毎日の食事に欠かせない調理用具と言えば包丁とまな板。

野菜を切ったり肉や魚を捌いたりと生ものから加工食品まで何でも調理するまな板。

当然、細菌の繁殖も心配になるので除菌したり熱湯消毒したりと

調理器具の中で一番、お手入れが大切なアイテムのひとつ


まな板の基本的なお手入れ方法

・ 汚れを落とす
・ 流水でしっかりすすぐ
・ 除菌や消毒をする
・ 乾燥させる
・ 清潔な場所での保管


まな板を使い続けていくと小さなキズが付いていることに気づきますね。

この小さな傷の中に汚れが入り込むとさっと洗っただけではキズの中の汚れまでは落ちません。

一度、水で洗った後に重曹や粗塩をまぶし木製のまな板ならタワシで擦り樹脂製のまな板ならスポンジで加減しながら洗います。

汚れが落ちて除菌効果もあります。

除菌効果の高い洗剤でもOK


すすぎは徹底する

冬は水が冷たくて、さっと流水で流す程度保管する方も多いのでは。

特に洗剤を使った場合は洗剤が残らないように入念に流水してください。


消毒や殺菌

洗剤成分をよく落としてから、まな板に熱湯をかけて消毒します

熱湯を使うことで乾きも早くなります。

毎回のお手入れでは面倒ですが、肉や魚を調理した際は行ないましょう。

肉や魚の調理直後の熱湯消毒は汚れが落ちにくくなります

必ず流水で汚れを落としてから熱湯消毒しましょう。

※ 熱湯でタンパク質が固まるため汚れが落ちにくくなります。



よく乾燥させます

まな板のお手入れで最も重要なポイントが乾燥です

よく乾燥させることでカビや雑菌の繁殖を防いでくれます。


まな板の保管には風通しが良く乾燥している場所に保管しましょう。


まな板は1日に何度も使うものです。

使うたびに毎回、除菌までするのは大変なものです。

1日の最後に、もうまな板を使わない時は除菌まで含めたお掃除をしてから保管するのがベストです。

抗菌性の高い、まな板にも人気があります。





◆ 楽天 → 抗菌まな板 クリーンスター 大 約260×430×12mm


◆ アマゾン → ゴムまな板アサヒクッキンカット 家庭用 M(380×210×13mm)