ウイルス予防の除菌剤まとめ

流行を繰り返すウイルスやインフルエンザ。除菌剤の成分や効果は気になるものです。ウイルス予防の除菌剤のまとめサイトです。 サライウォーター 楽天

誤嚥性肺炎









中国発新型コロナウイルスが世界で蔓延している。

感染拡大に歯止めがかからない状態で日本をはじめアジア、ヨーロッパ、アメリカなどでコロナウイルス肺炎が急増している。

ワクチンも特効薬もないウイルスなので今後の拡大がとても心配です。



肺炎は近年、ガンや心臓疾患に次ぐ日本での死亡原因の第三位となっている。

肺炎にかかるイメージでは風邪をこじらせて・・・と考えがちですが、その大きな要因は

誤嚥によるもの

食べたものが食道を通らずに気管や肺に誤って入ることです。



特に70歳代以降の高齢者は飲み込む力が衰え誤嚥性の肺炎を起こしやすいといわれている。


「肺炎がいやなら のどを鍛えなさい」では誤嚥のメカニズムの解説から始まり、アゴ持ち上げ体操を実践し誤嚥防止対策まで解りやすく解説しています。

重版を繰り返すミリオンセラー本として多くの方に愛読されています。


医療用の専門的な言葉をなるべく排除されており本を読むことが苦手な方でも肺炎のことが分かるように編集されています。


この本を読んでいて気づかされたことに喉の細部にわたってのイラストの正確さは本物で

現役の医師や看護師といった医療関係者の間でも読まれているそうです。


体の抵抗力、免疫力をつけなさい、とよく耳にしますが実際に何をすればつくものなのか

そんな悩みをお持ちの方は喉を鍛えてみてはいかがでしょう。



・ 最近、よくむせたり咳込むことが多くなった

・ 声がかすれたり小さくなったような気がしませんか

それ、老化のサインです、肺炎を疑ってみましょう。


☆3 勉強になります。喉の体操もしっかりやれば効果があると思います

☆3 高齢の方が参考になると思う。鍛える必要性とトレーニング法が分かりやすい

☆5 両親へプレゼント。文章がとても分かりやすい

☆5 現場の人の意見はとても貴重です。食事中に咳込むことが多くなった人は必読です。

☆5 喉を鍛えれば寿命が10年延びるということがよくわかりました。


肺炎防止の書籍

・ 肺炎がいやなら、ご飯に卵をかけなさい
・ 肺炎にならないためののどの鍛え方
・ 誤嚥性肺炎を自力で撃退するNo.1療法
・ 誤嚥性肺炎抗菌薬だけに頼らない肺炎治療


アマゾン → 肺炎がいやなら、のどを鍛えなさい


楽天 → 肺炎がいやなら、のどを鍛えなさい







河川の氾濫や堤防の決壊などで汚泥が流れ込み、自然に乾燥して舞い上がる砂埃が実は怖い


砂埃には細菌とかも含まれており吸い込むことで肺炎を起こしたりアレルギー疾患を起こしたりします。


台風やゲリラ豪雨などで出た泥水は下水などの汚泥が固まったもの

汚泥の混じった砂埃を吸い続けると非常に危険と言われています。


家が洪水に浸かってしまった方や避難所生活を余儀なくされている方、ボランティア活動に参加する方は災害後肺炎も含め様々な感染症に注意が必要です


汚泥の除去作業の際にはマスクの着用、ゴーグル、長靴、ゴム手袋を着用し作業するようにしましょう。


台風・洪水後に気を付けるべき感染症

破傷風、ガス壊疽、誤嚥性肺炎、外傷後感染

インフルエンザ、麻疹、風疹、手足口病、水痘、髄膜炎などの呼吸器感染症

炭疽、疥癬などの皮膚感染

ノロウイルス、食中毒などの消化器感染症

日本脳炎、A型肝炎、結核



肺炎と聞くと風邪をこじらせて・・・と思いがちですが実は肺炎による死亡原因は誤嚥によるものが多い

食べたものが食道ではなく気管や肺に誤って入ってしまう。

特に70歳を超えた高齢の方は食べ物を飲み込む力が弱くなり誤嚥性の肺炎が起こりやすくなります。


楽天 → 肺炎がいやなら、のどを鍛えなさい 文庫版 [ 西山耕一郎 ]


アマゾン → 肺炎がいやなら、のどを鍛えなさい


↑このページのトップヘ