ウイルス予防の除菌剤まとめ

流行を繰り返すウイルスやインフルエンザ。除菌剤の成分や効果は気になるものです。ウイルス予防の除菌剤のまとめサイトです。 サライウォーター 楽天

アトピー・ニキビ・殺菌・消毒石鹸





ニキビケアのプロアクティブから全く新しいプロアクティブが登場


・ ニキビループにうんざりしている方

・ 肌の赤み、ニキビに悩んでいる

・ ニキビケアを試したが効果が感じられない

・ ニキビの他にも肌のトラブルで悩んでいる


こんなニキビや肌の悩みを抱えている方にお勧めなのがプロアクティブプラス


◆ 60日間返金保証

◆ 30日サイズを4,980円


▼ プロアクティブ 使い方 ▼

プロアクティブプラスの使い方は朝夜行う3ステップケア

ステップ1
スキン スムージング クレンザーで1日2回、朝晩にお使いください
顔全体を濡らしてから適量を手のひらに取りお肌にのばします。
目の周りやクチビルを避けて優しくマッサージするように洗い、ぬるまゆで良くすすぎます。
最後にタオルで軽く押さえるようにして水分をとります。

ステップ2
ステップ1が終わったらポアターゲティング トリートメントを1日2回、朝晩にお使いください。
適量を取り目の周りを避けて顔全体にこすらずに薄く伸ばします
肌によく馴染むようにハンドプレスします

ステップ3
ステップ2が肌に完全に馴染んだらスキン ブライトニング ハイドレイターを1日2回、朝晩にお使いください。
適量を手に取りこすらずに顔全体にのばします。
肌にしっかり馴染むようにハンドプレスします。


▼ プロアクティブ+ 効果 ▼

プロアクティブはニキビケア市場で11年間ずっと1位をキープしています。

おでこや鼻の繰り返しニキビに悩んでいましたが新しいニキビが出なくなりました
生理前でもニキビが出なくなりました
ニキビ発生から三日目では、ほとんど目立たなくなります
余分な角質が取れて肌のキメが整う感じです
毛穴も目立たなくなりました。


▼ プロアクティブプラス 口コミ ▼

たくさんの口コミを総評すると

1.ニキビ改善に効果があったという声が多数
2.3ステップの使い方が分かりやすく継続しやすい
3.電動洗顔ブラシは使い心地が良い、毛穴の掃除に良い
4.電動ブラシは皮脂や角栓の除去に効果的
5.使用を一週間続けてみると点々とあったニキビが消えてました~
6.一週間経過後は新たなニキビの発生が抑えられているようです




◆ 楽天 → プロアクティブ+ 薬用ニキビケア 基本お試しセット 30日分


◆ アマゾン → プロアクティブ + 薬用ニキビケア 3ステップセット 30日セット



あわせて読みたい

セラ水とは 脂漏性皮膚炎

韓国コスメ 洗顔 アトピー改善

アイナソープ 楽天

繰り返しニキビ スキンケア Cエッセンス

虎杖伝説クリーム



[プロアクティブ 使い方][プロアクティブ+ 効果][プロアクティブ 口コミ 効果][プロアクティブプラス 効果][プロアクティブプラス 口コミ][プロアクティブ+ 口コミ][プロアクティブ 口コミ][プロアクティブ 電動洗顔ブラシ 口コミ][プロアクティブプラス 感想][プロアクティブ 効果][プロアクティブの使い方][プロアクティブ 洗顔 口コミ][プロアクティブ使い方][プロアクティブ+ 口コミ][プロアクティブ 使い方 おすすめ]





◆ サニテートは手洗い後にシュッと消毒

手指、皮膚の洗浄・消毒にお勧めです。

医薬部外品として許可されている手指消毒液です。

すり込んだ後の手洗いは不要。

グリセリン配合なので手指になじみ、使用後はしっとりとしてサラサラ。


◆ サニテートは、こんな時にどうぞ

〇 手洗い後の消毒に

〇 調理をする前に

〇 髪の毛や肌に触れた後

〇 レジなどでお金に触れた後

〇 手指の消毒をしたい時


◆ サニテート 使い方

1.アルコールを手に噴霧します

2.両手、指先にアルコールをすり込みます

3.手のひら → 手の甲 → 指の間 → 手首まで、乾くまでよくすりこみます

4.乾いたら完了です。


◆ こんな場所で使ってください

〇 病院、介護施設

〇 厨房、レストラン

〇 工場、作業場、オフィス


サニテート 使用期限

アルコールが飛ばないようにしっかりとフタをしていれば開封後の使用期限は特に設けていないようです。


◆ 楽天 → 薬用ハンドソープ サニテートTG 希釈タイプ(逆性石鹸)4L


◆ アマゾン → 薬用ハンドソープ サニテートTG 希釈タイプ(逆性石鹸)4L×2本入




あわせて読みたい

紙石鹸 ポケットソープ コロナ対策

水とハンドソープでウイルスは減らせる

殺菌 抗菌 除菌の違い






CELA水がネットで脂漏性皮膚炎にイイという話は有名で

人によっては歯周病対策の歯磨き後のウガイや

脂漏性皮膚炎の方が洗顔後に顔にスプレーして保湿することで効果を感じている方もいらっしゃるようです。

セラ水の口コミでも脂漏性皮膚炎の効果を書いてあるのが多い


ところで脂漏性皮膚炎って何?


病院で脂漏性皮膚炎と診断されても、なかなか治らない人が多いのだとか

薬の保湿成分が原因のようで数日~数週間、薬を塗っても効果を感じられない人も多い

なので、病院を変える → 赤みがひかない → 病院を変える・・・の悪循環に

もちろん処方された薬で完治する方もいるので、すべての薬が原因とも言えないのですが

脂漏性皮膚炎で悩んでいる方が、病院で治らないケースの場合、セラ水やコラージュフルフルに辿り着くパターンが多いようです。


セラ水は弱酸性の次亜塩素酸水で「除菌剤をスプレー?」と最初は顔にスプレーするのに当然、抵抗があるようですが人やペットに優しい弱酸性の成分でできているので安全

なので、赤ちゃんのオモチャの除菌や学校・幼稚園・病院などの除菌剤としても選ばれています。


脂漏性皮膚炎で悩まれている方が試している方法が洗顔後のスプレーで保湿し処方された薬を塗る、というもの。

これだけで顔の赤みが数日で好転するというから驚き

数週間も病院に通ったのは何だったの?と思いつつも症状が改善されればOK

また手指の消毒でアルコール消毒していると肌が乾燥するのですが、そんな時もセラ水でスリスリすると乾燥肌も改善するようです。

なんだかスゴイ除菌剤ですね、セラ水って。

ただ脂漏性皮膚炎にしても乾燥肌にもしても改善されない、悪化する、場合はすぐに使用を中止してくださいね。


楽天 → CELA 次亜塩素酸水 除菌スプレー 空間除菌


アマゾン → 弱酸性次亜塩素酸水【CELA】 300mlスプレーボトル



合わせて読みたい

セラ水とは 次亜塩素酸の弱酸性水 pH6.50

セラ水の使い方

セラ水とは 特徴や使い方

次亜塩素酸水 ppm別 種類

セラ水 加湿器+20リットル+300ml



韓国国内でアトピー性皮膚炎改善の特許を取得している韓国ソリソ社と共同開発してできたクレンジングソープ

マザー ハーバル クレンジング ソープ


本物志向の漢方化粧品です


マザーハーバル クレンジングソープの特徴

・敏感な肌の方へ保湿力の高い石鹸です

・韓国国内でアトピー改善の特許技術により開発した石鹸です

・成分の差がお肌の差につながります、メドハギ、ドクダミなどの成分がニキビ、汗も、肌荒れを防いでくれます


※ 韓国国内において、アトピー皮膚炎改善用の漢方化粧品(特許番号 第10-0633041)、


肌に優しく、さっぱりとした洗い心地に満足しています


ピーリング石鹸を探していたところ美容部員の方に勧められた石鹸
漢方の香りでとても効きそうな感じ(笑)
泡立ちがきめ細かく優しく洗顔できます
肌質が少しずつきめ細かになっているようです。
モチモチ感が嬉しい

さっぱりするけど乾燥しない使い心地です。


楽天市場 → マザー ハーバル クレンジング ソープ 95g


Amazon → マザー ハーバルクレンジング ソープ 5個セット



アトピーや湿疹、痒みに効くクリームってなかなか良いものに巡り合えない・・・


クリームを塗ると余計に悪くことが多く、怖くてどれを選べば良いのかわからなくなる・・・


こんなアトピーや痒みの症状にお悩みの方に試していただきたいのがホープスリリーフクリーム


ホープスリリーフクリームはアトピーの赤ちゃんにも使える保湿ケアクリーム


・ 非ステロイド

・ 無添加

・ ホメオパシー

・ 天然由来成分


なので赤ちゃんから大人まで使える肌対策クリームの決定版


オーストラリアでは魔法のクリームとも呼ばれているホープスリリーフクリーム


低刺激で肌にも優しいから赤ちゃんに使っても安心



▼▼▼ ホープスリリーフクリーム 5つの有用天然成分 ▼▼▼


カレンデュラ → トラブル肌に有効な成分を40mg

アロエベラ → 皮膚ダメージをケアする成分を100mg

マヌカハニー → 還元力のある成分を100mg

ゴツコーラ → コラーゲンのサポート成分を40mg

リコリス → 皮膚バリア成分を20mg


肌の保湿力とバリア機能を整え通常の肌コンディションを保ちます


ホープスリリーフクリームは通販サイトでも人気があり楽天やアマゾンでも扱っています。


ご購入を検討している方は口コミやレビューも参考にしてくださいね。



◆ 楽天 → ホープスリリーフクリーム 60g


◆ アマゾン → 5本セット ホープスリリーフクリーム 60g


↑このページのトップヘ