ウイルス予防の除菌剤まとめ

流行を繰り返すウイルスやインフルエンザ。除菌剤の成分や効果は気になるものです。ウイルス予防の除菌剤のまとめサイトです。 サライウォーター 楽天

感染症









アメリカの男性が屋外プールで泳いでたところ脳を食べてしまうアメーバに感染

致死率97%というネグレリア・フォーレリーは日本国内でも確認されておりアメーバ性髄膜脳炎で死亡している。


ネグレリア・フォーレリーは一般的に脳食いアメーバと呼ばれており

川や湖、温泉などの温かな淡水に存在しています

夏の暑い時期に水温が上昇し水位が低下すると感染することが多い。


口から飲んでも感染しませんがダイビングや水上スキーなどで鼻から感染することが多いと言われています。


鼻から神経を伝わって脳内に侵入し脳細胞を攻撃

発症すると1~18日以内に死亡する


アメリカでは1962年から2018年までで145人が感染

感染者数は少ないものの致死率が97%と高く非常に怖い病気です


アメリカでは淡水湖や小川に潜る際は鼻クリップの使用が勧められています


アメーバ性髄膜脳炎とは

中枢神経に起きる稀な感染症でフォーラーネグレリアによって引き起こされ多くの場合、死に至る病気です

アメーバは世界中のよどんだ淡水中に生存しています

アメーバが鼻の粘膜を通って中枢神経に到達することがあり脳に到達した場合は炎症、組織の死滅、出血が起きます

1日~2週間以内に症状が始まり発症後10日以内に死に至ります

嗅覚や味覚の変化から始まり頭痛、頂部硬直、光に過敏になり、吐き気、嘔吐が起きます

錯乱、眠気、けいれん発作が起きることもあります


楽天 → 恐怖の病原体図鑑 ウイルス・細菌・真菌完全ビジュアルガイド


アマゾン → アメーバのはなし: 原生生物・人・感染症



高温多湿の時期の感染症


カビ、ダニ、ウイルスも繁殖しやすくなっています


梅雨シーズンは古くから黴雨※ばいう、と呼ばれ文字通りカビの多い季節です。


日本人の4~5人に1人はかかっているのが「水虫

水虫はカビの一種の白癬菌が足の皮膚に侵入し発病する感染症

足にできるのが足白癬、爪にできるのが爪白癬といいます。

プールや温泉が好きな方は施設で利用する足拭きマットやタオル、スリッパなどには注意しましょう



長引くこともある「夏風邪

梅雨時から夏にかけ高温多湿で活発になるウイルスにコクサッキーウイルスやエンテロウイルス、アデノウイルスがあり通常の風邪のように喉や鼻から侵入し発病する感染症

コクサッキーウイルス → 発熱と口内炎が特徴

エンテロウイルス → 腹痛や下痢を伴う

アデノウイルス → 喉の痛み、高熱、目やにといった症状が特徴


ちなみに子供がかかると


コクサッキーウイルス → 手足口病

コクサッキーウイルス、エンテロウイルス → ヘルパンギーナ

アデノウイルス → プール熱

という病名で知られています。

手洗い、ウガイの他に腸内環境を整え免疫力をアップ

納豆、ヨーグルト、ぬか漬けなどの発酵食品がおすすめ



カビによって発症する「夏型過敏性肺炎

トリコスポロンというカビが原因で発症します

痰の絡んだ咳が止まらなくなったり夏風邪のような症状が何週間も続きます

お風呂、キッチン、エアコン、布団、畳の下などに発生することが多い



ダニによる感染症

疥癬 → 激しい痒みの皮膚病

喘息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎などの症状を引き起こします






感染症の流行る時期って大体決まっているようですね

流行の時期を知っておけば予防や対策にも役に立つのではないでしょうか

感染症によっては時期外れの流行もありますので、あくまでも目安として覚えておきましょう。


麻疹 → 春・夏 3月~8月

風疹 → 春・夏 3月~7月上旬

水疱瘡 → 冬から夏 12月~7月

おたふくかぜ → 春・夏 3月~8月

インフルエンザ → 冬・春 12月~3月

感染性胃腸炎(ロタ) → 春 3月~5月

ここまでは予防接種のある感染症です。



以下は予防接種のない感染症です

感染症胃腸炎(ノロ) → 秋・冬 11月~12月

ヘルパンギーナ → 夏 6月~7月

手足口病 → 夏 6月~8月

咽頭結膜熱(プール熱) → 夏 7月~8月

溶連菌感染症 → 秋から夏 12月~7月上旬

突発性発しん → 通年


アマゾン → 感染症の世界史 (角川ソフィア文庫)


楽天 → 感染症の世界史







◆ 人食いバクテリア=劇症型溶連菌感染症


▼ 劇症型溶連菌感染症の特徴 ▼

・ 突然発症することがある

・ 多臓器不全により死に至るケースも

・ 感染した人の30%以上が死に至る感染症である。

・ レンサ球菌による感染症

・ 発症すると進行速度が非常に早い

・ 筋肉・皮膚・内臓などの組織が壊死する

・ 壊死のスピードは1時間に2-3cmともいわれている。

・ 最終的には多臓器不全で早い時で数十時間で死亡するケースもある。

・ 年齢や健康状態に関係なく、健康な人でも突然発症する


患者の傷口などに直接触れることにより感染

初期段階では発熱・悪寒など風邪に似た症状 → 筋肉痛・下痢などインフルエンザに似た症状

手足がズキズキ痛む・腫れあがる・傷口が赤くなる


▼ 劇症型溶連菌感染症 予防と治療 ▼

・ 傷口を清潔にする

・ 手洗いウガイを徹底する

・ 治療にはペニシリン系薬が用いられる

・ 大量の輸液が必要となる

・ 壊死した部分は切除する必要がある

劇症型溶連菌感染症は5類感染症に指定されており医師は保健所に届ける義務がある。


楽天 → 感染症キャラクター図鑑


アマゾン → レジデントのための感染症診療マニュアル 第3版


あわせて読む

記事 → 汗の匂いと食中毒対策 両方に効くスプレー

記事 → サライウォーター 使い方

記事 → 食中毒 寄生虫 アニサキス 予防

記事 → 避難所 感染症対策

記事 → ハウスダスト対策 布団


約20年ほどの間に40%以上増え続けている感染症 帯状疱疹


帯状疱疹の感染の原因は?

帯状疱疹の原因菌は水疱瘡のウイルスが原因とされています。

つまり水疱瘡に罹った方なら誰でも発症の可能性がある厄介な感染症のひとつである。


どのような時に発症しやすくなるのか?

慢性的な疲労やストレス、加齢・薬の服用・病気などで免疫力が低下した時に発症しやすくなっている。


何故、帯状疱疹の患者は増え続けているのか?

帯状疱疹は冬よりも夏に患者数が多くなります。

2014年から水痘ワクチン接種が定期摂取になり冬場の水痘患者が激減

体の中の免疫効果が失われ夏に帯状疱疹に罹る割合が急増するという。

東京オリンピックに向け帯状疱疹の患者の急増が懸念されています。


帯状疱疹の症状は?

感染の初期段階では皮膚にピリピリと痛みがあらわれます

1週間くらい経過した後赤い発疹が出てきます

その後2-3日で水膨れになります。

その後1週間ほどでカサブタ

更に1週間後に剥がれ落ちる

と、自然に治ってしまう場合もあります

体の部位では片側の目の上、胸、腹、背中などにあらわれてきます。

軽症で治るケースもありますが帯状疱疹の怖いところは糖尿病・HIV・ガン・白血病など重大な病気が潜んでいる可能性もあります。

このように帯状疱疹には合併症による症状にも気を配る必要があります。

帯状疱疹の発疹が出た直後に治療すれば重症化を避けることも可能です。

帯状疱疹の疑いがある場合は迷わず医師に相談しましょう。


▼ 虎杖伝説クリームの特徴と使用用途 ▼

オリーブ油を主成分としたクリーム

・スポーツによる筋肉疲労
・肉体労働の疲労
・肩こり、腰痛
・慢性的な筋肉痛・関節痛・神経痛
・切り傷、擦傷、ヤケド
・乾燥肌、帯状疱疹、皮膚の炎症
・痔、虫刺されに


楽天 → 帯状疱疹の痛みをとる本


アマゾン → 帯状疱疹の痛みをとる本



▼ こんな記事にも注目 ▼

記事 → 病気がみえるシリーズ 最新

記事 → 鼻の横を押すと病気が治る

記事 → 背中がかゆい時に役立つターマルウォーター

記事 → びわ温灸 癌

記事 → 北海道 豊富温泉 アトピー


↑このページのトップヘ