2月に入りインフルエンザが猛威を振るっています

小さな子供が幼稚園や保育園でインフルエンザにかかり次々と家族がインフルエンザにかかるケースは珍しくありません。


▼ 家庭内感染率の割合 ▼

家庭内では乳幼児が発症する割合が一番多くその感染経路は

乳児 → 母親 17.8%と最も高い
次いで他の幼いきょうだいが14.5%
母親から乳幼児への感染は10.9%
父親から乳幼児への感染は15.4%


家族内の感染を抑えるには

・ 寝場所を変える
・ マスクの着用
・ 食卓を別にする
・ 治療の開始が早ければ家族間の感染率は低くなります
・ 大人が早く治療すると子供への感染を防ぐ効果がある
・ ワクチン接種も有効

以上の結果から言えることは

母親は幼い子供たちからインフルエンザをうつされる可能性が高い

父親は母親や子供たちにうつす立場になるため仕事で無理をせず早めの治療が必要になる



医師が選んだもっとも効果の期待できるインフルエンザ対策とは

1.手洗いをする
2.人混みに行かない
3.睡眠・休養をとる
4.ワクチン接種
5.加湿をする



この記事を読んだ後に読まれている記事

サライウォーター 使い方

インフルエンザ対策 施設におすすめの除菌剤

ビタミン不足でなりやすい症状と摂取量の目安

インフルエンザなのか風邪なのか迷ったときは

手指消毒器 自動 キングジムのアルサットが安い