ウイルス予防の除菌剤まとめ

流行を繰り返すウイルスやインフルエンザ。除菌剤の成分や効果は気になるものです。ウイルス予防の除菌剤のまとめサイトです。 サライウォーター 楽天

インフルエンザ・風邪




▼ インフルエンザのおさらい ▼

・ 帰宅後の手洗い・うがい

・ 室内の湿度を50 - 60%に保つ

・ 人混みへはマスクの着用



▼ インフルエンザワクチンの効果 ▼


早い医療機関では9月の上旬からワクチンの予約を受け付け10月上旬には予防接種が開始されているところも

ただ多くの医療機関では11月上旬から摂取を開始するところが多く10月中旬から予約を受け付けているようです。

あまり早くに予防接種をすると3月には免疫が切れてしまうこともあることを知っておきましょう

ワクチン接種から免疫が作られるまで二週間ほどかかります。


インフルエンザ、患うと高熱が出てかなりシンドイ・・・

体の節々が痛くなり食欲もなくなります。

そんなインフルエンザの予防と対策を5つにまとめています。


◆ インフルエンザ 免疫力の高め方

〇 栄養バランスのとれた食事
〇 日本食に良質な植物性タンパク質、動物性タンパク質を多めにとる。
〇 ビタミン不足にはサプリメントで補給
〇 しっかりと睡眠
〇 鼻・喉が乾燥しないようにする
〇 人混みを避ける
〇 特に病院は行かないで済むなら控える。
〇 外出時はマスクの着用



◆ インフルエンザ 部屋の消毒

〇 次亜塩素酸ソーダ系除菌剤
〇 グルタラール系除菌剤
〇 部屋の換気
〇 エアコン・空気清浄機・加湿器などによるウイルス除去
〇 家具、寝具の拭き取り掃除
〇 部屋全体の掃除機での清掃



◆ インフルエンザ予防の手洗いとウガイ

一説によると手洗いは効果があるがウガイはさほど効果が期待できない、という意見もあり迷うところでありますが乾燥予防からもウガイは良いと思います。

〇 ウガイはガラガラした後にゴックンと飲む
〇 寝ている時に風邪に罹りやすいということでマスクをつけて寝ています。
〇 加湿器などを使用し湿度に注意する
〇 手洗いは薬用せっけんでしっかり洗う
〇 紅茶、緑茶でのウガイ
〇 帰宅時は外出の際の服を脱ぐ
など、手洗いやウガイに対しても色々と対策はありますので参考にしてみてはいかがでしょうか。



◆ インフルエンザ時のマスクの使い方

マスクの着用に関してはマチマチの回答が多いです。
予防のため寝るときも保温効果を期待して着用している方や元気なうちからマスクを着用していると羅患した時も比較的軽度で済む、などの意見が多いです。

またマスクの交換時期はいつ?との質問には
マスクメーカーからの回答では「流行時期は一日中」家でも外でもマスクを着用しているほうが良いと思います、という回答。
通常の使用であれば1日1枚、という頻度での使い方が良いそうです。

マスクの表面にはウイルスがついていますので、接触しないように扱うのが良い。

インフルエンザに罹っている時は再着用はせず「その都度」取り外しごとの交換が望ましい、ということです。
マスクを選ぶ際は自分の顔にフィットするものを選ぶようにしましょう。



◆ 予防接種の効果

インフルエンザに罹るかどうかは運任せの場合も少なくありませんね。
ワクチン接種をしても異なるタイプのインフルエンザが流行ってしまったら罹ってしまいます。

またワクチン接種にはお金もかかることから予防接種を控える方も少なくない。
ただ予防接種が義務と任意の時代で比較した場合、学童の羅患率や死亡率はそれほど差が無いのに対し高齢者や乳幼児の死亡率が低かったというデータがあります。
インフルエンザの予防接種を受けるか否かは家族構成や状況に応じ健康上弱い立場のいるご家庭においては、その方たちにうつさない大人な対応が必要な時もあります。



▼ サライウォーターを使った空間除菌 ▼


サライウォーターを使った空間除菌で部屋を丸ごと除菌しましょう

この時に使う加湿器は「超音波加湿器

ショップで紹介されている超音波加湿器を使うようにしましょう

加湿器を使った除菌では10倍に希釈したサライウォーターを使うのでとても経済的です。

インフルエンザ・ノロウイルス対策としても空間除菌はお勧めです





こんな記事にも注目

サライウォーターの使い方と使用期限

サライウォーターとは 効果も知っておきましょう

サライウォーター 加湿器の使い方


世の中には不公平なことにインフルエンザにかかる人とかからない人っていると思いませんか。


インフルエンザにかかる人は毎年のようにインフルエンザに苦しみ


流行時にマスクもしていないのに全然インフルエンザを寄せ付けない羨ましい人も


そんな二人の違いってどのようなところにあるのでしょう。


まずはインフルエンザの感染経路を考えてみましょう

インフルエンザは飛沫感染、接触感染、空気感染によって感染します

飛沫感染は感染している人の咳やクシャミが周囲に飛び散り、それを吸い込むことで感染してしまいます。

接触感染は感染した人が使用したドアノブ、食器、吊革などにウイルスが付着し知らずに触った手で口や鼻を触ってしまい感染します。

空気感染は飛沫核感染とも呼ばれ、飛沫から水分が蒸発したごく小さな粒子が長い間、空間を漂い吸い込んでしまうことで感染します。



インフルエンザワクチンを打っててもかかるわけは

ワクチンは個人差もありますが接種してから二週間後に効果が出てきます

でもワクチンを接種しているのも関わらずインフルエンザにかかるケースがあります

・ 体の免疫力が落ちている
・ 睡眠不足
・ 不規則な生活
・ 冷え性で体温が低い
・ ストレスが多い

このような方はインフルエンザへの注意が必要です

・ 人混みに出かける
・ 幼稚園や学校など集団生活をしている子供と住んでいる

都市部では人混みを避けるのは不可能に近く、また感染した子供を隔離するわけにもいきません。

家庭内でインフルエンザにかかってしまったらドアノブやトイレなど共同の部分は除菌した方がいいでしょう。




マスクをしないのにインフルエンザにかからない人の特徴とは

・ 過去に同じ型のウイルスに感染し抗体を持っている

・ 感染していてもすべての人が高熱が出るわけではない

・ 風邪のような症状で終わる場合もある

・ 自覚症状が出ないだけで実はインフルエンザにかかっている。

・ まったく症状の出ない不顕性感染の場合もあります



インフルエンザの感染予防には

・ 栄養バランスのとれた食事を心がける

・ 定期的に運動し体力をつけておく

・ 外出から戻ったら手洗い・ウガイをきちんとする

・ 人混みの中に出かける際はマスクの着用

・ 部屋の中は湿度50%以上に加湿する



合わせて読みたい

マヌカハニーと蜂蜜の違い 数値の意味は

梅毒の怖いところ

インフルエンザにR-1ヨーグルトの効果とは

インフルエンザなのか風邪なのか迷ったときは





医師も驚く!! 蜂産品の相加、相乗効果!!

マヌカハニー、プロポリス、ローヤルゼリー、ミツバチ花粉の混合は

あなたの健康維持の必需品です




高い殺菌作用を持つ蜂蜜にマヌカハニーという商品をご存知でしょうか。

高い抗菌活性力を持つマヌカハニーは腸内の悪玉菌の抑制や殺菌に効果が期待され愛用している方が増えています。

少し喉が痛い時や朝の食欲のない時の栄養補給として舐めているとか。


マヌカハニーが日本で人気になった理由の一つとしてピロリ菌に効果的として一躍有名になりました。

ピロリ菌は日本人の約半数の方が感染し初期段階では胃炎や下痢を起こし胃潰瘍や胃がんの発生にもつながるという厄介な菌。


マヌカハニーの効果が期待されているものに

・ピロリ菌、大腸菌、腸球菌など胃腸疾患の改善

・虫歯、口内炎、歯周病予防

・のどの痛み

・鼻詰まりの改善

・風邪、インフルエンザ予防

・整腸作用

・コレステロール値の低下

・ヤケドの治癒

・炎症の緩和

など、様々な症状の改善や効果に期待されています。

副作用の心配がないのも安心して続けられる理由のひとつ。

お腹の調子が悪い、風邪かな・・・と思ったときは薬ではなくマヌカハニーを一舐めしてみてはいかがでしょう。


◆ 楽天 → マヌカハニー 10+ 250g (MGO 263〜513相当) 非加熱 100%純粋 生マヌカ


◆ アマゾン → マヌカヘルス マヌカハニーMGO400+ 250g

インフルエンザウイルスが私たちの体の中に潜んでいる、いわゆる潜伏期間は

わずかに1日~2日

高熱になる前の前駆症状としては

・ 体のダルサ
・ 鼻やのどの乾燥
・ 強い悪寒

風邪との症状と似ていますがインフルエンザの場合は、このような症状を感じたか感じていないかの猶予がなく

いきなり高熱、強い倦怠感、関節痛、筋肉痛の症状があらわれます。

またインフルエンザウイルスは発症する1日前から感染力を持っていると言われています。


インフルエンザウイルスの感染力は約1週間ほど持続し発症してから3日ほどが感染のピークになっています。

インフルエンザウイルスの増殖力は凄まじく、およそ8時間で100倍に

1つのウイルスが24時間で100万個になる計算です。

このインフルエンザウイルスが数千万に達すると症状にあらわれ3日目以降は減少に転ずると考えられています。

インフルエンザの予防接種を受けていても感染することがありますが、症状が比較的軽く済み熱も38度に達しないこともあるようです。



冬は感染症が多く風邪、インフルエンザ、感染性胃腸炎など似た症状の感染症が流行しますね。

お腹が痛い、胸が悪い、悪寒が走る、など症状も人によってさまざま


風邪・インフルエンザ・感染性胃腸炎の違いを知って予防と対策に努めましょう。


感染症の予防には手洗い、ウガイが基本ですが

・ 水が冷たいから指先だけ水で濡らしている

・ 水を少し含んだだけのウガイをしている

という手洗い・ウガイはやらないよりはマシかも知れませんが、あまり良い手洗い・ウガイの仕方とは言えません。

手洗いは石鹸を使って丁寧に洗い、ウガイは喉の奥まで何回もしっかりとウガイします。

水が冷たいからと言って予防に手を抜いては、あきまへん。


▼ 風邪・インフルエンザ・感染性胃腸炎 違い ▼


風邪

・ 喉の痛み
・ 鼻水
・ 咳やクシャミ
・ あまり高くない発熱

インフルエンザ

・ 普通の風邪の症状もプラス
・ 38度以上の高熱
・ からだの痛み
・ 寒気

ノロウイルスなどの感染性胃腸炎

・ お腹の痛み
・ 吐き気
・ 下痢
・ あまり高くない発熱


インフルエンザの感染経路

飛沫感染 → 感染した人の咳やクシャミでウイルスが飛び散り感染します

接触感染 → ウイルスがついたものを触り、その手で口や鼻、眼を触ることで感染します

飛沫核感染 → ウイルスを含む水分が蒸発し、ごく細かい粒子になったものが空気中を漂い、それを吸い込むことで感染します。


目には見えないけれど手にはウイルスがついていると思っていい → 手洗い予防

見えないけれど空気中に漂っていると思っていい → マスクで侵入防止




関連記事 インフルエンザやノロウイルスに次亜塩素酸水

↑このページのトップヘ