ウイルス予防の除菌剤まとめ

流行を繰り返すウイルスやインフルエンザ。除菌剤の成分や効果は気になるものです。ウイルス予防の除菌剤のまとめサイトです。 サライウォーター 楽天

家の除菌・消臭対策

塩素 

体に必要な成分であるけど水道水の残留塩素などは「体に悪いよ~」とよく言われていますね。

体に悪いものを水道水に入れてるの?」

という疑問が沸々と湧いてきますが、水道水に入れている塩素は水の細菌をやっつけてくれるので一概に悪い物とばかりは言えないようです。

が、塩素にはトリハロメタンが含まれていて発がん物質のひとつとされています。

う~ん、なんだか厄介な物質のようですね。塩素は。


体の中では胃液として塩酸を分泌してくれています。

気体の状態の塩素ガスは毒性があるし殺菌剤として使う場合は取り扱いに注意しないと危険なものになってしまいます。

漂白剤や洗剤の中には塩素系と酸素系のものが売られていますが混合して使うと有毒なガスが発生してしまうので注意が必要です。

特に掃除の際は取り扱いには細心の注意が必要です。


また入浴時の水道水に含まれる残留塩素も髪や肌には良くないもの

塩素は酸性ですので髪の毛のキューティクルをキズつけたり乾燥しやすくなるため肌が痒くなったり髪の毛がパサついたりと美容には大敵のようです。


塩素 体への影響とは

・ ガンへのリスク
・ 肌細胞の破壊
・ アトピー性皮膚炎のリスク
・ ビタミンの破壊


残留塩素を中和する方法

・ 水道水を活性炭で濾過する
・ ビタミンC・アスコルビン酸を入れる
・ 備長炭で濾過
・ 天然塩、重曹なども


▼ 髪の毛や肌を残留塩素から守るには ▼


◆ お風呂に → ビタミンC(L‐アスコルビン酸) 溶けやすい 粉末 原末 1kg 塩素除去


◆ 入浴剤 → 塩素中和入浴剤【湯まいるど】


◆ シャワーに → 塩素除去シャワー・ピュアストリーム2 本体(カートリッジ付き)







ご自宅のキッチンの除菌対策は、と聞かれると

特別何もしていない

フキンで拭いているから大丈夫

など菌が発生する場所だけど意外と無頓着な方も多いようです。


でも乾燥する冬のウイルスはアルコール除菌剤にも強い性質を持っているウイルスも少なくありません。

だからと言って塩素系の消毒剤は体に危険だから使いたくない

こんなキッチンの除菌にお悩みの方にお勧めなのがキューピーのタマゴ生まれの除菌剤ケイブランシュ


タマゴ生まれの除菌剤って何かしらキューピーらしい発想ですね


ケイブランシュの中身は「卵成分」「アルコール」「」だけで出来ています

100%食品由来の成分なので安心してお使いいただけます



さっと吹きかけて5秒でウイルス・細菌を99.9%除去

100%食品由来の成分なので口に入るものにも安心してご利用頂けます。

キユーピーが自信をもってお届けする キッチン用アルコール除菌スプレーです。

ぜひこの機会にお試しください

単品価格は1200円ですが送料は別にかかります

3本セット3,600円で送料無料になっています。


◆ 公式通販 → キッチン用アルコール除菌スプレー K Blanche


ケイブランシュは上記の公式通販の他にもアマゾンや楽天でも販売しています


◆ アマゾン → キユーピー K Blanche(ケイブランシュ)

◆ 楽天 → ノロ クリアプロテイン配合 キューピー K Blanche(ケイブランシュ)


普通、除菌剤といえば6か月から長くても1年くらいしか保存がきかないものが多いですね。


地震や台風などで除菌したい時に限って「除菌剤がない

コンビニやスーパーでも売り切れ

避難所でもすぐに品薄

肝心な時に除菌剤がないと感染症の蔓延や衛生的にも過酷な生活が余儀なくされます。


こんな時に保存できる除菌剤があるとかなり助かります。

しかも保存期間は約3年間

これを可能にしたのがタブレット状の次亜塩素酸


▼ 3年備蓄除菌タブレット 使い方 ▼


タブレットを水に溶かすだけで次亜塩素酸水が出来上がります

出来上がった除菌剤はそのままスプレーに入れて除菌や消臭に使えます

1粒を6リットルの水で溶かすと100ppmの次亜塩素酸水の除菌剤としてご利用できます。

水の量が少ないと漂白効果が高まりますので注意しましょう。

消臭スプレーとして使う場合は必ず薄めてご利用ください。


超音波加湿器でも使える

部屋の空間除菌には超音波加湿器でもご利用いただけます

蒸気式加湿器やスチーム加湿器では除菌能力が発揮できません。


その他に水タンクや水槽の除菌にもご利用いただけます。


▼ 更にこんな使い方や感想も ▼


・ インフルエンザの流行時でも我が家では被害がありませんでした

・ 錠剤は使い慣れればかなり良いし予備として保存も効くのでローリングストックしながら使っています

・ 加湿器に少し入れるだけでも消臭効果は高いようです

・ 冬はインフルエンザ、夏はノロと食中毒予防で使っています

・ タブレットは場所を取らなくてイイ

・ 冬は売り切れになることが多いので楽天のセールでストックするようにしています

・ これを使うと加湿器のヌメリも無くなり手入れが楽です


◆ 楽天 → アンチウイルスアクアのタブレット6錠


◆ アマゾン → 次亜塩素系除菌剤アンチウイルスアクア タブレット6錠


水害による床上・床下浸水 消毒や感染症対策が必要です


毎年、襲来する台風や集中豪雨による水害


河川の氾濫や側溝の水が溢れ衛生的にも深刻な状態になります


夏の暑さが加わることで雑菌が一層繁殖しやすくなり水害後の感染症予防は重要な課題です。


水害後の衛生対策で、真っ先に行うのは泥・汚れの除去


泥などの汚れを洗い流すか雑巾などで水拭きします。


泥が付いたまま消毒しても効果は少ないので必ず泥を除去してから消毒します。


▼ 床下浸水時の衛生対策 ▼


家の周囲や床下の汚泥をスコップなどを使って取り除きます

水が溜まっていたら雑巾などで吸水します

水洗いできる場所は水で汚れを洗い流してください。

扇風機やサーキュレーターが使えれば強制的に乾燥させます。



▼ 床上浸水時の衛生対策 ▼


家の周囲や床下に溜まってしまった汚泥をスコップなどを用いて除去します

また外壁や玄関など水洗いできる場所は水洗いします

特にトイレ周りやキッチンは念入りに拭き掃除をします

畳・カーペットは取り外して水洗いし扇風機などで乾燥させます

食器・調理器具は水洗いします

洗えない家具や家電の汚れは雑巾等で拭き掃除します



▼ 消毒方法 ▼


ホームセンターやドラッグストアで売っている薬剤で消毒します

消毒剤は多量に使用すると健康や環境に影響を及ぼすことがありますので、必要最小限の使用を心がけましょう。



▼ 一般的な消毒剤 ▼


◆ アルコール消毒液


◆ 次亜塩素酸ナトリウム(家庭用塩素系漂白剤など)・・・0.02%の消毒液にする場合次亜塩素酸ナトリウム液2mlに水を加えて1リットルにする。


◆ 塩化ベンザルコニウム液10% 500ml入 (逆性石鹸)・・・0.1%の消毒液にする場合は塩化ベンザルコニウム液10mlに水を加えて1リットルにします。



▼ こんな記事も読まれています ▼

参照 → 生理食塩水 経口補水液

参照 → 人間エアコン ヘルメットエアコン 熱中症対策

参照 → 玄関のドアや鍵の不具合 防犯対策も兼ねて修理

参照 → 呼び出しマイク toa

参照 → 折り畳みヘルメット オサメット

洗濯に使う洗剤でオキシクリーンってあるんですが、何でもSNSで「オキシ漬け」なる掃除の仕方が流行っているそうです。

ただ漬け置き洗いなので「そんなの昔からやってるわよ~」って言っているお母さんたちの間でも絶賛されているそうです。

洗濯以外の用途が多くオキシクリーンって「こんなに便利だったの?」と、目から鱗の情報も満載なんだとか。


何はともあれ「オキシ漬け」をマスターするだけで我が家が快適な空間になることは間違いありません。


▼▼▼ オキシ漬けの基本のキ ▼▼▼


・ 40~60℃くらいのお湯にキャップ1杯のオキシクリーンを入れます

・ 粉末が完全に溶けるまで混ぜます

・ あとは汚れものを漬けるだけ


簡単すぎます~なんの悩みもありません。

衣類の洗濯やまな板や食器などキッチン周りの「オキシ漬け」

果てはラグやカーテン、カーペットまでの「オキシ漬け」と家中をクリーンにしてくれます。


▼ こんな汚れで困っている方は注目 ▼

・ 食べこぼし
・ 調味料汚れ
・ 油汚れ
・ 泥汚れ
・ ワインのシミ汚れ
・ 血液
・ 汗染み
・ 黄ばみ

どの汚れも落ちにくい汚れの代名詞みたいなものですね。

これをオキシクリーンで「オキシ漬け」するだけで簡単にキレイにしてくれます。


▼ オキシクリーンのパワー ▼

・ 酵素の泡が汚れを分解し洗浄してくれます

・ 塩素系漂白剤では色柄ものには不向きだけどオキシクリーンなら酵素の力で汚れだけを洗浄してくれるので色・柄物にもOK

・ 無臭タイプなので嫌なツーンとした臭いもなく消臭効果でニオイもシャットアウト


酸素系漂白剤をまだ使ったことがない方は是非、オキシクリーンで驚きのパワーを実感してくださいね。


◆ 楽天 → 日本版・オキシクリーン(500g) 酸素系漂白剤


◆ アマゾン → OXICLEAN(オキシクリーン) STAINREMOVER 4.98kg シミ取り 漂白剤

↑このページのトップヘ