ウイルス予防の除菌剤まとめ

流行を繰り返すウイルスやインフルエンザ。除菌剤の成分や効果は気になるものです。ウイルス予防の除菌剤のまとめサイトです。 サライウォーター 楽天

除菌剤




お店や施設など広範囲の除菌にはサライウォーター20リットルがお得


サライウォーターの原液が20リットルなので

通常4倍希釈だと80リットル分の除菌剤が作れます。


更に超音波加湿器を使った空間除菌だと10倍に希釈するので200リットル分の除菌剤が作れる


高齢者施設や介護施設、病院、クリニック

工場、作業場、事務所など絶えず人の出入りが多い場所には1日中、空間除菌をしておきたいもの。

サライウォーターだと超音波加湿器で約200リットル分の除菌剤が作れちゃうので、とってもお得な除菌剤

もちろんご家庭の空間除菌にもおすすめ

サライウォーターの使用期限は製造日から約6か月と長期の保存が可能です。

市販のスプレータイプの除菌剤だと使い切るのが早いけどサライウォーターの20リットルがあれば

1年中、除菌剤のストックには困らないほど大容量でお得


ご家庭でお使いの方もリピートにはサライウォーターの20リットルをリピートする人が多い

また、風邪やインフルエンザの流行時には除菌スプレーも品薄状態になっています。

肝心な時に除菌剤が選べない

除菌効果があるのかないのか、無名の除菌スプレーを掴まされるよりは安心のサライウォーターをストックしておきましょう。


サライウォーター20リットル

通常は4倍に希釈して除菌スプレーとして使います

空間除菌の際は必ず超音波加湿器をお使いください。

超音波加湿器を使った空間除菌には10倍に薄めたサライウォーターを使います。


楽天 → 【サライウォーター20L】


Amazon → サライウォーター20L(次亜塩素酸水)



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote



除菌・消臭力が高く 人体に無害なサライウォーター


サライウォーターは塩素系の除菌剤だけど食品添加物として厚生省から認可されています。

いくら塩素系でも有害なら認可はされないでしょうね。

ただ次亜塩素酸水は皮膚についたり誤飲しても安全なものですが、似たような名前の食品添加物に次亜塩素酸ナトリウムがありますが、こちらは皮膚についたり誤飲すると重大に事故に繋がりますので注意が必要です。

食品添加物だから安全、と捉えるよりも「安全だから食品添加物に指定された」というのが正しいようです。

また、食品添加物の基準には最終食品の完成する前に除去しなければならない、という定めもあります。



空間除菌を考えている方は加湿器も用意しなければいけないのですが、サライウォーターで加湿する時は超音波加湿器を使用するようにと記載されています。

普通の加湿器では無理なようです。

超音波加湿器で噴霧する場合は10倍に希釈したサライウォーターを使ってください。


通常のスプレー噴霧は4倍超音波加湿器は10倍と覚えておきましょう。



▼ 次亜塩素酸水の注意点 ▼

・ 汚れなどの有機物があると十分な殺菌効果を発揮できない

・ 保存期間が短く、半年から1年ほどしか保存できない

・ メリットでありデメリットでもある希釈に手間がかかる

・ ノロウイルス感染者の嘔吐物がある場合は、嘔吐物・排泄物の処理を行ってからスプレーするようにしましょう。

・ 最後の仕上げ殺菌としての使い方が推奨されています。


備蓄用にサライウォーターを使う場合は長期間の保存ができないことを念頭に入れローリング・ストック、基本的には平時より除菌消臭に用い、ストックを入れ替えながら使う方法が適しています。


◆ 初めての方には → サライウォーター 次亜塩素酸水2.5L


◆ リピートには → サライウォーター20L 原液・4倍で80L分


この他にも携帯用ボトルや10リットルのサライウォーターを取り扱っているのが楽天のサライshop


サライウォーターで家の中も外出先でも除菌消臭ができます


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote






弱アルカリ性除菌消臭剤 チャーミスト 携帯タイプ 80ml


お出かけ先のウイルスが心配。

そうですね、家はいくらでも除菌できるのに肝心の「外出先」が心配になることってありませんか?

例えば、これから明らかに人の混雑が予想される場所などに行くときは、なるべくなら現地で除菌がしたい。

家で使っている除菌ポンプを持ち歩くのはいくら何でも周りに失礼。

そんな時に役に立つのがチャーミスト携帯タイプ

チャーミスト自体は非引火性の成分なので飛行機の機内にも持ち込みが可能な除菌スプレーです。

なので、海外旅行での除菌対策としてもお勧めです。

目・口・皮膚へも無刺激で、万が一間違って飲んでしまっても大丈夫。


チャーミスト携帯タイプの使い方は気になる場所に2-3回スプレーするだけ。

スプレー後にプール臭がある場合がありますがウイルスやバクテリアに反応している証拠。

体への影響はありませんし、プールのような臭いが消えれば除菌が完了。


〇 チャーミスト 成分

・次亜塩素酸ナトリウム
・純水

〇 原産国は日本
〇 内容量 80ml


チャーミストは楽天の他にもアマゾンや公式サイトでもモチロンお求めいただけます。


◆ 株式会社ポジティヴィスト → チャーミスト



◆ 楽天 → 日本製「チャーミスト3点セットB(携帯用80ml+300ml+詰替用500ml)」


◆ アマゾン → 除菌消臭剤チャーミスト 300ml





◆ 楽天 → ドーバー パストリーゼ77 詰め替え 15kg 一斗缶


◆ 楽天 → ドーバー パストリーゼ77 詰め替え 5L ×2個 (ノズル付)



パストリーゼという除菌剤はご存知でしょうか


◆ ドーバ パストリーゼ77とは

・高純度アルコール分77%なので即効性が期待できる

・高純度カテキン配合で抗菌の持続性が期待できる

・酒造用の純粋を使っているので安全性が高い


アルコール77%の非常に強力な除菌力を発揮してくれる。

抗菌テストの持続性では1-4日までの抗菌の持続性を確認

厚労省認可の食品添加物でできているので食品に直接噴霧できる安全性


産経新聞、おしゃれイズム、アメトーークなどのメディアでも紹介されているパストリーゼ


◆ パストリーゼ ご家庭での使い方

・まな板、包丁などの除菌や抗菌に
・卵の殻の除菌、抗菌に
・シンク、三角コーナーの防臭、防カビ
・外出後、食事前の除菌に
・冷蔵庫のお掃除に
・ハブラシ、カミソリの抗菌に
・レンジや換気扇など水洗いしにくい箇所に
・靴箱、押し入れ、靴、スリッパに
・お刺身など生鮮食品の保存に
・ペットのサークル、ベッド、トイレの防臭に
・パン、お餅、果物のカビ防止になど、食品に直接噴霧できるパストリーゼは防カビ、抗菌にも役立ちます


◆ パストリーゼ 工場や店舗での使い方

・休日前に噴霧することで作業所の除菌をカテキン効果で抑えてくれます
・トレーやトングの厨房用品の除菌に
・ギフト菓子の包材に・防虫対策に


◆ アマゾン → ドーバー パストリーゼ77 スプレーヘッド付 500ml



▼ こんな記事も読まれています ▼

参照 → 汗の匂いと食中毒対策 両方に効くスプレー

参照 → チャーミストの効果的な使い方とは

参照 → サライウォーター 使い方


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote




家庭用除菌剤を選ぶ際に、最近人気になっているのが次亜塩素酸水


次亜塩素酸水は食品などに塩素臭がのこらず手荒れの心配もなく安全に使える除菌剤として人気があるのですが

元々、従来殺菌に使われていた次亜塩素酸ナトリウムの欠点でもある

・ 塩素臭の残留
・ 排水処理
・ 環境負荷
・ 有害物質クロロホルムの生成

などを「何とかできないか」という経緯で開発されたのが次亜塩素酸水

これだけでも次亜塩素酸ナトリウムと次亜塩素酸水がまったくの別物であることが分かりますね。


ただ名前が似すぎている・・・これだと消費者が間違えて購入することもあるでしょうね。

更には微酸性次亜塩素酸水まで出てくる始末・・・何とかならんもんか。

次亜塩素酸ナトリウムにしても次亜塩素酸水にしても違いはpHによるものなので名前が似ちゃうんでしょうね。困ったものです。

ですので除菌剤を買う時はサライウォーターミエロウィルバスのように商品名で買った方が間違いがないようです。


ちなみにミエロという除菌剤は微酸性の次亜塩素酸水

成分はヒトの白血球に含まれているミエロバルオキシダーゼ酵素で出来ている除菌水

除菌効果は弱酸性、強酸性も強いのに金属やゴムの腐食レベルは水道水並みの除菌剤

また間違って赤ちゃんやペット、食品などにかかっても安全な除菌剤としてジワジワ人気が出てきているようです。

ミエロだと覚えやすいですが微酸性次亜塩素酸水では、かなり覚えにくい。

楽天やアマゾンでも売っていますので

ノロウイルスやインフルエンザ対策の除菌剤選びに悩んだときは参考にしてください。


◆ 楽天 → ノロインフルミエロはじめてセット


◆ アマゾン → myelo(ミエロ) はじめてセット


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ