ウイルス予防の除菌剤まとめ

流行を繰り返すウイルスやインフルエンザ。除菌剤の成分や効果は気になるものです。ウイルス予防の除菌剤のまとめサイトです。

インフルエンザ

お茶の成分は免疫力を高めたり殺菌効果が期待できるという話は聞いたことがあるのですが


まさかっ「エイズ」にも、その効果が期待されている、お茶があるそうです。


ロシアではチャーガ茶、チャガ茶と呼ばれておりガンの抑制作用が期待されているお茶なのだとか。


日本ではカバノアナタケ茶という名前で売っています。


ホンマに、そんなスゲーお茶があるなんて、今まで知らなんだ~


何だか損した気分・・・


お茶を飲むだけで、あの憎きインフルエンザに対抗できる体が作れるなら、こんな美味しい話はありませんね。


でも、カバノアナタケって値段も「たけぇ~」ってイメージが昔からあったのですが、実は意外と安い。


普通の紅茶やお茶の値段に近い安さのもの通販では売っています。


味は普通に飲めます(当たり前)

どちらかというと烏龍茶の苦みを取ったような味かな~

お湯で煮出すから麦茶よりは濃い味でも苦みや渋みは無く、まったく問題なく美味しくいただけました。

白樺の木を粉砕している、と聞いたものだからもっと木の味がするのかな、と思っていたので良い意味で期待外れ。

私の場合はカバノアナタケ茶のパックを煮出して、冷めてから冷蔵庫で冷やして飲んでいます。

寒くなれば、そのまま温かいままでも美味しく召し上がれます。




◆ 楽天 → チャガティーティーパック入30包 無添加



ではカバノアナタケ (チャガ)の気になる効果はどうなの?


まず薬事法の関係上「必ず効く」という記載はしていません。

あくまでも「効果が期待できる」ていどの内容で書いていますので誤解の内容に。

というのも「ガンに効く」と謳い販売していた人が逮捕されニュースにもなっています。

以上のことを踏まえたうえでカバノアナタケ・チャガの効果や効能とは



チャーガ・カバノアナタケに含まれる成分

イノシトール → 血流改善、蓄積した脂質を取り除く作用

アガリチン酸 → NK活性の増加作用

プテリン → 抗酸化作用

アルカロイド → 動脈内の血流改善、脳疲労の緩和

トリテルペノイド → 血管新生阻害作用、毒物による肝臓の保護作用

エルゴステロール → コレステロール低下作用、抗ガン作用

フラボノイド → 抗アレルギー、高血圧の安定、活性酸素除去作用

ポリフェノール → 抗酸化作用

マンガン → 活性酸素消去、血中脂肪酸の減少作用

亜鉛 → 味覚低下予防、皮膚炎予防、生殖機能向上

マグネシウム → 動脈硬化、心疾患予防

カルシウム → 骨粗しょう症予防、筋肉の働きの正常化

ナトリウム → 血液などの体液を中性に保つ、細胞の浸透圧の維持

リグニン → ウイルス抑制作用、抗菌・抗酸化作用

サポニン → 脂肪代謝促進、便秘改善、肝機能の向上

ベツリン酸 → がん細胞の死滅、がん細胞の成長の抑制

β-グルカン → 免疫細胞の活性化作用


成分をみているだけでも「何だか体に良さそう」な成分ばかりですね。


チャーガはβ-グルカンの含有量にすぐれアガリクスに比べ3~4倍も含まれています。


ロシアではチャーガから抽出された抽出液で作られたベフンギンが抗がん剤として公式に国から認可を受けているそうです。


チャーガに含まれるβ-グルカンは免疫力の弱い人には免疫強化の働きがあり、逆に強すぎる人には抑制する働きもあるのだとか・・・優秀なチャーガ。



▼ チャーガ・カバノアナタケ 飲み方 ▼


特別決まった飲み方はありません。

1日500ml~1リットルを食事中、食後に飲むのが一般的

健康志向の強い方は1日1リットル~2リットルを目安に

お湯で煮出して飲みますが私の場合は30分~1時間ほど放っておいて冷めてから冷蔵庫で冷やしています

茶色いお茶の成分が出てきますので少し長めに浸しておく方がより濃く出やすいようです。

1リットル~2リットルの水に対して2g~10gを煮だてます。

ホットでもアイスでも美味しく飲めます。

カバノアナタケの細胞壁はキチンという固い物質で出来ているため、お湯でしっかり煮出すことで細胞壁を壊し中の成分が抽出しやすくなります。


カバノアナタケを飲むときは煮出すことが必須



▼ エイズやインフルエンザにも ▼

カバノアナタケには免疫力を高めHIVウイルスの増殖を抑える効果も期待されています。

また、白樺の木に含まれるベツリン酸は抗腫瘍、抗HIV剤として販売されています。



カバノアナタケがエイズウイルスに効果が期待されている理由

リグニン成分がウイルスが出す酵素を吸収しウイルスが攻撃できないよう阻害してくれる

リグニンによって侵入を拒まれたウイルスは死滅するという。

・ カバノアナタケは免疫力を高める効果が期待されている

・ カバノアナタケには細胞を守る働きが期待されている。

・ カバノアナタケはHIVの増殖抑制効果が期待されている


◆ 楽天 → チャガティーティーパック入30包×10個セット 無添加



毎年、流行するインフルエンザ

ワクチンを接種したりマスクの着用、手洗いウガイと予防と対策にと頭の中はインフルエンザ一色になってしまいますね。

会社に勤めている方や学校に知らせるためインフルエンザの陽性と出るまで何度も病院に受診する方も少なくないという。

インフルエンザ陽性と診断 → タミフル・リレンザなどの抗インフルエンザ薬を処方してもらう。

という構図が一番の解決策だと思っていたのですが、実は「検査もしないし薬も飲まない」という選択肢もあるのだとか。


では、どのような人がインフルエンザに罹ると危険なのかというと。

・ 5歳未満の子供、特に2歳未満

・ 65歳以上の高齢者

・ 妊婦、産後二週間以内

・ 喘息、慢性肺疾患、心疾患、坦がん患者、糖尿病などの疾患がある方

・ 慢性腎臓病、慢性肝疾患、HIV、ステロイド使用者、神経疾患

・ BMI40以上の病的肥満

このような方がインフルエンザに罹ると重症化するハイリスク患者と言われています。

ここに当てはまらなければ「抗インフルエンザ薬」を飲まないという選択肢もあるそうです。

ただ会社によってはインフルエンザの診断書を要求する会社があるため「風邪くらいでは休めない」方も多いでしょう。

でも38℃近い発熱があるのであればインフルエンザに関わらず体を休めるのが基本です。

風邪や他の感染症も疑われますので会社で蔓延させるよりは組織としては熱のある社員は休める体制を整えてほしいものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

2月に入りインフルエンザが猛威を振るっています

小さな子供が幼稚園や保育園でインフルエンザにかかり次々と家族がインフルエンザにかかるケースは珍しくありません。


▼ 家庭内感染率の割合 ▼

家庭内では乳幼児が発症する割合が一番多くその感染経路は

乳児 → 母親 17.8%と最も高い
次いで他の幼いきょうだいが14.5%
母親から乳幼児への感染は10.9%
父親から乳幼児への感染は15.4%


家族内の感染を抑えるには

・ 寝場所を変える
・ マスクの着用
・ 食卓を別にする
・ 治療の開始が早ければ家族間の感染率は低くなります
・ 大人が早く治療すると子供への感染を防ぐ効果がある
・ ワクチン接種も有効

以上の結果から言えることは

母親は幼い子供たちからインフルエンザをうつされる可能性が高い

父親は母親や子供たちにうつす立場になるため仕事で無理をせず早めの治療が必要になる



医師が選んだもっとも効果の期待できるインフルエンザ対策とは

1.手洗いをする
2.人混みに行かない
3.睡眠・休養をとる
4.ワクチン接種
5.加湿をする



この記事を読んだ後に読まれている記事

サライウォーター 使い方

インフルエンザ対策 施設におすすめの除菌剤

ビタミン不足でなりやすい症状と摂取量の目安

インフルエンザなのか風邪なのか迷ったときは

手指消毒器 自動 キングジムのアルサットが安い

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote




日本でもインフルエンザが流行していますがアメリカで今シーズン流行しているインフルエンザがH3N2亜型


このH3N2亜型はインフルエンザウイルスの中でも特に危険とされるウイルス


アメリカで今流行しているインフルエンザウイルスの約8割がH3N2亜型


H3N2亜型で出る症状は強烈で入院したり死亡するケースが多く出ています


H3N2ウイルスの特徴としてはワクチンが効きにくいことがあげられています。


H3N2ウイルスは頻繁に変異を繰り返すためワクチンの生成自体が困難な状況になっています。


アメリカの研究者たちもH3N2ウイルスの流行は予見できたもののワクチンの有効性が30-35%に留まっています。


子供のころに最初に曝されたウイルスは体の免疫システムが良く覚えていて反応してくれるのですが、高齢者になると免疫システム自体が弱く負荷が重いものになってしまいます。


インフルエンザは2月の流行期から5月にかけて徐々に収束していきます。


アメリカへのご旅行の予定のある方は特に注意が必要です。


▼ h3n2 インフルエンザとは ▼

A型インフルエンザウイルスの亜型のひとつ

A型香港 香港型とも呼ばれます




◆ 楽天 → サライウォーター2L アルコールが効かないウイルスに


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

毎年のように新しい除菌剤が出てくるのですが、一応は試しているんです私も・・・でも最後はサライウォーターに戻ってきます。


サライウォーターは希釈するのが面倒だから、どうしても割高な市販の除菌スプレーをつい買ってしまうのですが、やっぱりサライウォーターに戻ります。


じゃ~浮気をしないようにって20リットルをド~ンと置くようになってから他の除菌剤を買うことはなくなりました。


20リットルというと「使い切れるのか?」という心配があったんですけど、これがけっこう使えています。

一年中サライウォーターでシュッシュッしています。

おかげさまで家の中の臭いが気にならなくなり、サライウォーターの効果か風邪一つひかなくなりました。

でも運悪く子供がインフルエンザをうつされても症状が全然軽いんです。

以前のように40℃オーバーの熱なんて何年前の話でしょう。


今は夏でもプルー熱やヘルパンギーナなどで高熱が出る感染症も多いのですが一年中サライウォーターを使っているせいなのか鼻がムズムズする程度の風邪で済んでいます。


備えあれば憂いなし、ってよく言われますがまさに諺通りですね。


サライウォーターの20リットル、家庭用には多いかな~って思っていましたが全然、余裕で年中使っています。

老人クラブで使っている会館にもサライウォーターの20リットルがドンと鎮座していたのには驚きましたが、人の集まるところには除菌剤は不可欠な時代ですね。




◆ 楽天 → 即送!激安 20L・サライウォーター・原液・4倍で80L分

↑このページのトップヘ