ウイルス予防の除菌剤まとめ

流行を繰り返すウイルスやインフルエンザ。除菌剤の成分や効果は気になるものです。ウイルス予防の除菌剤のまとめサイトです。 サライウォーター 楽天

インフルエンザ・風邪






今年はインフルエンザの流行が早いかも知れません。


9月2日には既に東京で学級閉鎖のところも


早めのインフルエンザ対策を取っておきましょう


風邪やインフルエンザの時期によく聞くようになった咳エチケット


咳エチケットでインフルエンザにかからない、うつさない


咳エチケットは風邪やインフルエンザの感染拡大防止のルール


まずは「かからない」そして、もしかかってしまったら出来る限り周りの人に「うつさない」をしっかり覚えて実行しましょう


咳エチケットのポイント


ポイント1

せき、クシャミをするときはティッシュなどで鼻と口を覆います
使ったティッシュはビニール袋などに入れ口を閉めてゴミ箱へ


ポイント2

とっさの時は衣服でカバー
急な咳やクシャミはできるだけ衣服の袖や上着の内側で鼻と口を覆います
とっさに手で覆ったときは石鹸でしっかり洗います


ポイント3

マスクの着用
インフルエンザウイルスはマスクを通り抜ける小ささですが
ウイルスを含んだ飛沫を捉えることで予防に繋がります


楽天で購入 → 50枚 +1枚 白 ホワイト 箱 不織布マスク



アマゾンで購入 → 【東亜】VIRUS SHUT OUT(ウイルスシャットアウト) 首下げタイプ空間除菌剤 約30日間用 ×5個セット











痰は喉の粘膜が炎症を起こして出てくる分泌液が痰になります

ほとんどの場合、風邪などの咽頭炎から起きますが乾燥が影響している場合もある

11月から3月頃までは気温が低いだけでなく空気がカラカラに乾燥しており

その乾いた空気をじかに取り入れると喉や鼻の粘膜は炎症を起こしやすくなります。

またクーラーを使用する季節も室内が乾燥しやすく症状が強くなることもあります。

そんな厄介な痰を切る食べ物や飲み物はあるのでしょうか。

ほとんどの医師の見解では「特にない」という回答がもっとも多かったのですが

わずかばかりの回答の中には大根やアロエ飴、杏という回答もあります。

単純に水を飲む、ウガイというコメントも多い


痰を切る食べ物

特にないと回答した医師の見解では

・ウガイが一番良い
・レンコンが有用
・水分摂取

などのわずかなコメントはありましたが「食べ物では難しい、期待できない」という回答が多い

食べ物を選択した医師の中には「民間療法」と前置きしながらも

・大根
・大根をハチミツに漬けたもの
・大根のすりおろした汁
・アロエ飴
・杏は去痰薬にも使われている
・杏やカリンは効果があると思う
・銀杏は一応薬用成分が入っている

その他の意見としてパイナップルジュース、パパイヤジュース、ハチミツというコメントもあります。

痰を切るのに効果的な食べ物はないとしながらも

薬に頼らずに食べ物で痰を何とかしたいとお考えの方はこれらを試してみてはいかがでしょう。



痰を切る飲み物

こちらも「特にない」という回答がもっとも多く水分摂取は良いとのこと

・はちみつレモン ハチミツは咳を減らす
・ビタミン入りの甘い飲み物が良い
・蜂蜜で喉を温めて血流をよくする
・お茶のカテキンは良いと思う
・温かいスープ
・レンコンジュース
・かりんジュース

などの飲み物で温められたものは痰を切る効果が期待できるようだというコメントも多い


楽天 → 300g あんず


楽天 → 国産 レモン 広島 瀬戸田レモン 470g×2個セット はちみつレモン 輪切り コンポート









日本の保存食でお馴染みの梅干し。


オニギリやお弁当の真ん中に鎮座している梅干し


その殺菌効果から食中毒予防にも役立っていますね。


そんな万能保存食の梅干しの効果や効能を良く理解し健康に役立てましょう。


〇 食中毒菌、黄色ブドウ球菌の増殖を抑えます

〇 梅干しのクエン酸で免疫力を高めましょう

〇 口内細菌にも有効、お口の臭いが気になる時は梅干し

〇 梅干しのエキスから抽出したエポキシリオニレシノールはインフルエンザウイルスの増殖を90%抑制

〇 梅干しは免疫細胞のマクロファージを活性化させるので免疫力がアップ

〇 胃がんの原因菌、ピロリ菌をも抑制

その他にも梅干しには動脈硬化、心臓病、など心血管系疾患の予防にも


体には良いと聞いていましたが、これほどまで健康に役立つ食材だったとは・・・


夏場はお弁当が傷みやすいのでセッセと食べていたのですが、冬の乾燥する季節にも口臭予防やインフルエンザ予防、免疫力の活性化など様々な活躍をしているんですね。

寒い季節こそ梅干しパワーで元気に乗り切りましょう。


梅干しの入ったご飯は腐敗しにくいと昔から言われていますが単なる言い伝えではありません。


梅干しには制菌作用があるため、ご飯が傷みにくくなります。


黄色ブドウ球菌と大腸菌を使った実験では37度で一晩温めた結果

梅干しが入っていない試験管は、どちらの菌も大幅に増殖していたのに対し

梅干しが入っている試験管は菌の濁りが非常に少ない結果が出ています。


また健康な人の胃は殺菌作用のある胃液を分泌しているため食中毒は起こりにくいのですが

体調を崩している時は胃腸の働きが弱まっているため食中毒になりやすくなります。


夏にかけて食中毒が起こりやすい時期には梅干しを積極的に食べたりお弁当にいれるなどして食中毒を予防しましょう。



楽天 → 訳ありみかん蜂蜜梅800g(約30粒〜50粒程)


アマゾン → 大粒 完熟南高梅 1kg / 500g×2個


風邪やインフルエンザが流行っている時期には口ではなく鼻で呼吸をしましょう


口呼吸 鼻呼吸 違い


口呼吸

乾燥した冷たい空気やウイルスなどが、そのまま口から体の中に吸い込まれます。


鼻呼吸

鼻の中で温かく湿った空気になります。

また鼻毛でホコリやウイルスをひっかけて取り除かれます。



冬は日暮れが早く冷え込みも強くなっていくため交通事故が多発します。
路面によっては車が急に止まれないこともあるため横断歩道を渡る時でも注意が必要です。


寒いからといってポケットに手を入れて歩いている人を見かけることがあります。
転びそうになっても手がつけず思わぬ大怪我になってしまうこともあります。


ストーブの周りでふざけるのは危険です。
使い捨てカイロは低温ヤケドになる恐れがあるので同じところに長時間貼ったり、貼ったまま寝ないようにしましょう。


冬休みの健康生活のポイント

・ クリスマス・お正月と美味しいものが多いですが食べ過ぎには注意

・ 夜中まで面白いテレビがありますが夜更かしには注意

・ お酒・タバコを勧められても断る。

・ 家事やお手伝いなど、すすんで体を動かす。

・ スキー・スケートなど事故に注意

・ 普段忙しくて行けない、検査や治療に行きましょう





インフルエンザの流行中でも罹患していなければ学校や会社を休むわけにはいきませんね。


いっそのこと学級閉鎖や学校閉鎖にでもなってくれれば・・・


会社も閉鎖してくれないかな・・・


と願っても世の中そんなに甘くはないようです。


好むと好まざるに関わらず集団生活の中でもインフルエンザ予防は続けていきましょう。


インフルエンザの感染経路は主に飛沫感染と接触感染


飛沫感染は咳やクシャミで飛び散った飛沫の中のウイルスを直接吸い込んでしまうことです。


接触感染とはドアや机など学校や会社にある色々なものについているウイルスが手につき、その手で鼻や口を触ったり食事をしたりして体内に取り込んでしまいます。


インフルエンザの予防の基本は丁寧なウガイと小まめな手洗いを行うこと

そしてキレイなハンカチで手を拭くことです。


同じハンカチを制服に入れっぱなしの人は毎日、清潔なハンカチを持ち歩くようにしましょう。


集団生活での咳エチケット

咳やくしゃみをするときは

・ 周りの人から顔を背けて、できれば1m以上離れる

・ ティッシュ等で鼻と口をおさえる。

・ とっさの時は服の袖などでカバーする

・ 手でおさえたり鼻をかんだら手を洗う


楽天 → ウィルスブロッカー ウイルスブロッカー


アマゾン → クロニタス 首かけマスク お得な2個セット


↑このページのトップヘ