ウイルス予防の除菌剤まとめ

流行を繰り返すウイルスやインフルエンザ。除菌剤の成分や効果は気になるものです。ウイルス予防の除菌剤のまとめサイトです。 サライウォーター 楽天

リンゴ病・風疹・麻疹・ヘルパンギーナ





ほっぺたがリンゴのように赤くなる伝染性紅斑のことをリンゴ病と言います


東北や首都圏を中心に流行が拡大しています。


リンゴ病は主に子供がかかり自然に治っていくことが多いのですが


妊婦がかかると胎児に悪影響を及ぼし流産や死産の恐れもあることから注意を呼び掛けています。


2018年10月ころから増え始めている。


リンゴ病は発病前に広がることがあるため妊婦さんは人混みを避け、外出する際はマスクの着用が勧められています。


妊婦への感染による症例では

2011年の報告によると69例が報告

流産が35人、死産が14人、中絶が3人

感染者の約半数は自覚症状がありませんでした。

半数以上が家族や子供が発病しており家庭内での感染に注意が必要です。


◆ 楽天 → サライウォーター20L アルコールが効かないウイルスにサライウォーター




関連記事 リンゴ病 子供と大人の違い



通常、春から夏にかけて流行するリンゴ病

今年は少し過去の傾向とは異なり11月から流行が拡大しています

ほっぺたが赤くなることからリンゴ病と呼ばれていますが正式名は伝染性紅斑

原因はヒトパルボウイルスB19感染で

感染した人の唾液や痰、鼻水、セキなどで感染します


10-20日間の潜伏期間後、頬に赤い発疹があらわれ手足にも網目状の発疹があらわれます

子供が感染してもほとんど重症化せずに治るのですが

大人が感染すると頬が赤くなることは少ないのですが頭痛や強い関節痛のため歩けなくなることもあります。

また

妊婦が感染すると本人は症状が出なくても胎盤を介して胎児に感染すると死産や流産の可能性がありますので注意が必要です。


都道府県別では宮城県が最も多く、新潟、東京、神奈川、岩手、埼玉、千葉、栃木、青森、山梨、山形の順


咳が出るときはマスクを着用するなどの咳エチケットを心がけましょう


リンゴ病には特別な治療薬がなく1週間~10日くらいで自然と治る、ということ。

リンゴ病の特徴としては

感染後、潜伏期間をえて軽い風邪の症状や微熱がみられ、感染性があるのはこの時期。

ほっぺたが赤くなる紅斑が出るころには感染性はなくなっている、という。

発疹が出るころには感染性がないため隔離の必要もないそうです。


夏風邪の一種で乳幼児がかかりやすいヘルパンギーナ

秋田県内での患者数が急増しているという

9月3日までの1週間で前週比87%増

9月7日までの調査で秋田県でまとめたところヘルパンギーナの患者数が急増しているとのこと

前週からも倍増しており「手洗いの徹底」を呼び掛けています


▼ ヘルパンギーナって何? ▼


ヘルパンギーナって病気はご存知でしょうか

高熱を伴う病気で喉が痛くなり口の中に水膨れのようなものができます。

私が初めてヘルパンギーナという病名を知ったのは娘が通っていた保育園です。

ここの保育園では「園内で流行っている病名」を知らせるボードがあり、そこにヘルパンギーナという病名がのっていました。

初めて見る病名で「どんなのだろう?」「インフルエンザみたいなものかな」「変な名前の病名だな」と勝手な想像をしていたのですが、この病気に娘が罹ってしまったので、さあ大変。

高熱になるとは聞いていたが、あれよあれよと40度オーバーが二日ほど続き水分を摂らそうと思うと喉が痛がるので水分補給もままならない。

ヤバイなこれは」と何度も夜間の救急病院へかけつけた記憶があります。



▼ ヘルパンギーナの特徴まとめ ▼

・夏風邪に似た症状
・38~40度の高熱
・咽頭痛と口内に水ぶくれ
・セキなどによる飛沫感染
・便や排泄物による接触感染
・ワクチンがないので予防が大切
・乳幼児のこまめな手洗いウガイの励行
・オムツ交換時の排泄物の取り扱いに十分注意すること


▼ ヘルパンギーナ 原因 ▼

主に乳幼児や子供が罹る夏風邪の一種でウイルスによる感染症です
6-8月にかけて流行する特徴を持ちます
原因ウイルスはエンテロウイルス群の中のコクサッキーウイルスが主なウイルスとされていますが他のウイルスも確認されています。
ヘルパンギーナはウイルスによる感染症ですので二次感染にも注意が必要です。
また大人が二次感染した場合の症状はやや重く39度を超える高熱が続くこともあります
大人が感染するケースとしては体調不良など免疫力が低下しているときに感染するケースが多くなっています
仮にお子さんがヘルパンギーナに感染してしまった場合でも体調管理を整え症状を発症させない自己管理が大切です。


▼ ヘルパンギーナの症状 ▼

患者の多くは4歳以下の子供

潜伏期間は2-4日
突然の発熱とともに咽頭痛を訴える
のどの赤みがあらわれ口腔内に直径1-5mmほどの紅暈という部分的に皮膚が充血して赤く囲まれ小さな水泡が出現します。
小さな水泡は後に破れて浅い潰瘍を残し疼痛を伴う
発熱は2-4日ほどで解熱しできた粘膜疹も消えます

発熱時の熱性けいれん、口腔内の痛みのため機嫌が悪くなったり拒食、哺乳障害、などが原因で脱水症になることがありますが予後は良好。


▼ ヘルパンギーナの予防 ▼

ヘルパンギーナに有効な薬は残念ながらありません飛沫感染と接触感染に注意した予防をしましょう

感染者との密接な接触を避ける
流行時の手指の消毒、ウガイを励行すること


▼ 登園や登校の目安 ▼

ヘルパンギーナにはインフルエンザなどと違い明確な基準はありません

厚労省の感染症対策ガイドラインによると
発熱がなく解熱後1日以上経過し普段の食事ができること」とあり熱が無く食欲が回復した時が登園や登校のタイミングではないでしょうか


▼ ヘルパンギーナの予後 ▼

ヘルパンギーナは治癒してからも排便で4週間程度ウイルスが便に出る可能性があります。
この期間はトイレ後も手洗いをしっかりするようにしましょう。





こんな記事にも注目

記事 → お昼寝布団セット 保育園 幼稚園 いつも清潔に

記事 → パンパース パンツ ウルトラジャンボ S~ビッグサイズ

記事 → 子供の熱中症に注意

記事 → 生理食塩水 経口補水液

記事 → 今さら聞けない経口補水液の効果とは


↑このページのトップヘ