ウイルス予防の除菌剤まとめ

流行を繰り返すウイルスやインフルエンザ。除菌剤の成分や効果は気になるものです。ウイルス予防の除菌剤のまとめサイトです。

インフルエンザ対処法・風邪予防

今年のインフルエンザの流行は「早いのでは」といわれていますね。

9月の中旬ですでにインフルエンザ患者が137人と発表

昨年の同時期に比べ5.7倍増

今期のインフルエンザの流行が例年よりも早まる見通しだという。

すでに学年閉鎖は5校、学級閉鎖は4校

沖縄、島根、広島、三重、宮城、愛知、佐賀などで今季初の学級閉鎖があった。

早期の集団感染の原因は分かっていませんが手洗い、マスクの着用などで感染を広げないように徹底してほしい、と話しています。


インフルエンザ、患うと高熱が出てかなりシンドイ・・・

体の節々が痛くなり食欲もなくなります。

そんなインフルエンザの予防と対策を5つにまとめています。


◆ インフルエンザ 免疫力の高め方

〇 栄養バランスのとれた食事
〇 日本食に良質な植物性タンパク質、動物性タンパク質を多めにとる。
〇 ビタミン不足にはサプリメントで補給
〇 しっかりと睡眠
〇 鼻・喉が乾燥しないようにする
〇 人混みを避ける
〇 特に病院は行かないで済むなら控える。
〇 外出時はマスクの着用

楽天市場 → 【お徳用TB送料無料】 オーガニック エキナセアティー [1.5g×80p] 業務用


◆ インフルエンザ 部屋の消毒

〇 次亜塩素酸ソーダ系除菌剤
〇 グルタラール系除菌剤
〇 部屋の換気
〇 エアコン・空気清浄機・加湿器などによるウイルス除去
〇 家具、寝具の拭き取り掃除
〇 部屋全体の掃除機での清掃

楽天市場 → 次亜塩素酸水 コモスイ家庭用セット


◆ インフルエンザ予防の手洗いとウガイ

一説によると手洗いは効果があるがウガイはさほど効果が期待できない、という意見もあり迷うところでありますが乾燥予防からもウガイは良いと思います。

〇 ウガイはガラガラした後にゴックンと飲む
〇 寝ている時に風邪に罹りやすいということでマスクをつけて寝ています。
〇 加湿器などを使用し湿度に注意する
〇 手洗いは薬用せっけんでしっかり洗う
〇 紅茶、緑茶でのウガイ
〇 帰宅時は外出の際の服を脱ぐ
など、手洗いやウガイに対しても色々と対策はありますので参考にしてみてはいかがでしょうか。

楽天市場 → ミューズ ノータッチ泡ハンドソープ 詰替え ボトル グレープフルーツの香り(250mL)


◆ インフルエンザ時のマスクの使い方

マスクの着用に関してはマチマチの回答が多いです。
予防のため寝るときも保温効果を期待して着用している方や元気なうちからマスクを着用していると羅患した時も比較的軽度で済む、などの意見が多いです。

またマスクの交換時期はいつ?との質問には
マスクメーカーからの回答では「流行時期は一日中」家でも外でもマスクを着用しているほうが良いと思います、という回答。
通常の使用であれば1日1枚、という頻度での使い方が良いそうです。

マスクの表面にはウイルスがついていますので、接触しないように扱うのが良い。

インフルエンザに罹っている時は再着用はせず「その都度」取り外しごとの交換が望ましい、ということです。
マスクを選ぶ際は自分の顔にフィットするものを選ぶようにしましょう。

楽天市場 → 【日本製マスク】【pm2.5・pm0.5・粉塵対策】ヘレウスデンタルマスク Mホワイト 50枚入


◆ 予防接種の効果

インフルエンザに罹るかどうかは運任せの場合も少なくありませんね。
ワクチン接種をしても異なるタイプのインフルエンザが流行ってしまったら罹ってしまいます。

またワクチン接種にはお金もかかることから予防接種を控える方も少なくない。
ただ予防接種が義務と任意の時代で比較した場合、学童の羅患率や死亡率はそれほど差が無いのに対し高齢者や乳幼児の死亡率が低かったというデータがあります。
インフルエンザの予防接種を受けるか否かは家族構成や状況に応じ健康上弱い立場のいるご家庭においては、その方たちにうつさない大人な対応が必要な時もあります。




夏の免疫力アップの食材なら梅干しが一番

尚且つ、水素スパで血行促進効果を高めることで疲労知らずの体になり、夏バテ対策としてもお勧めである。

和食から洋食に偏りだすと気になるのが体の酸性化

梅干しには酸性に傾いてしまった体を中和してくれる働きがある

脂っこい食事が続いた時などは冷蔵庫にある梅干しを一粒舐めるようにしましょう。


▼▼▼ 梅干しが体に良いわけ ▼▼▼

人の体が酸性に傾くと疲れが溜まったり肩こりの原因にもなる

また、イライラしがちになり便秘や肌荒れになったりするのも体が酸性に傾くことで起こりやすくなります。

酸性に傾いた体を弱アルカリ性に戻すにはアルカリ性の食事を摂るのが一番

アルカリ性の食事と言えば野菜・海藻・梅干し

特に梅干しは少量でも効果が高いことから特に夏場の食事には欠かせない食材

梅干しの酸っぱさはクエン酸なので微生物の繁殖を抑える働きもある

お弁当やオニギリに梅干しをいれることは食材の傷みを防ぐうえでも理にかなったことと言えます

またクエン酸には胆汁の働きを活発してくれる作用もあり、食中毒の原因菌でもある腸炎ビブリオ菌を殺菌する作用もあります。

食事で摂れる糖質にもクエン酸は影響がありクエン酸サイクルというエネルギーを作る源にもなっています。

もし、クエン酸が不足していたなら疲労物質の乳酸や体脂肪の原因である脂肪酸が増える原因にもなります。

食欲が落ちる夏に梅干しを食べることで疲労物質を溜め込まずに元気に過ごせるのもクエン酸のお陰ではないでしょうか。


▼▼▼ 夏の水素風呂が体に良いワケ ▼▼▼

暑い夏はとかくシャワーで手軽に済ますことの多い入浴

水素風呂に入ることで様々な良い効果が期待できることをご存知でしょうか

・汗がたくさん出る
・肌がツルツルになる
・体の温かさが長時間続く
・お風呂に入るとリラックス効果が出る
・よく眠れるようになる
・翌朝の目覚めが違う
・体が軽くなったように感じる
・便秘が改善したようだ
・夏の冷え性が改善したようだ

などなど水素風呂に入ることで血行が良くなり代謝もアップし様々な良い効果を生み出しているようです。

暑くて食欲がなく体がダルイと感じたときこそ「梅干し」と「水素風呂」の良さを是非実感してくださいね。


▼ 楽天でお勧めの梅干しと水素風呂 ▼


◆ 楽天 → デトキシャン水素スパ!トルマリン×2袋!大和鉱石×2袋

◆ 楽天 → 大谷の梅干し(はちみつ味600g/しそ600g/まろやか600g)

インフルエンザに漢方薬?

麻黄湯(まおうとう)という漢方薬なのですが年々使われる方が増えているという。

ただお薬なので飲み方を誤ると効果が期待できなくなるばかりか副作用の心配もあるというので服用の際は注意が必要です。

例えば麻黄湯には動悸、頻脈、血圧の上昇の副作用があるため「高齢者」「心臓病」「高血圧」などの持病がある方は使えない、ということ。

お孫さんがインフルエンザに罹って麻黄湯で回復したとしても、それをうつされた、おじいちゃんおばあちゃんが使用する際は漢方医、漢方薬剤師に相談しないといけないということになりますね。

また、麻黄湯は誰が飲んでもインフルエンザに効くわけでは無く条件がマッチした時に効果が表れる漢方薬のようです。

では、どのような条件の時に効果が表れるのでしょう

・インフルエンザのごく初期段階でゾクゾクしていて汗をかいていない状態の時

・麻黄湯を飲み始めて汗が出たら飲むのを止めます

・インフルエンザや風邪の初期段階でゾクゾク寒気がするときに短期で飲む

・汗をかいている時は麻黄湯は使わない

・麻黄湯が効く体質ではガッチリ体型型、胃腸が丈夫、夏バテしない、声が大きい、寝汗をかかない、などの体質に向いている漢方薬のようです。


漢方薬は飲む人の体質やタイミングによって効果が表れたり半減したりするお薬なのでご自身に合った漢方薬を見つける場合は漢方医などに相談しましょう。

「インフルエンザに効く漢方薬」ということだけで過信することは禁物のようです。

また麻黄湯にはインフルエンザを予防する効果はないということです。

漢方薬でインフルエンザを予防したい場合には板藍根(バンランコン)をお茶にしたものを1日1回飲むと良いと知り合いの漢方薬剤師が勧めていました。

ただ板藍根は体を冷やす作用が強い漢方薬なので高齢者や冷え性の方、小さい子供はインフルエンザ予防として長期間服用することは避けた方が良いようです。


◆ 楽天市場 → 【第2類医薬品】クラシエ薬品 「クラシエ」麻黄湯エキス顆粒 45包

◆ Amazon → 【第2類医薬品】ツムラ漢方麻黄湯エキス顆粒 8包


◆ 楽天市場 → 板藍根粉末顆粒 1.0g×50包

◆ Amazon → のみやすい板藍根 1g×36包

森永の「食べるマスク」として人気が高いシールド乳酸菌タブレット

全国のドラッグストアやスーパーを中心に爆発的な売れ行きを示しているという。


◆ シールド乳酸菌の秘密

森永乳業が保有する数千株の中から選ばれた乳酸菌。

その目的は「免疫力を高める」乳酸菌

名前の由来となっているシールドは盾のように外敵から防御することをイメージしてつけられています。


シールド乳酸菌を摂取したマウスでの実験ではインフルエンザ感染の症状が軽減されることを確認されている。

また、肺でのウイルスの増殖が抑制されているのも確認されています。

体を守る仕組みである免疫力を高めることで病気やガンから体は守られています。

免疫力は成長とともに高くなっていきますが加齢とともに低くなり病気にかかるリスクも高くなります。

普段の食生活においても免疫力が高まる食品摂取が重要になってくるとともに運動などで体を鍛えることも有効です。

例えば食中毒で同じ病原菌を含んだ食べ物を食べた場合でも免疫力が高いと病原菌の増殖を抑える結果となり症状が軽減されたり、まったく症状が出ないことがあります。

日ごろから病原菌に感染しにくい強い体質を作ることが重要です。





◆ 楽天市場 → 森永たべるマスク シールド乳酸菌タブレット33g×6袋入

◆ Amazon → 森永製菓 シールド乳酸菌タブレット 33G×6袋


レビューポータル「MONO-PORTAL」

ビタミンC、よく女性の美肌や美容に良いと聞く成分ですね。

実はこのビタミンCがガンや風邪予防に驚くべき効能があると、まとめられた本があります。

ビタミンCの大量摂取がカゼを防ぎ、がんに効く」という本なのですが「ビタミンCの大量摂取」を奨励している衝撃的な本です。

通常サプリメントの大量摂取は望まれてはいないのですが、あえて大量摂取をタイトルに持ってくるとは大胆な本ですね。

本の構成は以下の通り

第一章 ビタミンCが「ガンを殺す」という衝撃的事実

第二章 「真実」にいたるまでの長い戦い

第三章 ヒトから失われた「ビタミンC合成能力」

第四章 ガン以外にも驚くべき効果がある

第五章 「劇的な効果」を得るための摂取方法

第六章 ビタミンCは安くて、しかも副作用の心配がない


本のタイトルは大胆ですが意外にも評価は高い☆1☆2の評価は該当なし

内容的には面白く一気に読める本だと思う。

実際に風邪をひいた時は実践してみたが効果のほどはあまり感じられず☆評価は低い。
でもビタミンCは飲み続けていくつもりです。

ビタミンCを大量に摂ることで色々な病気に良いとされていたが医学会が儲からないと反対していた、事実が面白い。

よくエボラ出血熱のワクチン開発でこの「金儲け」が話題になりますが、まさにビタミンCも同じような道を歩んでいたんですね。

☆5のレビューではアスコルビン酸で風邪予防を実践し記述通りの効果が出た、というレビューもあり参考になります。

半信半疑で飲んでもビタミンCだから安心感はありますね。

男性の方なら健康維持に女性には美容にと嬉しいプラスが増えるは良いことだと思います。

ビタミンCの効果や効能にご興味を持たれた方は是非、本も読んでくださいね。

◆ 楽天 ビタミンC 売れ筋

  




◆ 楽天ブックス → ビタミンCの大量摂取がカゼを防ぎ、がんに効く [ 生田哲 ]

◆ Amazon → ビタミンCの大量摂取がカゼを防ぎ、がんに効く (講談社+α新書)

↑このページのトップヘ