インフルエンザウイルスが猛威を振るう時期のウイルス対策はどのようにしていますか?


インフルエンザウイルスを無力化するのにアルコール(エタノール)が有効


インフルエンザウイルスはエンベロープという殻で覆われた突起物が人や動物にくっつくことでウイルスが細胞の中に送り込まれ感染します。

アルコールはインフルエンザウイルスのエンベロープに馴染みウイルスを破壊してくれます

殻が壊れてしまったウイルスはタンパク質も変性しやすくなり本来の働きを失います。

これがアルコールの抗ウイルス作用に繋がります


▼ 手指のアルコール消毒の仕方 ▼

・ アルコール消毒剤を適量とり手のひらをこすり合わせます

・ 指の爪の先から付け根、指の間まですり込みます

・ 手の甲、手首も忘れずに、すり込みます。


インフルエンザウイルスの生存期間は条件にもよりますが

・ 衣服の場合 8~12時間生存

・ プラスチックやステンレスなどツルツルしたもの 48時間程度


▼ インフルエンザウイルスに有効な消毒方法 ▼

・ 80℃で10分以上の加熱

・ 塩素系消毒液

・ 70%以上の濃度のアルコール





主原料は酒精のため安全です。

エタノールは揮発するため原則的には拭き取りは不要です。

食品添加物規格のため食品にかかっても安心です。

食中毒を未然に防止

インフルエンザ・細菌等を強力に除菌してくれます。


◆ 楽天 → 【食品対応アルコール除菌剤】 フードケア75 【 1 8 L 缶入】