ウイルス予防の除菌剤まとめ

流行を繰り返すウイルスやインフルエンザ。除菌剤の成分や効果は気になるものです。ウイルス予防の除菌剤のまとめサイトです。

家の除菌・消臭対策

水害による床上・床下浸水 消毒や感染症対策が必要です


毎年、襲来する台風や集中豪雨による水害


河川の氾濫や側溝の水が溢れ衛生的にも深刻な状態になります


夏の暑さが加わることで雑菌が一層繁殖しやすくなり水害後の感染症予防は重要な課題です。


水害後の衛生対策で、真っ先に行うのは泥・汚れの除去


泥などの汚れを洗い流すか雑巾などで水拭きします。


泥が付いたまま消毒しても効果は少ないので必ず泥を除去してから消毒します。


▼ 床下浸水時の衛生対策 ▼


家の周囲や床下の汚泥をスコップなどを使って取り除きます

水が溜まっていたら雑巾などで吸水します

水洗いできる場所は水で汚れを洗い流してください。

扇風機やサーキュレーターが使えれば強制的に乾燥させます。



▼ 床上浸水時の衛生対策 ▼


家の周囲や床下に溜まってしまった汚泥をスコップなどを用いて除去します

また外壁や玄関など水洗いできる場所は水洗いします

特にトイレ周りやキッチンは念入りに拭き掃除をします

畳・カーペットは取り外して水洗いし扇風機などで乾燥させます

食器・調理器具は水洗いします

洗えない家具や家電の汚れは雑巾等で拭き掃除します



▼ 消毒方法 ▼


ホームセンターやドラッグストアで売っている薬剤で消毒します

消毒剤は多量に使用すると健康や環境に影響を及ぼすことがありますので、必要最小限の使用を心がけましょう。



▼ 一般的な消毒剤 ▼


◆ アルコール消毒液


◆ 次亜塩素酸ナトリウム(家庭用塩素系漂白剤など)・・・0.02%の消毒液にする場合次亜塩素酸ナトリウム液2mlに水を加えて1リットルにする。


◆ 塩化ベンザルコニウム液10% 500ml入 (逆性石鹸)・・・0.1%の消毒液にする場合は塩化ベンザルコニウム液10mlに水を加えて1リットルにします。



▼ こんな記事も読まれています ▼

参照 → 生理食塩水 経口補水液

参照 → 人間エアコン ヘルメットエアコン 熱中症対策

参照 → 玄関のドアや鍵の不具合 防犯対策も兼ねて修理

参照 → 呼び出しマイク toa

参照 → 折り畳みヘルメット オサメット

洗濯に使う洗剤でオキシクリーンってあるんですが、何でもSNSで「オキシ漬け」なる掃除の仕方が流行っているそうです。

ただ漬け置き洗いなので「そんなの昔からやってるわよ~」って言っているお母さんたちの間でも絶賛されているそうです。

洗濯以外の用途が多くオキシクリーンって「こんなに便利だったの?」と、目から鱗の情報も満載なんだとか。


何はともあれ「オキシ漬け」をマスターするだけで我が家が快適な空間になることは間違いありません。


▼▼▼ オキシ漬けの基本のキ ▼▼▼


・ 40~60℃くらいのお湯にキャップ1杯のオキシクリーンを入れます

・ 粉末が完全に溶けるまで混ぜます

・ あとは汚れものを漬けるだけ


簡単すぎます~なんの悩みもありません。

衣類の洗濯やまな板や食器などキッチン周りの「オキシ漬け」

果てはラグやカーテン、カーペットまでの「オキシ漬け」と家中をクリーンにしてくれます。


▼ こんな汚れで困っている方は注目 ▼

・ 食べこぼし
・ 調味料汚れ
・ 油汚れ
・ 泥汚れ
・ ワインのシミ汚れ
・ 血液
・ 汗染み
・ 黄ばみ

どの汚れも落ちにくい汚れの代名詞みたいなものですね。

これをオキシクリーンで「オキシ漬け」するだけで簡単にキレイにしてくれます。


▼ オキシクリーンのパワー ▼

・ 酵素の泡が汚れを分解し洗浄してくれます

・ 塩素系漂白剤では色柄ものには不向きだけどオキシクリーンなら酵素の力で汚れだけを洗浄してくれるので色・柄物にもOK

・ 無臭タイプなので嫌なツーンとした臭いもなく消臭効果でニオイもシャットアウト


酸素系漂白剤をまだ使ったことがない方は是非、オキシクリーンで驚きのパワーを実感してくださいね。


◆ 楽天 → 日本版・オキシクリーン(500g) 酸素系漂白剤


◆ アマゾン → OXICLEAN(オキシクリーン) STAINREMOVER 4.98kg シミ取り 漂白剤

地震や災害でやむなく避難所生活が長引くケースが多くなります。


集団生活の中での避難所生活で気をつけたい感染症対策とはどのような対策となるでしょう。


特に暑い夏の避難所生活では脱水症や熱中症の対策も必要になります。


避難所を含む被災地では衛生状態が悪化し感染症が蔓延しやすい状況になります


手洗い・手指の消毒など一般的な感染症予防を心がけましょう



◆ 風邪などの呼吸器の感染症

・ 咳・クシャミの際は周りの人から顔をそむける

・ 咳が出るときはマスクの着用

・ 外から帰った際は手洗いや手指の消毒


◆ ノロウイルス等の感染症

・ 調理前、食事前、トイレ後は丁寧な手洗いを心がけましょう

・ 水が不十分で手洗いができない場合は手指消毒で代用

・ 排泄物、嘔吐物、おむつ処理は素手で行わないようにしましょう

・ 汚染されたものの消毒には塩素系の消毒剤を使いましょう



◆ レジオネラ症

・ 河川や土壌に広く存在するレジオネラ菌はガレキの除去等の際に感染する恐れがあります

・ 特に高齢者の発生が多く重症化すると死亡するケースもあり注意が必要です

・ ガレキ撤去等の作業の際はマスクを着用し感染予防しましょう



◆ 破傷風

・ ケガの傷口が泥などで汚れていると感染します

・ 土壌の中には破傷風菌が存在します

・ 傷口が泥で汚れていたりガレキなどでケガをした際は医師の診察を受けましょう



◆ 避難所での熱中症対策

・ 喉が渇いていなくても水分や塩分をこまめに摂りましょう

・ 室温をこまめに確認し扇風機やエアコンで調節します

・ 外出時は帽子を着用、休憩はこまめに

・ 衣服は通気性があり吸湿性のあるものを着用

・ 冷たいタオルなどで体を冷やします

・ 気温が上昇した日は家の片付け作業や車内は特に注意が必要です

・ 自力で水が飲めない、意識がない時はすぐに救急車を



被災地の避難所では水の供給が十分でないケースが多くなります。

ウエットティッシュや手指消毒液などて手洗いするだけでも一般的な感染予防には効果があります。

水で手を洗う際もタオルの共用は避け、ウエットティッシュ・ペーパータオルなどで拭き取るようにしましょう。

歯磨きができない場合などもウエットティッシュで口の中や歯の表面を拭くだけでも良いそうです。

家の排水溝、排水管の掃除にはピーピースルーがおすすめ

キッチン、洗面所、トイレ、お風呂などの水回りの悪臭や詰まりにはピーピースルー

詰まりや悪臭の原因である油脂やスライムなどをピーピースルーの化学反応で即座に解決

強力な発泡作用と発熱作用で排水管の汚れを取り除いてくれます。

衛生的で安全に使える洗剤としてプロの方も使用しています。

医薬用外劇物にも指定されていない環境に配慮したパイプクリーナーです。


ピーピースルーF 使い方

・本剤約150gを排水口の周りにまきます
・薬品の外側に沿って水か温水約400-500mlを静かに注ぎ薬剤を排水口流し入れます
・そのまま30分-1時間、一晩放置したのち多量の水で押し流します

※薬剤の1回の使用量の目安は1/4程度

詰まり予防や悪臭防止のために月に2回くらい定期的に洗浄しましょう


楽天ではピーピースルーFの3本セットが安くなっています。

1本では足りないかな?」って時には3本セットがおすすめ

※ ピーピースルーFを試しに使ってみたい方には単品もあります。

楽天市場 → 【排水管洗浄剤】ピーピースルーF 600g×3本セット【配水管洗浄剤】


除菌対策の意識が強くなる時期として梅雨時が多く次いで冬場のウイルス対策と続いている

梅雨時の除菌対策の場所としては

1位 キッチン 88.7%
2位 トイレ
3位 洗面所・お風呂回り

などの順になっておりキッチンの除菌対策としては食中毒予防が挙げられています

また年代によっても除菌に気を付ける場所も違い高い年齢層ではトイレ、キッチン、お風呂回り
低い年齢層では食卓、リビングに除菌対策の意識が強くなっています。

実践している除菌対策としては

アルコール除菌 スプレータイプ 71.7%
塩素系洗剤 50.9%
アルコール除菌 拭くタイプ 46.4%

台風被害による除菌・消毒

台風や大雨による床下、床上浸水による除菌・消毒の方法としては

床下浸水の場合
・家の周囲、床下にある不要なものの片づけや汚泥などを取り除きます
・床下は雑巾などで吸水し扇風機・サーキュレーターなどで強制的に乾燥させます。

床上浸水の場合
・家の周囲の片づけ、汚泥などを取り除きます
・床下は吸水し扇風機などで乾燥させます
・水が引いた後は濡れた畳や家屋の不要物の片づけ
・食器、調理器具等は水洗いで汚れを落とし消毒します
・食器棚、冷蔵庫などの汚れをキレイに拭き取り消毒します

消毒薬の使用上の注意

・長袖、長ズボンの着用
・メガネ、ゴム手袋、マスクの着用
・人体の皮膚や目にかからないよう注意してください。

◆ ご家庭での除菌対策におすすめ → 細菌対策・水害対策用 MRA-8 300ml【楽天24】

◆ 広範囲での消毒におすすめ → 殺菌・消毒に兼一薬品工業 消毒用エタノールMIX30L(500ml×60)

↑このページのトップヘ