ウイルス予防の除菌剤まとめ

流行を繰り返すウイルスやインフルエンザ。除菌剤の成分や効果は気になるものです。ウイルス予防の除菌剤のまとめサイトです。 サライウォーター 楽天

2018年12月

性に興味のある17歳~19歳の男女を対象としたアンケート調査では


約4割が学校の性教育が役に立たない、と回答


この年代のセックス経験者はほぼ4人に1人


うち、4人に3人が性病への不安を抱えている。


避妊の必要性を感じている人は9割近くにも達している


800人のネットでの意識調査の結果

学校での性教育は

役に立った 59.1%
役にたたない 40.9%

もっと重点的に教えてほしいことには

・ 避妊の重要性
・ 性病の危険性


ネットの普及により不特定多数との異性行為が安易になり性病の蔓延にも繋がっている

オーラルセックスでも十分に性病にかかるリスクがあることを知っておいてほしいものです。

大人が教えにくい、子供が聞きにくい性に関する悩み


◆ 楽天 → イラスト版10歳からの性教育 子どもとマスターする51の性のしくみと命のだいじ [ 高柳美知子 ]


---------------------------------------------------------------

【ニュース】 増加する性感染症(STD)感染者、早期発見・早期治療が大切!

---------------------------------------------------------------


◆性行為によって感染する性感染症(STD)感染者が増加しています。

特に梅毒の感染者数は、ここ数年で爆発的に増えています。



代表的な性感染症であるクラミジア感染症は、

性経験がある一般の高校生で、女性13.1%、男性6.7%が

感染しているとの報告もあります。


◆特にクラミジア感染症は自覚症状が出にくく、

知らない間に感染し、知らない間に他人へ感染させてしまいます。

治療をしないで放置しておくと、不妊症の原因になる可能性や

出産時の母子感染の可能性もあります。


◆HIV(エイズ)感染も性感染症です。

HIV(エイズ)、は治療の進歩で死に至る病ではなくなりました。

早期に発見して早期に治療を始めることの重要性が

ますます高まっています。


◆今や性感染症は、特別な人たちがかかる病気でなく

誰がかかっても不思議でない病気になっています。

心配な時は、まず検査を受けることが大切です。


◆STD研究所の ◆性病検査 STDチェッカー◆ は、

ついためらいがちな性病検査を、自宅で簡単に受けられる検査キットです。

自宅で採取した検査物(尿・腟分泌液・血液)をポストに投函し、

到着したら結果は最短翌日。

プライバシー重視の完全匿名検査。あなた専用の画面で

専門員が丁寧にフォローします。


◆検査は登録衛生検査所の自社ラボ、高水準の検査を実施しています

---------------------------------------------------------------

豊富な検査項目。様々なニーズに対応しています。

◆クラミジア◆淋菌◆クラミジア(のど)◆淋菌(のど)

◆HIV(エイズ)◆梅毒◆B型肝炎

◆マイコプラズマ◆ウレアプラズマ

◆トリコモナス◆カンジタ◆一般細菌◆ヒトパピローマウイルス

◆C型肝炎

---------------------------------------------------------------

→検査商品のご購入はこちら


◆ 自宅でカンタン、匿名検査 ◆


インフルエンザウイルスが私たちの体の中に潜んでいる、いわゆる潜伏期間は

わずかに1日~2日

高熱になる前の前駆症状としては

・ 体のダルサ
・ 鼻やのどの乾燥
・ 強い悪寒

風邪との症状と似ていますがインフルエンザの場合は、このような症状を感じたか感じていないかの猶予がなく

いきなり高熱、強い倦怠感、関節痛、筋肉痛の症状があらわれます。

またインフルエンザウイルスは発症する1日前から感染力を持っていると言われています。


インフルエンザウイルスの感染力は約1週間ほど持続し発症してから3日ほどが感染のピークになっています。

インフルエンザウイルスの増殖力は凄まじく、およそ8時間で100倍に

1つのウイルスが24時間で100万個になる計算です。

このインフルエンザウイルスが数千万に達すると症状にあらわれ3日目以降は減少に転ずると考えられています。

インフルエンザの予防接種を受けていても感染することがありますが、症状が比較的軽く済み熱も38度に達しないこともあるようです。



冬は感染症が多く風邪、インフルエンザ、感染性胃腸炎など似た症状の感染症が流行しますね。

お腹が痛い、胸が悪い、悪寒が走る、など症状も人によってさまざま


風邪・インフルエンザ・感染性胃腸炎の違いを知って予防と対策に努めましょう。


感染症の予防には手洗い、ウガイが基本ですが

・ 水が冷たいから指先だけ水で濡らしている

・ 水を少し含んだだけのウガイをしている

という手洗い・ウガイはやらないよりはマシかも知れませんが、あまり良い手洗い・ウガイの仕方とは言えません。

手洗いは石鹸を使って丁寧に洗い、ウガイは喉の奥まで何回もしっかりとウガイします。

水が冷たいからと言って予防に手を抜いては、あきまへん。


▼ 風邪・インフルエンザ・感染性胃腸炎 違い ▼


風邪

・ 喉の痛み
・ 鼻水
・ 咳やクシャミ
・ あまり高くない発熱

インフルエンザ

・ 普通の風邪の症状もプラス
・ 38度以上の高熱
・ からだの痛み
・ 寒気

ノロウイルスなどの感染性胃腸炎

・ お腹の痛み
・ 吐き気
・ 下痢
・ あまり高くない発熱


インフルエンザの感染経路

飛沫感染 → 感染した人の咳やクシャミでウイルスが飛び散り感染します

接触感染 → ウイルスがついたものを触り、その手で口や鼻、眼を触ることで感染します

飛沫核感染 → ウイルスを含む水分が蒸発し、ごく細かい粒子になったものが空気中を漂い、それを吸い込むことで感染します。


目には見えないけれど手にはウイルスがついていると思っていい → 手洗い予防

見えないけれど空気中に漂っていると思っていい → マスクで侵入防止




関連記事 インフルエンザやノロウイルスに次亜塩素酸水






インフルエンザにかかると学校はお休みになります。

医師からインフルエンザと診断されると学校は出席停止扱いになり登校することはできません。

インフルエンザでの出席停止期間は

インフルエンザを発症した後、5日を経過し、且つ解熱した後2日を経過するまでとなっています。

インフルエンザを発症した日は「0日目」でカウントします。


例えば発熱後2日目に熱が下がった場合は

0日目 → 発熱 → 登校✖
1日目 → 発熱 → 登校✖
2日目 → 解熱 → 登校✖
3日目 → 解熱後1日目 → 登校✖
4日目 → 解熱後2日目 → 登校✖
5日目 → 登校✖ → 5日を経過していないため登校できません。
6日目 → 登校〇


インフルエンザの発症後4日目に熱が下がった場合

0日目 → 発熱 → 登校✖
1日目 → 発熱 → 登校✖
2日目 → 発熱 → 登校✖
3日目 → 発熱 → 登校✖
4日目 → 解熱 → 登校✖
5日目 → 解熱後1日目 → 登校✖
6日目 → 解熱後2日目 → 登校✖
※5日は経過していますが解熱後2日を経過していないため登校できません。
7日目 → 登校〇


抗インフルエンザ薬はウイルスの増殖を抑える効果はあるものの、ウイルス自体をやっつけるわけではありません。

薬を使用し熱が下がった後もウイルスは体内に残っており、咳やクシャミで周囲に飛び散ります。

薬の効果でインフルエンザの症状が治まり楽になると「完治」したと思いがちですが、周りの人にうつしたしまう可能性もあります。

出席停止の基準をもとに医師の指示に従い、しっかり治してから登校するようにしましょう。


※ 厚労省HP → インフルエンザ 出席停止 厚生労働省基準





風邪予防に体の免疫力を高めておくのは必要なことですね。

免疫力が高くなると風邪をひいてしまった場合でも高熱になりにくく治りも早くなります。

真冬に外で運動・・・は、なかなかできないので家の中で軽いストレッチをしたり散歩をしたりしながら運動不足にならないようにしましょう。


食材で免疫力を高めたい場合のおすすめが「ネギ

ネギは体を温めてくれる作用もありますので寒い冬には体の中から元気にしたいものです。

ここでいうネギとは青ネギ・白ネギ・長ネギのことでタマネギのことではありません。

お鍋やラーメン・ギョーザなどネギを使う機会が多いので健康には役に立ちそうですね。


◆ ネギの香り

ネギの香り成分アリシンは血管を拡張させる働きがあります。

血管が広がることで血流がアップして代謝が良くなります。

ネギの香りを、しばらく嗅いでいると数分後には体温が上昇してきます。

冷え性の方やダイエットをされている方にもネギはお勧めですね。

ただ、このアリシンは生のネギが持つ香り成分ですので、そのまま生で食べることで効果を発揮できます。


◆ ネギのヌルヌル成分

ネギ農家さんの間で「ヌル」と言われるネギの内側にある粘液。

透明な粘液でネギをポキッと折ったときに流れてくる透明な粘液のことです。

実は、このヌルにはスゴイ効果が期待できると研究中の成分

ヌルを使った実験ではIgA抗体・マクロファージ・ナチュラルキラー細胞が活性化され細菌やウイルスの抑制や撃退に役立つという。

IgA抗体は細菌やウイルスを撃退してくれマクロファージもパワーアップ。

ガン細胞を攻撃するナチュラルキラー細胞も活性化される、などの効果があげられています。


◆ ネギは青い部分も食べるべし

地域によってはネギの青い部分を捨てている地域も少なくありませんが、「ヌル」が多く含まれているのは実はネギの青い部分なんです。

しかも、このヌルはネギの香りと違いお鍋などで温めて食べても効果がある、と言われています。

体の免疫力を高めるならネギの青い部分はしっかり食べましょう。




◆ 楽天 → 九州産 白ねぎ(シロネギ・白葱・長ネギ) 2〜3本


◆ アマゾン → 白ねぎ10束【九州産:大分・福岡・熊本】深ねぎ・長ねぎ


↑このページのトップヘ