ウイルス予防の除菌剤まとめ

流行を繰り返すウイルスやインフルエンザ。除菌剤の成分や効果は気になるものです。ウイルス予防の除菌剤のまとめサイトです。

殺虫剤

南米原産の強毒アリ「ヒアリ」

環境省によるとヒアリは赤っぽい色が特徴のアリで2.5~6mmほどの異なる体長の個体が集団となって活動しているという。

人がヒアリに刺されると強い痛み・腫れ・じんましんなどを伴い病院での処置が必要

日本を含めアメリカ・オーストラリア・中国・台湾などで分布が広がっているという。


ヒアリは繁殖力が凄まじいアリで通常は1つのコロニーで1匹の女王アリがいるのですが、ヒアリは1コロニーに数十匹の女王アリを有します
それだけ爆発的な繁殖が特徴の毒アリです。

ですのでヒアリを見つけたら早期の駆除が必要になります


ヒアリの女王アリと雄のアリは飛ぶことができるのも特徴のアリで移動距離は10kmとも言われています


移動ができて繁殖力が強いヒアリはかなり厄介な存在と言えるでしょう。


▼▼▼ ヒアリの駆除方法 ▼▼▼


ヒアリを駆除する一番効果的なのがアリの殺虫剤による駆除

その他にも熱湯をかけたり毒餌を使う駆除法があるそうです。

より効果的な駆除法としてヒアリのエサになるもの、ポテトチップとかを細かく砕いてヒアリに運ばせ巣を特定し液体窒素で丸ごと駆除、などという方法もあるそうです。


アリを侵入させない方法としては「アリが嫌いな臭い」も有効で家の周りに置いておくことでアリの侵入を防げるという。

アリが嫌いなニオイとしては、ラベンダー、ユーカリ、シナモン、ペパーミント、コーヒーの搾りかすなどが苦手なニオイだそうです。

また珪藻土を家の周りに撒いておくのも有効らしく珪藻土の粉末なども売られています

更に家庭用で爆発的に売れているのが超音波害虫駆除機

価格も2000円~3000円ほどとお求めやすく

人やペットには安全で昆虫類のアリ・蚊・ゴキブリなどを寄せ付けなくしてくれるという優れものの駆除機

室内のアリの侵入が気になる方は参考にしてみてはいかがでしょう。


◆ 楽天 → 超音波害虫駆除 360°シャットアウト ネズミやゴキブリ害虫に有効・全米大ヒット子供やペットにも安心・低消費電力設計

◆ アマゾン → RILIM 2017年最新版 超音波害虫駆除 360°シャットアウト ネズミやゴキブリ害虫に有効・全米大ヒット子供やペットにも安心・低消費電力設計 RL-01 (1)


▼ こんな記事も読まれています ▼

参照 → 家にヒアリを侵入させない 4つの方法

参照 → 蚊やアリに効く 超音波式害虫駆除機




◆ アマゾン → どこでもベープ 虫よけ器 未来150日セット パールホワイト 不快害虫用 本体+取替

◆ 楽天 → 【フマキラー】どこでもベープ未来 150日セット パールホワイト 1コ入【虫よけ】【電子虫よけ器】



暖かくなると気になる害虫の蚊

ウイルスや原虫などの病原体を持った蚊が人を吸血することで感染します。

感染を防ぐためには「蚊に刺されない」「蚊を増やさない」ことが重要です。


▼ ジカ熱 (ジカウイルス感染症) ▼

感染経路 ジカウイルスを持った蚊に刺されると感染します。

症状 2-12日の潜伏期間後、軽度の発熱、頭痛、関節痛、発しん、筋肉痛、結膜炎などの症状があらわれます。

治療 治療法はなく対処療法による治療

予防 ワクチンはありません。蚊に刺されないことが唯一の予防
妊娠中の妊婦がジカウイルス感染すると胎児が小頭症を引き起こす可能性があるとされています。


▼ デング熱 ▼

感染経路 デングウイルスを持った蚊に刺されると感染します。

症状 2-15日の潜伏期後、突然の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、発しんなどの症状があります。

予防と治療 ワクチンはありません。治療法がないため対処療法になります。

海外で感染し帰国後に発症するケースが増えています。


▼ ウエストナイル熱 ▼

感染経路 ウエストナイルウイルスを持った蚊に刺されると感染します。自然界では鳥と蚊の間で感染が繰り返されています。

症状 2-14日の潜伏期後、発熱、頭痛、背部の痛み、筋肉痛、発しんなどがあらわれます。

予防と治療 ワクチンはありません。対処療法を行います。


▼ マラリア ▼

感染経路 マラリア原虫を持った蚊に刺されることで感染します。

症状 10-30日の潜伏期後、発熱、顔面紅潮、頭痛、筋肉痛、呼吸器の症状、胃腸炎などの症状があらわれます。
速やかに治療を行わないと重症化し死亡することもあります。

予防と治療 抗マラリア薬の予防内服が有効。マラリアと診断されたら抗マラリア薬の投与で治療します。


▼ 黄熱 ▼

感染経路 黄熱ウイルスを持った蚊に刺されることで感染します。

症状 3-6日の潜伏後、発熱、頭痛、筋肉痛、背部痛、嘔吐などの症状があらわれます。
多くの場合は感染しても症状がないか、軽症で済みますが発症者の15%は重症化します。
黄疸や出血傾向が進行すると20-50%が死亡すると言われています。

予防と治療 予防接種は有効、治療は対処療法を行います。


▼ 日本には「蚊のいなくなるスプレー」があります ▼


◆ 楽天 → 蚊がいなくなるスプレー 蚊取り 12時間持続 200回分 無香料 2本パック(2本入)

◆ 楽天 → 蚊がいなくなるスプレーPRO 365プッシュ用 無香料 24時間


◆ アマゾン → 蚊がいなくなるスプレー 蚊取り 12時間持続 200日分 無香料 (防除用医薬部外品)

◆ アマゾン → 蚊がいなくなるスプレー 蚊取り 24時間持続 255日分 無香料 (防除用医薬部外品)



レビューポータル「MONO-PORTAL」

↑このページのトップヘ