ウイルス予防の除菌剤まとめ

流行を繰り返すウイルスやインフルエンザ。除菌剤の成分や効果は気になるものです。ウイルス予防の除菌剤のまとめサイトです。 サライウォーター 楽天

[サライウォーター][h2oスチームfx 最安値][インクリア 楽天][ウイルス予防 通販][クリアフットヴェール 販売店][サライウォーター 加湿器][チャーミスト 楽天][楽天 マスク][次亜塩素酸水 通販 スプレー][次亜塩素酸水 通販 希釈][次亜塩素酸水 通販 消臭][次亜塩素酸水 通販 送料無料][通販 ウイルス予防][ドメスト][さらいウォーター][貼るエアコン消臭剤][エアコンに貼るフィルター][ウィルバス1000][次亜塩素酸水 さらいウォーター][チャーミスト][ウイルス除菌 プラズマクラスタ][ウィルバス 最安値]

スリーフ





次亜塩素酸水スリーフは200ppmの濃度が2年間持続して経済的


安定型次亜塩素酸ナトリウムの200ppmは厚労省でもウイルスに効果が期待できる数値として認められています。


既存の除菌剤と比べてみてもスリーフの成分が長期にわたり安定した保存効果があります。


除菌時間、除菌能力、消臭能力、非腐食性、非漂白性、非可燃性、有毒ガス非発生、無刺激、無揮発、環境安全性、保全性において他の除菌剤よりも安定した効果が期待できます。


▼ スリーフ 除菌 使い方 ▼

・ 花粉対策に

・ 季節性ウイルス対策に

・ 突発性ウイルス対策に

スリーフは加湿器を用いた空間除菌にも適しています

スリーフ100mlに対して水道水300mlで薄め加湿器で使います。

スリーフが推奨する加湿器は超音波式加湿器

スチーム式加湿器は高温になるため使用できません

ハイブリッド加湿器、気化式加湿器は加湿温度が40度以下であれば使用できます。


弱アルカリ性なので赤ちゃんにも安心

ベビー用品、玩具、哺乳瓶などを優しく除菌します。


アルコールでは除菌できないウイルスも除菌してくれます。


食器、シンク周り、食品、まな板、包丁などの除菌に

スニーカーや革靴の消臭に

車内の消臭にも

スーツ、シャツ、コートの消臭にも


◆ 楽天 → スリーフ sourif 次亜塩素酸ナトリウム 1000ml 詰め替え用


◆ アマゾン → Sourif(スリーフ)300ml+1000ml




この記事を読んだ後に読まれている記事


夏の食中毒対策・嫌な部屋の臭いにサライウォーター

知らないと怖い黄砂とアレルギー症状

ウイルスの除菌率99%のチャーミスト

手指消毒器 自動 キングジムのアルサットが安い

スマホはトイレよりも雑菌だらけ


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote



◆ 楽天 → 安定型次亜塩素酸 次亜塩素酸水 赤ちゃん 除菌スプレー セット 消臭スプレー スリーフ sourif


▼ 安定型次亜塩素酸ナトリウムの特徴とは ▼

・ ウイルスや細菌に触れた瞬間から不活性化され除菌効果を発揮
・ 浮遊するウイルスにも有効で液体が乾燥するまで除菌効果を得られる
・ 金属・衣類・皮革製品に使用しても腐食・漂白の心配がない
・ 塩素特有のニオイがない
・ 塩素系の特徴である有毒ガスや発がん性物質の発生がない
・ 刺激が無く手荒れの心配がない
・ 非可燃なので発火の心配がない
・ 長期間にわたり塩素濃度が保持されるため使用時に効果を発揮してくれる
・ 万一体内に入っても人体に対して無害である


▼ 安定型次亜塩素酸ナトリウム スリーフの使い方 ▼

・ リビング・玄関・キッチンなどの除菌・消臭に
・ 旅行先のベッドの除菌・消臭に
・ 衣類からシーツまでしっかり除菌
・ ペットのおもちゃやオシッコ臭の除菌・消臭
・ マスクにスプレーして花粉症対策
・ 赤ちゃんのオモチャや哺乳瓶の除菌に
・ 包丁やまな板、生野菜・生魚・生肉など食材にも使える


▼ 安定型次亜塩素酸ナトリウム スリーフ 評価と口コミ ▼

実際にスリーフをご購入された方の評価は☆4.19

・ 除菌剤特有のきつい臭いもなくほぼ毎日使用しています
・ ボトルの見た目も良く消臭効果を感じられます
・ 子供と接する仕事をしているのでこの時期は助かります
・ テーブル・ドアノブ・机など気になる時にシュッとスプレーしています
・ ペット臭の消臭に部屋から臭いが消えます
・ 小さい子供のオモチャにスプレーしています


◆ 楽天 → Sourif (スリーフ) 300ml


◆ 楽天 → Sourif (スリーフ) Set Plus(300ml1本+詰替用1000ml2本)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ