ウイルス予防の除菌剤まとめ

流行を繰り返すウイルスやインフルエンザ。除菌剤の成分や効果は気になるものです。ウイルス予防の除菌剤のまとめサイトです。

福岡県

福岡県を中心にエイズの拡大が急増している九州

HIVの現状は全国的にみると横ばいか減少傾向になっているのですが

九州地方だけは特に増加が目立つという

これだけ九州地方でエイズ患者が増加した背景には

・ 感染者の多いアジアからの往来が増えている

・ 予防の啓蒙活動が不十分

などの原因があげられており啓蒙活動の強化を呼びかけている。


2016年度の福岡県のエイズ患者数は92人と過去最高

2015年と比較すると61%増

特に40-50代以上に増加傾向がある

佐賀県 9人
熊本県 19人

2016年の九州地方の合計は169人で32%増

福岡県での患者の増加が九州全体に広がっている印象で

実際の感染者は報告よりもかなり多いのではないかと危惧している。

エイズの感染・発症が分かっても現在では薬でウイルスの増加を抑えられるといい感染拡大のリスクも大幅に減らせる。

心当たりのある方は早く検査して欲しい、と訴えている。



◆ エイズってどんな病気

AIDS
後天性免疫不全症候群

HIV=エイズウイルスが人に感染した結果、体の免疫機能に障害を与え免疫が機能しなくなる状態の症状。


◆ エイズの感染経路

1.性行為、男女間、同性間は問いません
2.母子感染
3.注射器の回し打ちによる血液媒介感染

なお同じ食器、トイレ、お風呂、プール、咳、クシャミ、キスからは感染しません。
汗、涙、唾液に含まれるウイルス量は少ないため感染しません。
蚊・昆虫・ペットなどを媒介した感染もありません。


◆ エイズの予防方法

性行為を行う時はコンドームを正しく使います。

1.破れ、傷のあるコンドームは使わない
2.一度使ったコンドームを再利用しない
3.初めから終わりまでコンドームを装着する
4.射精後にコンドームが外れないようにする
5.手や性器をキレイに洗う


◆ 抗体検査を受ける

医学の進歩によりウイルスの増殖を抑える薬が作られ病気の進行を遅らせたり症状のない状態まで回復させることができるようになっています。
エイズ予防の正しい知識をつけるとともに抗体検査を積極的に受けましょう。
なお、感染してから三か月間は抗体ができないため三か月以降に検査を受けましょう。





12月1日は世界エイズデー

11月28日~12月4日はエイズ予防週間です。

◆ 検査は早めに → 検査キットはこちら


水害による床上・床下浸水 消毒や感染症対策が必要です


毎年、襲来する台風や集中豪雨による水害


河川の氾濫や側溝の水が溢れ衛生的にも深刻な状態になります


夏の暑さが加わることで雑菌が一層繁殖しやすくなり水害後の感染症予防は重要な課題です。


水害後の衛生対策で、真っ先に行うのは泥・汚れの除去


泥などの汚れを洗い流すか雑巾などで水拭きします。


泥が付いたまま消毒しても効果は少ないので必ず泥を除去してから消毒します。


▼ 床下浸水時の衛生対策 ▼


家の周囲や床下の汚泥をスコップなどを使って取り除きます

水が溜まっていたら雑巾などで吸水します

水洗いできる場所は水で汚れを洗い流してください。

扇風機やサーキュレーターが使えれば強制的に乾燥させます。



▼ 床上浸水時の衛生対策 ▼


家の周囲や床下に溜まってしまった汚泥をスコップなどを用いて除去します

また外壁や玄関など水洗いできる場所は水洗いします

特にトイレ周りやキッチンは念入りに拭き掃除をします

畳・カーペットは取り外して水洗いし扇風機などで乾燥させます

食器・調理器具は水洗いします

洗えない家具や家電の汚れは雑巾等で拭き掃除します



▼ 消毒方法 ▼


ホームセンターやドラッグストアで売っている薬剤で消毒します

消毒剤は多量に使用すると健康や環境に影響を及ぼすことがありますので、必要最小限の使用を心がけましょう。



▼ 一般的な消毒剤 ▼


◆ アルコール消毒液


◆ 次亜塩素酸ナトリウム(家庭用塩素系漂白剤など)・・・0.02%の消毒液にする場合次亜塩素酸ナトリウム液2mlに水を加えて1リットルにする。


◆ 塩化ベンザルコニウム液10% 500ml入 (逆性石鹸)・・・0.1%の消毒液にする場合は塩化ベンザルコニウム液10mlに水を加えて1リットルにします。



▼ こんな記事も読まれています ▼

参照 → 生理食塩水 経口補水液

参照 → 人間エアコン ヘルメットエアコン 熱中症対策

参照 → 玄関のドアや鍵の不具合 防犯対策も兼ねて修理

参照 → 呼び出しマイク toa

参照 → 折り畳みヘルメット オサメット

↑このページのトップヘ