ウイルス予防の除菌剤まとめ

流行を繰り返すウイルスやインフルエンザ。除菌剤の成分や効果は気になるものです。ウイルス予防の除菌剤のまとめサイトです。 サライウォーター 楽天

インフルエンザ・風邪



◆ 楽天 → cado 空気清浄機 AP-C200PS


インフルエンザにかかると体は発熱してウイルスと闘います


インフルエンザウイルスは熱に弱く、ウイルスの増殖を防ぐために体が発熱します。


インフルエンザウイルスは約40℃で死滅します。


インフルエンザウイルスを撃退するため免疫機能の白血球を活発にするため体は発熱します。


一般的には高熱を出したときは体力の消耗や熱痙攣が起こらないように解熱剤を使いますが

インフルエンザの場合は体の免疫機能が働いて発熱するため解熱剤の投与は控えた方が良いという意見もありますが

高熱によるインフルエンザ脳症をきたすという考えもあり解熱薬や内服薬については医師の指示のもと投与するようにしましょう。


インフルエンザウイルスは乾燥した状態で1~2日生き続けます

逆に湿度を高く保つとそれほど長く生存しないことも分かっています

加湿器を使って部屋の湿度を高めたり、マイクの着用で口腔内の湿度を保つことは有効なインフルエンザ予防と言えます。


インフルエンザウイルスはマスクの網目よりも小さく、ウイルスは容易に通過しますがマスクの効果は咳やクシャミをカットしたり口腔内の湿度を高めるため感染を防いでくれます。


インフルエンザ予防接種の効果は約5か月程度で特にワクチンの接種後2~3か月の間が効果が高いと一般的に言われています。

流行が本格的になる前の秋口の頃に予防接種することが大切です。


▼ インフルエンザ 予防や対策のポイント ▼

・ 基本は手洗い、流水や石鹸での手洗いは有効でアルコール手指消毒薬も効果はあります

指輪や時計を外して正しい手の洗い方を

・ 手を濡らして液体せっけんなどで手で泡立てます
・ 手のひらと手のひらを擦ります
・ 右の手のひらで左手の甲を、左の手のひらで右手の甲をこすります
・ 指を組み合わせて指の間をこすります
・ 右手の爪は左手の手のひらにあてて擦り、左手の爪は右手の手のひらで擦ります
・ 左右の親指は反対の手のひらに包み込むようにして擦ります
・ 指先を手のひらの中央にあて円を描くようにこすります
・ 流水で洗い流し蛇口を閉めるときは素手で触れずに手を拭いたペーパータオルを使います
・ 洗った手は完全に乾燥させます。

正しい手洗いに要する時間は40~60秒を要します。

・ 咳エチケット、感染者はマスクを着用しましょう。

・ 部屋の換気と加湿、適度な湿度は50~60%

・ 学校・幼稚園、保育園では発症後5日、かつ解熱後2日を経過するまでは出席停止になります。


◆ 楽天 → サライウォーター アルコールが効かないウイルス 2.5L


◆ 楽天 → サライウォーター20L


感染症の流行る時期って大体決まっているようですね

流行の時期を知っておけば予防や対策にも役に立つのではないでしょうか

感染症によっては時期外れの流行もありますので、あくまでも目安として覚えておきましょう。


麻疹 → 春・夏 3月~8月

風疹 → 春・夏 3月~7月上旬

水疱瘡 → 冬から夏 12月~7月

おたふくかぜ → 春・夏 3月~8月

インフルエンザ → 冬・春 12月~3月

感染性胃腸炎(ロタ) → 春 3月~5月

ここまでは予防接種のある感染症です。



以下は予防接種のない感染症です

感染症胃腸炎(ノロ) → 秋・冬 11月~12月

ヘルパンギーナ → 夏 6月~7月

手足口病 → 夏 6月~8月

咽頭結膜熱(プール熱) → 夏 7月~8月

溶連菌感染症 → 秋から夏 12月~7月上旬

突発性発しん → 通年


◆ 楽天 → アルコールが効かないウイルスに サライウォーター2.5L


◆ 楽天 → リピートに サライウォーター20L


風邪のひき始めは、いつなのか

背中がゾクゾクしたり、喉が渇いたり、揚げ物料理が食べたくなくなったりと人それぞれ

そんな「風邪かな?」と感じたときにやっておきたいこととは


・ 水分補給

・ うがい手洗い

・ ゆっくり寝る

・ 体を温める


生活習慣で心がけたい風邪予防には、この4つはとても重要

風邪かな?と思ったら体を労わることをお忘れなく


食生活で風邪対策


ビタミンAは緑黄色野菜に含まれる成分で喉の粘膜を保護・強化する働きがあるそうです。

ビタミンCを風邪のひき始めに摂ると治るまでの期間が短くなると言われているそうです。

ビタミンCは免疫細胞を活性化し白血球の働きもサポート

サプリメントや顆粒、ドリンクなどでも手軽に摂取できます

この他にも

生姜は体を温め風邪予防にも有効

ミカンにはビタミンCが含まれ1日3個が推奨量だということです。

ネギには各種ビタミンが含まれ特に白い部分にはアリシンという成分が含まれビタミンB1の吸収を助けてくれます。


◆ 楽天 → 【第(2)類医薬品】パブロンゴールドA錠 210錠


◆ アマゾン → 【指定第2類医薬品】パブロンゴールド 微粒 44包


毎年、流行を繰り返すインフルエンザ 


インフルエンザ自体は自然と治っていくことがほとんどですが、まれに合併症を発症し後遺症が残る場合もあります。


特に子供のインフルエンザ脳症は急激に悪化していくので注意が必要

・ ひきつけ
・ 意識がもうろうとしている
・ 言動が不自然

などの症状がある場合は救急車を呼ぶ、小児の緊急医療を行なえる病院に連れて行きましょう。


この他のインフルエンザの合併症としては

・ 肝機能の低下
・ 胃腸障害
・ 中耳炎
・ 筋炎 → 突然歩けなくなる、足を引きずる
・ 心筋炎 → 不整脈、重症化により心停止
・ 肺炎 → 高齢者は細菌性肺炎が多く、子供の場合はインフルエンザウイルス肺炎を発症することもあります。


◆ 楽天 → インフルエンザ診療ガイド(2018-19) [ 菅谷憲夫 ]


◆ アマゾン → 学校の感染症対策 (<書籍>)


夏に流行ったヘルパンギーナやプール熱、手足口病が落ち着くのが9月ころと言われています


それと入れ替えに秋から冬にかけて流行りだすのがRSウイルス感染症やマイコプラズマ肺炎


日々の寒暖差の変化も大きく秋は感染症の入り代わりの時期にもなっています。


徐々に寒さが増してくるとやはり出す感染症とはどのようなものがあるのでしょう。



▼ 感染性胃腸炎 ※ノロウイルス ▼

ノロウイルスのピークは11月ころ

突然の嘔吐や発熱、下痢には注意しましょう

嘔吐物の処理にはアルコール消毒は効果がないので次亜塩素酸ナトリウム消毒液のご用意を



▼ 溶連菌感染症 ▼

溶連菌感染症が流行りだすのが11月ころ

発熱、嘔吐、喉の痛みなどの症状があります

治療には抗生物質を10日間~2週間くらい飲み続ける必要があります

溶連菌感染症の疑いがある時は早めの診断を受けましょう



▼ RSウイルス感染症 ▼

風邪のような症状と乾いた咳が特徴の感染症

赤ちゃんが感染すると重症化する恐れもあります

1歳未満の乳児の場合インフルエンザよりも死亡数が多いというデータも



▼ マイコプラズマ肺炎 ▼

頭痛・発熱・乾いた咳が続くときはマイコプラズマ肺炎も疑ってみましょう

保育所では集団発生の起こりやすい感染症としても有名です。



▼ 気管支喘息 ▼

一口に喘息といっても症状や対処法はさまざま

季節の変化に反応しやすい気管支喘息に注意しましょう

↑このページのトップヘ