性はある。


特に梅雨時や長雨が続き湿度が高くなっている、この時期は鶏肉の調理は十分に加熱したものを食べるようにしましょう。


昨年のカンピロバクターによる食中毒の発生件数は320件と食中毒全体の32%を占めています。


▼ カンピロバクター 食中毒とは ▼

・ 食後1~7日で発症

主な症状は腹痛、下痢、発熱、嘔吐など

2日~5日ほどで回復しますがギランバレー症候群やフィッシャー症候群を起こすこともあります。


カンピロバクターは鶏肉や牛のレバーから検出されることが多いので生・加熱不十分の鶏肉や内臓肉を食べることは控えた方が良い

調理器具からの二次感染を防ぐのには使用後はよく洗浄し熱湯消毒してからよく乾かすことが重要です。


家では鶏肉を十分に加熱することで防げる食中毒ですが飲食店で鶏肉料理を注文する際は刺身やタタキよりも十分に加熱された鶏肉料理を頼んだ方が無難のようである。

また、加熱が不十分なバーベキューや焼き鳥、鶏鍋などにも注意が必要とのこと


カンピロバクターは十分な加熱や調理器具の乾燥で防ぎましょう。



◆ 楽天 → 三菱 食器乾燥機 キッチンドライヤー ステンレスグレー TK-ST11-H


◆ アマゾン → 三菱 食器乾燥器 ホワイトMITSUBISHI TK-TS5-W



この記事を読んだ後に読まれている記事

サライウォーター 10リットル アルコールかせ効かないウイルスに

ウイルスの除菌率99%のチャーミスト

手指消毒器 自動 キングジムのアルサットが安い

消毒用エタノール 使い方

除菌剤・次亜塩素酸水のppmとは


↑このページのトップヘ