ウイルス予防の除菌剤まとめ

流行を繰り返すウイルスやインフルエンザ。除菌剤の成分や効果は気になるものです。ウイルス予防の除菌剤のまとめサイトです。 サライウォーター 楽天

食中毒・寄生虫・ノロウイルス・エンテロウイルス




使いづらい殺菌剤、除菌剤とはサヨナラしましょう。


今までの除菌剤の使いにくいところ

◆ 漂白のデメリット

・衣服にかけられない
・絨毯、カーペット、ソファーにかけられない

◆ 腐食性のデメリット

・スプーン、ドアノブ、歩行器などにかけられない
・包丁やまな板は殺菌剤に浸さなければいれない

◆ 有害性のデメリット

・塩素系、酸素系の化学物質は口の中に入ると害になる
・小さな子やお年寄りには取り扱いが必要になる
・皮膚などがただれる

◆ 効果の稀薄性によるデメリット

・効果が弱い除菌剤は除菌した場所以外に菌を移すだけ


など、使い勝手の悪すぎる除菌剤や殺菌剤に買う方としても「どれがイイか」悩んでしまう。


Kカードはこんな除菌剤

殺菌効果はあるのに体に無害な、まったく新しい除菌スプレー。

厚生労働省から認定を受けている安全な除菌剤。

インフルエンザやノロウイルスなどの感染症予防

大腸菌などによる食中毒予防

スプレーするだけの除菌剤なので使い勝手が良い

しかも「非漂白」「非腐食性」「無刺激」「無臭」

病院・幼稚園・介護施設・保育園・食品加工業者・お弁当屋さん、など食品を取り扱う業者にも人気が高い。

次亜塩素酸ナトリウム製剤で有効塩素濃度200ppmなので食品の衛生管理などにも効果的な消毒液として推奨されている。

◆ 楽天 → K・ガード プラスnine(500mlスプレー)[ウィルス][菌][学級閉鎖][感染性胃腸炎][感染症対策][食中毒対策][除菌スプレー][除菌効果][安全][非漂白][非腐食][消臭][手足口病][プール熱]





暑い夏を元気に過ごすには規則正しい生活リズムと食生活が大切

暑い夏・夏休みに気をつけたい食生活のポイントをまとめています。


▼ 夏休みの食生活のポイント ▼

3食キチンと食べます 
間食をし過ぎたり夜更かしをすると翌日のご飯が食べられなくなり生活リズムを崩す原因に
早寝・早起き・朝ごはんを意識した生活を心がけましょう

冷たいものの取り過ぎに注意
冷たいものばかり取り過ぎると胃腸の活動を弱め、消化不良や食欲がなくなる原因に


▼ 夏バテを防ぐ食生活 ▼

主食・主菜・副菜をバランスよく食べることが基本

主食 → ご飯・パン・めん など
主菜 → 肉・魚・卵・大豆製品を中心としたおかず
副菜 → 野菜・キノコ・海藻を中心としたおかず

この他にビタミンB1を効率よく摂りましょう

ビタミンB1を多く含む食材 → 玄米・胚芽米・豚肉・大豆・ウナギなど

夏野菜もしっかり摂りましょう

ピーマン・トマト・なすび・オクラ・トウモロコシ・ゴーヤなど


▼ 食中毒を防ぐ三原則 ▼

夏は細菌による食中毒が多く発生します。
調理前や食事前の手洗いには石鹸でしっかりとキレイに
調理する材料はしっかりと中まで火を通すようにしましょう
冷蔵庫は過信せず、できた料理はなるべく早く食べましょう。

◆ つけない

◆ ふやさない

◆ やっつける


▼ こまめな水分補給をしよう ▼

食べ物からも水分を補給しましょう

キュウリ・ナス・スイカは水分量の多い食材です

野菜や果物にはミネラルもたっぷり含まれていますので上手に食べましょう

ジュースや炭酸飲料は飲み過ぎに注意

糖質を多く含む飲料よりも水かお茶を飲みましょう

大量に汗をかいた時はスポーツドリンクを活用しましょう。

・ 喉が渇いたと感じる前に、こまめに水分補給

・ 起きたとき
・ 食事の時
・ 運動する時
・ お風呂に入る時
・ 就寝前


▼ 食欲がない時のお勧めの食材 ▼

クエン酸やアリシンなどの成分は食欲増進や疲労回復効果があります

クエン酸 → 梅干し・レモン・お酢
アリシン → ニンニク・ニラ・ネギなどの香り成分


楽天 → アサヒクッキンカットM 家庭用まな板


アマゾン → ゴムまな板アサヒクッキンカット 家庭用 M(380×210×13mm)







温度には温度計、湿度には湿度計とパッと一目見て気温や気候を知るうえで便利ですね。

エンペックス 食中毒注意計 TM-2511は食中毒の発生源となる細菌の繁殖を気温と湿度から一目でわかりやすくした食中毒注意計

壁掛け用になっていますのでキッチンや厨房、食材の管理庫などに取り付けることで一目で食中毒注意がわかるようになっています。


食中毒の発生状況は1年中同じではありません
食材の管理状況や企業などの不祥事でも食中毒は起こります。
一般に寒い季節には食中毒は起こりにくく4月以降、暖かくなると食中毒が発生しやすくなっています。
フグやキノコの食中毒は季節によっても異なりキノコは秋、フグは冬に多くなっています。

細菌原因性食中毒の発生原因としては食材の温度管理の不備、手指からの二次感染、厨房機器の洗浄不足が大半を占めています。
食材の取り扱いや個人衛生、手洗い、洗浄、除菌を徹底するようにしましょう

以下に1年の快適な室温と湿度を掲載していますので温湿度管理をする際の参考にしてください。

室内の快適温度
春 18-25℃
夏 22-26℃
秋 18-25℃
冬 18-24℃

室内の快適湿度
春 45-65
夏 50-70
秋 45-65
冬 40-65

食中毒注意計はあくまで食中毒の予防のために使うことを目安としていますが過信は禁物です。
あくまでも食中毒が発生しやすい温度と湿度の注意喚起の目安として使ってくださいね。



◆ 楽天市場 → EMPEX 食中毒(食中毒説明書付) TM-2511


◆ アマゾン → エンペックス気象計 温度湿度計 TM-2511








乳幼児などを中心に急性の胃腸炎を引き起こす「ロタウイルス」が過去最多の患者数を記録しています。

ロタウイルスの症状としては下痢・嘔吐・腹痛などを伴い症状がひどくなると入院が必要になることもあります。

手洗いなどを徹底しロタウイルスの感染予防に心がけましょう


▼ ロタウイルスとは 分かりやすく ▼

ロタウイルスは主に乳幼児に感染しやすく胃腸炎を発症します

症状の特徴は「嘔吐」「下痢」で嘔吐を発症しないケースもありますが下痢症状はほとんどの感染者が発症します。

便に特徴があり、お米のとぎ汁のような白色の便。

ロタウイルス感染症は「白色便下痢症」とも呼ばれています。

ロタウイルスかな?と思ったら便の色を確認することも判断基準の一つになっています。


▼ ロタウイルス 潜伏期間 ▼

一般的には1~2日程度と言われています。

潜伏期間をえて発症 → 軽い発熱 → 嘔吐 → 下痢。

嘔吐症状が出た場合は比較的重い症状で1日に5~6回、嘔吐するのもロタウイルス感染症の特徴です。

ロタウイルス感染症は潜伏期間が短いため免疫がつくことは稀で、一度、感染しても1年以内にたびたび感染を繰り返すケースがあります。


▼ ロタウイルスの治療法 ▼

ロタウイルス感染症はウイルス性疾患ですが、今のところ抗ウイルス剤はありません。

よって治療に関しては「自然治癒力による回復」のため「安静第一」の治療を行うことになるようです。

治療に関しては何よりも安静に過ごすことを心がけましょう。

寒気や悪寒のある場合 → 温かい服装を心がけましょう

下痢による脱水症状を避けるために水分補給は積極的に。

乳幼児の場合は湯冷まし、お茶、イオン飲料を少しずつ回数を多めに飲ませてください。

また嘔吐のため水分補給を受け付けない場合は医師に相談しましょう。

食事に関しては胃に負担のかけないものが望ましい。

乳幼児の場合はバナナ、おろしリンゴ、おかゆなどを少しずつ与えましょう。

体力が回復してきたら、おかずも食べるようにしましょう。

ロタウイルス感染症がしっかり改善するには一週間、長くても10日間ていどで回復するようです。


▼ ロタウイルス 大人が感染するケース ▼

ロタウイルス感染症は乳幼児から子供、大人まで幅広く感染します。

大人が感染するケースでは二次感染が多く、大人も同じような症状を発症しますが乳幼児の症状と比較して軽症なのが特徴です。

下痢症状は2-3日、大半のケースで3日~1週間ていどで体力が回復します。

ロタウイルス感染者の嘔吐物・便の処理にはマスク、使い捨て手袋を着用するようにしましょう。

直接手に触れなくても空気中に漂っているウイルスからも感染します。


楽天 → 嘔吐物処理キットEL 2回分


アマゾン → ウィルバス500ml (200ppm)





ニュースなどの報道によるとノロウイルスなどの感染性胃腸炎が広がっているという。

最新の一週間での患者数は10年ぶりに大きな流行の予兆を示す「警報レベル」を超えているという。


◆ 手洗いをこまめにする


1週間の患者数としては2006年以来の水準となり大流行を示す「警報レベル」の基準値を超えています。

今冬のノロウイルスの特徴として遺伝子変異により感染するリスクが高まっている可能性を示唆。

厚労省は手洗いを徹底し感染予防に努めるよう呼びかけています。


◆ 感染性胃腸炎とは

細菌、ウイルス、寄生虫などの病原体が腸に感染しさまざまな消化器症状を引き起こす病気。
主に食料や飲料による経口感染、ペット・人からの感染も一部あります。
集団的に発生することが多く、これを食中毒と呼んでいます。


◆ ノロウイルス 感染してしまったら必要なモノ

〇 ノロウイルスにはアルコール消毒は効果がないため熱湯消毒か次亜塩素酸消毒が必要

〇 熱湯消毒では85度以上を1分以上

〇 使い捨てマスク、使い捨て手袋、使い捨てエプロン、大き目のビニール袋、ペーパータオル、トイレットペーパー、チラシや新聞紙、小さな子には使い捨てオムツ

〇 煮沸用鍋、タライ、バケツ、スチームクリーナー


◆ 次亜塩素酸消毒液の作り方

〇 市販の除菌スプレーが無い場合はキッチンにあるハイター、ブリーチを水で希釈して作ることができます。

〇 次亜塩素酸ナトリウム濃度5%の場合

・嘔吐物やオムツ処理は50倍に希釈したもの
・家の消毒に使う場合は250倍に薄めて使います

〇 ブリーチやハイターを薄めてもニオイはけっこうキツイ、市販の除菌スプレーで無臭で安全にウイルス対策をしましょう。


※注意 除菌剤の成分で次亜塩素酸ナトリウムと次亜塩素酸水はまったくの別物です
次亜塩素酸水は水と塩からできており食品にかかっても安全な除菌剤ですが、次亜塩素酸ナトリウムは体に有害です、消毒液としてご使用の際は十分な水洗いが必要です。


楽天で購入 → 高濃度2000ppm(0.2%) 次亜塩素酸ナトリウム


アマゾンで購入 → 次亜塩素酸ナトリウム 漂白剤 5L




↑このページのトップヘ