ウイルス予防の除菌剤まとめ

流行を繰り返すウイルスやインフルエンザ。除菌剤の成分や効果は気になるものです。ウイルス予防の除菌剤のまとめサイトです。

ノロウイルス

ウイルバスには様々な種類があり有効塩素濃度が200ppmのウイルバス200と有効塩素濃度が1,000ppmのウイルバス1000

その他の濃度や内容量の違うタイプのウイルバスも多数あります。

ご家庭、施設、工場など用途別にウイルバスを選ぶこともできます。

◆ 衛生管理の新たな基準!塩素濃度200ppmに対応

アルコール耐性のノロウイルスを原因とする急性胃腸炎の流行

O157などの腸管出血性大腸菌による感染等も考慮し食品の殺菌等に対して次亜塩素酸ナトリウムのニーズが増えています。

濃度に関しても200ppmを望まれるケースが増えております。

こうした現場の声に対応し行政機関からの推奨指導に適合する

有効塩素濃度200ppmの食品添加物がウィルバス200です

◆ 楽天市場 → ウィルバス200(Virubus200ppm)500mLスプレーボトル入り×3本セット



◆ 感染拡大を防ぐ!緊急時に使える高濃度タイプ


感染力の強い細菌やウイルスは保菌者のおう吐物や排泄物から飛沫感染が起こるケースが多く見られます。

ウィルバス1000は希釈の手間が無く迅速な除菌が可能。

菌数の多い対象物に素早く対応するための1000ppm濃度がウィルバス1000です

◆ 楽天市場 → ウィルバス1000(Virubus1000)500mLスプレーボトル入り

東京・埼玉・千葉・北海道などでもインフルエンザの流行期に入ってきたようです。

予防接種は2人に1人の実施状況

12月は寒さと乾燥に特に注意が必要です

太平洋側は晴れる日が多くなり乾燥する日が続きそう、ということで室内の湿度などにも注意しましょう


▼ インフルエンザのおさらい ▼

・ 帰宅後の手洗い・うがい

・ 室内の湿度を50 - 60%に保つ

・ 人混みへはマスクの着用




2017年度のインフルエンザワクチンの製造量が過去5年間の中で最も少ないと厚労省が発表しています

2017年から2018年のインフルエンザの流行が例年より早まる、と言われておりワクチンの供給不足が不安視されています。

早い医療機関では9月の上旬からワクチンの予約を受け付け10月上旬には予防接種が開始されているところも

ただ多くの医療機関では11月上旬から摂取を開始するところが多く10月中旬から予約を受け付けているようです。

あまり早くに予防接種をすると3月には免疫が切れてしまうこともあることを知っておきましょう

ワクチン接種から免疫が作られるまで二週間ほどかかります。


インフルエンザ、患うと高熱が出てかなりシンドイ・・・

体の節々が痛くなり食欲もなくなります。

そんなインフルエンザの予防と対策を5つにまとめています。


◆ インフルエンザ 免疫力の高め方

〇 栄養バランスのとれた食事
〇 日本食に良質な植物性タンパク質、動物性タンパク質を多めにとる。
〇 ビタミン不足にはサプリメントで補給
〇 しっかりと睡眠
〇 鼻・喉が乾燥しないようにする
〇 人混みを避ける
〇 特に病院は行かないで済むなら控える。
〇 外出時はマスクの着用



◆ インフルエンザ 部屋の消毒

〇 次亜塩素酸ソーダ系除菌剤
〇 グルタラール系除菌剤
〇 部屋の換気
〇 エアコン・空気清浄機・加湿器などによるウイルス除去
〇 家具、寝具の拭き取り掃除
〇 部屋全体の掃除機での清掃



◆ インフルエンザ予防の手洗いとウガイ

一説によると手洗いは効果があるがウガイはさほど効果が期待できない、という意見もあり迷うところでありますが乾燥予防からもウガイは良いと思います。

〇 ウガイはガラガラした後にゴックンと飲む
〇 寝ている時に風邪に罹りやすいということでマスクをつけて寝ています。
〇 加湿器などを使用し湿度に注意する
〇 手洗いは薬用せっけんでしっかり洗う
〇 紅茶、緑茶でのウガイ
〇 帰宅時は外出の際の服を脱ぐ
など、手洗いやウガイに対しても色々と対策はありますので参考にしてみてはいかがでしょうか。



◆ インフルエンザ時のマスクの使い方

マスクの着用に関してはマチマチの回答が多いです。
予防のため寝るときも保温効果を期待して着用している方や元気なうちからマスクを着用していると羅患した時も比較的軽度で済む、などの意見が多いです。

またマスクの交換時期はいつ?との質問には
マスクメーカーからの回答では「流行時期は一日中」家でも外でもマスクを着用しているほうが良いと思います、という回答。
通常の使用であれば1日1枚、という頻度での使い方が良いそうです。

マスクの表面にはウイルスがついていますので、接触しないように扱うのが良い。

インフルエンザに罹っている時は再着用はせず「その都度」取り外しごとの交換が望ましい、ということです。
マスクを選ぶ際は自分の顔にフィットするものを選ぶようにしましょう。



◆ 予防接種の効果

インフルエンザに罹るかどうかは運任せの場合も少なくありませんね。
ワクチン接種をしても異なるタイプのインフルエンザが流行ってしまったら罹ってしまいます。

またワクチン接種にはお金もかかることから予防接種を控える方も少なくない。
ただ予防接種が義務と任意の時代で比較した場合、学童の羅患率や死亡率はそれほど差が無いのに対し高齢者や乳幼児の死亡率が低かったというデータがあります。
インフルエンザの予防接種を受けるか否かは家族構成や状況に応じ健康上弱い立場のいるご家庭においては、その方たちにうつさない大人な対応が必要な時もあります。



▼ サライウォーターを使った空間除菌 ▼


サライウォーターを使った空間除菌で部屋を丸ごと除菌しましょう

この時に使う加湿器は「超音波加湿器

ショップで紹介されている超音波加湿器を使うようにしましょう

加湿器を使った除菌では10倍に希釈したサライウォーターを使うのでとても経済的です。

インフルエンザ・ノロウイルス対策としても空間除菌はお勧めです


◆ 楽天 → 即送!送料無料・サライウォーター・アルコールが効かないウイルス・菌を強力消臭、除菌・無害


◆ 楽天 → サライウォーター原液2Lと【選べる2タイプ】超音波加湿器セット(グレー4L or ホワイト1.6L)


こんな記事にも注目

サライウォーターの使い方と使用期限

サライウォーターとは 効果も知っておきましょう

サライウォーター 加湿器の使い方


毎年のように新しい除菌剤が出てくるのですが、一応は試しているんです私も・・・でも最後はサライウォーターに戻ってきます。


サライウォーターは希釈するのが面倒だから、どうしても割高な市販の除菌スプレーをつい買ってしまうのですが、やっぱりサライウォーターに戻ります。


じゃ~浮気をしないようにって20リットルをド~ンと置くようになってから他の除菌剤を買うことはなくなりました。


20リットルというと「使い切れるのか?」という心配があったんですけど、これがけっこう使えています。

一年中サライウォーターでシュッシュッしています。

おかげさまで家の中の臭いが気にならなくなり、サライウォーターの効果か風邪一つひかなくなりました。

でも運悪く子供がインフルエンザをうつされても症状が全然軽いんです。

以前のように40℃オーバーの熱なんて何年前の話でしょう。


今は夏でもプルー熱やヘルパンギーナなどで高熱が出る感染症も多いのですが一年中サライウォーターを使っているせいなのか鼻がムズムズする程度の風邪で済んでいます。


備えあれば憂いなし、ってよく言われますがまさに諺通りですね。


サライウォーターの20リットル、家庭用には多いかな~って思っていましたが全然、余裕で年中使っています。

老人クラブで使っている会館にもサライウォーターの20リットルがドンと鎮座していたのには驚きましたが、人の集まるところには除菌剤は不可欠な時代ですね。




◆ 楽天 → 即送!激安 20L・サライウォーター・原液・4倍で80L分




使いづらい殺菌剤、除菌剤とはサヨナラしましょう。


今までの除菌剤の使いにくいところ

◆ 漂白のデメリット

・衣服にかけられない
・絨毯、カーペット、ソファーにかけられない

◆ 腐食性のデメリット

・スプーン、ドアノブ、歩行器などにかけられない
・包丁やまな板は殺菌剤に浸さなければいれない

◆ 有害性のデメリット

・塩素系、酸素系の化学物質は口の中に入ると害になる
・小さな子やお年寄りには取り扱いが必要になる
・皮膚などがただれる

◆ 効果の稀薄性によるデメリット

・効果が弱い除菌剤は除菌した場所以外に菌を移すだけ


など、使い勝手の悪すぎる除菌剤や殺菌剤に買う方としても「どれがイイか」悩んでしまう。


Kカードはこんな除菌剤

殺菌効果はあるのに体に無害な、まったく新しい除菌スプレー。

厚生労働省から認定を受けている安全な除菌剤。

インフルエンザやノロウイルスなどの感染症予防

大腸菌などによる食中毒予防

スプレーするだけの除菌剤なので使い勝手が良い

しかも「非漂白」「非腐食性」「無刺激」「無臭」

病院・幼稚園・介護施設・保育園・食品加工業者・お弁当屋さん、など食品を取り扱う業者にも人気が高い。

次亜塩素酸ナトリウム製剤で有効塩素濃度200ppmなので食品の衛生管理などにも効果的な消毒液として推奨されている。

◆ 楽天 → K・ガード プラスnine(500mlスプレー)[ウィルス][菌][学級閉鎖][感染性胃腸炎][感染症対策][食中毒対策][除菌スプレー][除菌効果][安全][非漂白][非腐食][消臭][手足口病][プール熱]

秋から冬にかけて気を付けるべき感染症はいくつかあります。

特に小さなお子さんやご高齢者のいるご家庭では様々な感染症に注意が必要です


秋から冬にかけて流行る感染症にマイコプラズマ肺炎・RSウイルス感染症・インフルエンザがあり、それぞれの症状の特徴と対策をまとめています。


マイコプラズマ肺炎

原因 → マイコプラズマという微生物

特徴 → 普通の風邪と見分けがつきにくい。風邪が治ったと思っても激しい咳がいつまでも続くのが特徴、肺炎としては症状は軽い方です。

感染力 → あまり強くはないが約二週間ほどの潜伏期間や治ってからも人にうつすことがある。

発熱 → 38℃ていどの熱が数日つづく、熱が出ない場合もあります。

せき → 乾いたコンコンという咳がだんだんひどくなる

痛み → 咳による胸痛が出ることがあります。

合併症 → まれに悪化した場合、脳炎、中耳炎を起こすことがあります。

対処法 → 決まった抗生物質して効かないので咳が出たら医療機関へ、医師より学校を休むように言われたら出席停止になります。

感染経路 → 咳やくしゃみによる飛沫感染が多い


RSウイルス感染症

原因 → RSウイルスによるもの

特徴 → 学童・成人はほとんど風邪のような症状、乳幼児では気管支炎、肺炎など重症化しやすく注意が必要です

感染力 → 強い。二歳ころにまでほぼ100%の子供が罹ります、免疫のでき方が弱いので何度でも罹る。潜伏期間は4-6日

発熱 → 軽いものでは普通の風邪程度の発熱。重症化する高熱になる場合があります

せき → 重いものでは咳が酷くなる、ゼイゼイする、呼吸困難、などがおきます

痛み → 

合併症 → 重症化した場合、細気管支炎、肺炎を発症します。気管支喘息の子供の場合は喘息発作の誘発の原因になる。

対処法 → ワクチン・特効薬はありません。症状を和らげる対処療法となります。

感染経路 → 飛沫・接触感染します。最初に鼻に感染することが多い


インフルエンザ

原因 → インフルエンザウイルス A型、B型、C型

特徴 → 高熱・悪寒・全身の痛みなどが急に出る。目の充血や涙目の症状があることも。

感染力 → 強い。次から次へとうつります。潜伏期間は1-4日

発熱 → 突然の高熱、38-40℃

せき → 発熱などの全身症状のあとに見られることが多くなります

痛み → 全身の筋肉・関節が痛みます

合併症 → 肺炎・気管支炎・中耳炎・インフルエンザ脳症を起こすこともあります

対処法 → すぐに医療機関へ。インフルエンザと診断されたら出席停止になります

感染経路 → 飛沫・接触感染、締め切った部屋では空気感染が広がることがあります。


インフルエンザの時期が近付いていますがマイコプラズマ肺炎やRSウイルス感染症で欠席する児童が増えています。

手洗いウガイ、規則正しい生活や栄養をしっかりと摂り体力をつけておきましょう。

↑このページのトップヘ