ウイルス予防の除菌剤まとめ

流行を繰り返すウイルスやインフルエンザ。除菌剤の成分や効果は気になるものです。ウイルス予防の除菌剤のまとめサイトです。

食中毒・ノロウイルス・エンテロウイルス

強力なスチーム力でガンコな汚れを落としてくれるH2OスチームFX


掃除にはもちろんのことですがインフルエンザやノロウイルスなど感染症対策としても使いこなしたい掃除グッズ


ノロウイルスの症状の特徴としては吐き気・嘔吐・下痢などが主な症状

汚物処理には次亜塩素酸ナトリウムなどが効果を発揮してくれるが食品の加熱処理では約65度では菌が抵抗性を示す。
約85度の加熱で1分以上の加熱が必要となる。


ただ嘔吐物で汚れてしまった床材には処理に苦慮します。

こんな場合に有効とされているのがスチームの力を使った蒸気処理である。

床材の種類にもよるのですが結果的には蒸気による熱消毒では85度の熱で1分以上あてればノロウイルスに対して有効な消毒方法と考えられています。



H2OスチームFXは約110℃の高温・高圧のドライスチーム

嘔吐物の除菌や消臭に有効で高温を持続してあて続けることができます。

漂白剤での除菌では色落ちや希釈濃度が分からない、心配がある。

熱湯消毒では高温の持続性が心配などの時にスチームクリーナーは重宝します。

衣類などの薄い生地ならスチームアイロンでも良いのかも知れませんがカーペットやフトンなど生地が厚い素材のものへの除菌や消臭にはスチームクリーナーが手軽かも知れませんね。

しかもスチームクリーナーは本来、汚れを高温スチームで綺麗にしてくれるもの

油汚れやガンコな汚れを落としてくれるので普段なかなか掃除ができない場所などを集中して掃除ができます。

ガスコンロ、壁紙、畳、水回りの汚れなど気になる場所をキレイにするならH2OスチームFXが一番楽かも知れません。


◆ H2OスチームFXのデメリットから見えたもの

スチームクリーナーを使っていて、やはりデメリットは少なからずあるようです。

が、スチームクリーナーのデメリットには利便性を重視している点があることをご存知でしょうか


〇 水タンクの容量の少なさ

某有名スチームクリーナーのタンク容量は400mlに対しH2Oスチームは225mlとタンク容量が小さい
水を入れる手間を考えるとタンク容量が大きい方が良いと思われがちですが、某有名スチームクリーナーは本体のみで重量が1.5kgなのに対してH2OスチームFXは満水時の重量が1.2kg
女性やご年配の方が使う分としては、少しでも軽さを重視したコンパクト設計の方が作業がしやすいのではないかと思われます。

〇 ガンコな汚れが落ちない

テレビで見るよりもガンコな汚れが落ちていない時があります。
でも、いくら優れたスチームクリーナーでも「かならず落ちる」という万能性はありません。
完璧さを求めすぎてしまうと、どんなに高価なスチームクリーナーでも満足はできません。
何時間もゴシゴシと掃除していたツライ思いをするなら短時間でキレイにしてくれる便利なアイテムとしてとらえる方が使いやすいかも知れません。

〇 音がウルサイ

ホースのように水だけを流すのならパワーは必要無いかも知れませんが、蒸気のパワーを使っているスチームクリーナーは少なからず音は発生してしまうものです。
高温スチームの発生時の音が気になる方は別の掃除用洗剤を使うほうが良いかも知れません。


※すべての菌に対してスチームは効果があるということでは無いので理解しておくことが必要ですね。


◆ h2oスチームfx 使い方

〇 ジェットノズルとナイロンブラシ

・ガンコな汚れを取りたい場合
・スチーム除菌やスチーム消臭をしたい場合
・ガスコンロ周り、換気扇、オモチャ、ヌイグルミなど

〇 ワイパーツールとワイパーパッド

・フローリングや畳など平面な場所
・クッション、ソファにも使いやすいです。
・床以外の平面な場所でもOK

〇 衣類生地用パッド

・布製品などのスチームアイロンとして
・洋服やカーテンのシワのばし


◆ h2oスチームfx 使う際の注意点

・フローリングでは床の表面処理により変色、変形することがあります。
・スチーム力が強力なため素材により濡れた状態になります。
・同じ箇所に長時間スチームをあて続けない
・カーペット、布製品ではシミになることがあります。
・熱、スチームに弱い素材には使わないようしてください。


通販では値段の安いものがありますのでご購入を検討している方はこちらも参考にしてくださいね。

◆ 公式サイト → H2OスチームFX

◆ 楽天市場 → 【正規品】H2OスチームFX 8点デラックスセット

◆ Amazon → 【正規品】H2OスチームFX 8点デラックスセット (グリーン)


▼ こんな記事も読まれています ▼

参照 → オキシ漬けって美味しいの?

参照 → 棕櫚箒 とってもキレイになる室内ホウキ



ウイルバスには様々な種類があり有効塩素濃度が200ppmのウイルバス200と有効塩素濃度が1,000ppmのウイルバス1000

その他の濃度や内容量の違うタイプのウイルバスも多数あります。

ご家庭、施設、工場など用途別にウイルバスを選ぶこともできます。

◆ 衛生管理の新たな基準!塩素濃度200ppmに対応

アルコール耐性のノロウイルスを原因とする急性胃腸炎の流行

O157などの腸管出血性大腸菌による感染等も考慮し食品の殺菌等に対して次亜塩素酸ナトリウムのニーズが増えています。

濃度に関しても200ppmを望まれるケースが増えております。

こうした現場の声に対応し行政機関からの推奨指導に適合する

有効塩素濃度200ppmの食品添加物がウィルバス200です

◆ 楽天市場 → ウィルバス200(Virubus200ppm)500mLスプレーボトル入り×3本セット



◆ 感染拡大を防ぐ!緊急時に使える高濃度タイプ


感染力の強い細菌やウイルスは保菌者のおう吐物や排泄物から飛沫感染が起こるケースが多く見られます。

ウィルバス1000は希釈の手間が無く迅速な除菌が可能。

菌数の多い対象物に素早く対応するための1000ppm濃度がウィルバス1000です

◆ 楽天市場 → ウィルバス1000(Virubus1000)500mLスプレーボトル入り

暑い夏を元気に過ごすには規則正しい生活リズムと食生活が大切

暑い夏・夏休みに気をつけたい食生活のポイントをまとめています。


▼ 夏休みの食生活のポイント ▼

3食キチンと食べます 
間食をし過ぎたり夜更かしをすると翌日のご飯が食べられなくなり生活リズムを崩す原因に
早寝・早起き・朝ごはんを意識した生活を心がけましょう

冷たいものの取り過ぎに注意
冷たいものばかり取り過ぎると胃腸の活動を弱め、消化不良や食欲がなくなる原因に


▼ 夏バテを防ぐ食生活 ▼

主食・主菜・副菜をバランスよく食べることが基本

主食 → ご飯・パン・めん など
主菜 → 肉・魚・卵・大豆製品を中心としたおかず
副菜 → 野菜・キノコ・海藻を中心としたおかず

この他にビタミンB1を効率よく摂りましょう

ビタミンB1を多く含む食材 → 玄米・胚芽米・豚肉・大豆・ウナギなど

夏野菜もしっかり摂りましょう

ピーマン・トマト・なすび・オクラ・トウモロコシ・ゴーヤなど


▼ 食中毒を防ぐ三原則 ▼

夏は細菌による食中毒が多く発生します。
調理前や食事前の手洗いには石鹸でしっかりとキレイに
調理する材料はしっかりと中まで火を通すようにしましょう
冷蔵庫は過信せず、できた料理はなるべく早く食べましょう。

◆ つけない

◆ ふやさない

◆ やっつける


▼ こまめな水分補給をしよう ▼

食べ物からも水分を補給しましょう

キュウリ・ナス・スイカは水分量の多い食材です

野菜や果物にはミネラルもたっぷり含まれていますので上手に食べましょう

ジュースや炭酸飲料は飲み過ぎに注意

糖質を多く含む飲料よりも水かお茶を飲みましょう

大量に汗をかいた時はスポーツドリンクを活用しましょう。

・ 喉が渇いたと感じる前に、こまめに水分補給

・ 起きたとき
・ 食事の時
・ 運動する時
・ お風呂に入る時
・ 就寝前


▼ 食欲がない時のお勧めの食材 ▼

クエン酸やアリシンなどの成分は食欲増進や疲労回復効果があります

クエン酸 → 梅干し・レモン・お酢
アリシン → ニンニク・ニラ・ネギなどの香り成分

温度には温度計、湿度には湿度計とパッと一目見て気温や気候を知るうえで便利ですね。

エンペックス 食中毒注意計 TM-2511は食中毒の発生源となる細菌の繁殖を気温と湿度から一目でわかりやすくした食中毒注意計

壁掛け用になっていますのでキッチンや厨房、食材の管理庫などに取り付けることで一目で食中毒注意がわかるようになっています。


食中毒の発生状況は1年中同じではありません
食材の管理状況や企業などの不祥事でも食中毒は起こります。
一般に寒い季節には食中毒は起こりにくく4月以降、暖かくなると食中毒が発生しやすくなっています。
フグやキノコの食中毒は季節によっても異なりキノコは秋、フグは冬に多くなっています。

細菌原因性食中毒の発生原因としては食材の温度管理の不備、手指からの二次感染、厨房機器の洗浄不足が大半を占めています。
食材の取り扱いや個人衛生、手洗い、洗浄、除菌を徹底するようにしましょう

以下に1年の快適な室温と湿度を掲載していますので温湿度管理をする際の参考にしてください。

室内の快適温度
春 18-25℃
夏 22-26℃
秋 18-25℃
冬 18-24℃

室内の快適湿度
春 45-65
夏 50-70
秋 45-65
冬 40-65

食中毒注意計はあくまで食中毒の予防のために使うことを目安としていますが過信は禁物です。
あくまでも食中毒が発生しやすい温度と湿度の注意喚起の目安として使ってくださいね。



◆ 楽天市場 → EMPEX エンペックス 食中毒注意計 ホワイト TM-2511

◆ アマゾン → エンペックス気象計 温度湿度計 食中毒注意計 壁掛け用 日本製 ホワイト TM-2511

夏の食中毒予防に湿度の高さと気温の高さも影響します。

食中毒の原因となる細菌は気温+湿度+栄養の条件が揃えばどんどん増殖します。

部屋の換気をマメにしキッチン周りの掃除、除湿調整などを心がけましょう。

また部屋の中の温度と湿度が一目でわかるクレセル CRECER 熱中症・インフルエンザ警報付き CR-1200の温湿度計などがあると管理しやすくなります。


▼ 細菌性食中毒とノロウイルスの違い ▼

細菌性食中毒の原因は先ほども書いた通り気温+湿度+栄養の条件で爆発的に増殖します。

一方のノロウイルスはヒトの腸内で増殖しますので湿度や温度などは関係はありません。

食中毒菌は一定の量が体内に入り込むことで食中毒の症状があらわれますが、ノロウイルスは体内で増殖するウイルスのため少量でも体内に入り込むと爆発的に増殖を繰り返します。

ノロウイルスだけを見た場合、温度や湿度との関係はありませんが食品の衛生管理はノロウイルスばかりではありません。

常にキッチン周りの温湿度や掃除を管理することで食中毒予防には効果はあります。


▼ 湿度が高いとどうなる? ▼

・細菌やカビ菌が増殖しやすくなる

・消化酵素の働きが低下し食欲不振になる

・気温が高くないのに湿度が高い場合、体の発汗作用が機能しにくくなり熱中症のような症状になる

・敷きっぱなしの布団とタタミ・フローリングの間に湿気が溜まりカビ菌が発生しやすくなる



▼ 家の中の除湿対策 除湿器選び ▼

最近では様々な除湿器が販売されていて、どれを買うか迷ってしまうことも多いですね。

除湿器を使う時期や機能に合わせた除湿器を選びましょう

コンプレッサー式の除湿器は価格も安く手軽に使える除湿器ですが、冬の気温の低い時期の除湿には不向きとされ、室内の空気も乾燥します。

梅雨時にお勧めの除湿器 → コンプレッサー除湿機 DCE-6515 アイリスオーヤマ


コンデンス式除湿器は価格は高めですが万能型の除湿器です。
湿度の高いランドリーや室内干し、雨降りの玄関の除湿にと家中の除湿が広範囲に可能です。

一年中使え場所を選ばない除湿器 → コンデンスELD カンキョー 直噴除湿乾燥機


レビューポータル「MONO-PORTAL」

↑このページのトップヘ