ウイルス予防の除菌剤まとめ

流行を繰り返すウイルスやインフルエンザ。除菌剤の成分や効果は気になるものです。ウイルス予防の除菌剤のまとめサイトです。 サライウォーター 楽天

ウィルバス


ウイルバスには様々な種類があり有効塩素濃度が200ppmのウイルバス200と有効塩素濃度が1,000ppmのウイルバス1000

その他の濃度や内容量の違うタイプのウイルバスも多数あります。

ご家庭、施設、工場など用途別にウイルバスを選ぶこともできます。

◆ 衛生管理の新たな基準!塩素濃度200ppmに対応

アルコール耐性のノロウイルスを原因とする急性胃腸炎の流行

O157などの腸管出血性大腸菌による感染等も考慮し食品の殺菌等に対して次亜塩素酸ナトリウムのニーズが増えています。

濃度に関しても200ppmを望まれるケースが増えております。

こうした現場の声に対応し行政機関からの推奨指導に適合する

有効塩素濃度200ppmの食品添加物がウィルバス200です


◆ 楽天 → ウィルバス200 500mlスプレー 3本セット


◆ アマゾン → ウィルバス500ml (200ppm)



◆ 感染拡大を防ぐ!緊急時に使える高濃度タイプ


感染力の強い細菌やウイルスは保菌者のおう吐物や排泄物から飛沫感染が起こるケースが多く見られます。

ウィルバス1000は希釈の手間が無く迅速な除菌が可能。

菌数の多い対象物に素早く対応するための1000ppm濃度がウィルバス1000です


◆ 楽天 → ウィルバス 1000 注意※高濃度 500mLボトル


◆ アマゾン → ウィルバス500ml おう吐・汚物処理向け1000ppm




あわせて読みたい

ウィルバス 3本セット

間違えたら危険 次亜塩素酸ナトリウム 次亜塩素酸水 違い

ウィルバス200 業務用

ウィルバス200 食品にも噴霧できる

ウィルバス200 使い方


[ウィルバス コロナに効く] [ウィルバス200] [ウィルバス200 使い方] [ウィルバス 効果] [ウィルバス 使い方] [ウィルバス ノロウイルス]





除菌スプレーを選ぶ際に、このような悩みはありませんか?

〇 使うたびに薄めるのが面倒

〇 塩素特有のニオイが嫌

〇 ステンレスの黒ずみや服の色抜け

〇 アルコール効果の無い耐性菌が心配

など、除菌剤選びの際は「手間なし」「効果あり」「色落ち無し」などの除菌剤が家庭では必要ですね。

厨房やレストランなどにお勤めの方なら、除菌剤に対する必須の条件ではないでしょうか。


ウィルバス200は、このような除菌剤の「困った」を解決してくれる除菌剤。

更にウィルバスの効果として

〇 食品に直接使える
〇 金属腐食性がない
〇 希釈の必要がなくスプレーに移し替えた後も約三か月使える
〇 漂白性が無い
〇 手荒れがしにくい
〇 目に対する刺激性がない
〇 誤飲しても害がない
〇 常温、冷暗所保管でも2年間性能を維持する
〇 トリハロメタンが出ない
〇 次亜塩素酸ナトリウムのデメリットが解決済み

として「使える~」除菌剤として選ばれています。

年末年始の忙しい時でもシュッシュッとスプレーするだけで除菌対策が完了。


楽天 → ウィルバス200 500mlスプレー 3本セット


アマゾン → ウィルバス500ml (200ppm) 3本セット




この記事を読んだ後に読まれている記事

食品にも噴霧できるウィルバスとは

ウィルバスの使い方

ウィルバス200 楽天

ウィルバス1000と200の違い

ウィルバス200 業務用








家庭用除菌剤を選ぶ際に、最近人気になっているのが次亜塩素酸水


次亜塩素酸水は食品などに塩素臭がのこらず手荒れの心配もなく安全に使える除菌剤として人気があるのですが

元々、従来殺菌に使われていた次亜塩素酸ナトリウムの欠点でもある

・ 塩素臭の残留
・ 排水処理
・ 環境負荷
・ 有害物質クロロホルムの生成

などを「何とかできないか」という経緯で開発されたのが次亜塩素酸水

これだけでも次亜塩素酸ナトリウムと次亜塩素酸水がまったくの別物であることが分かりますね。


ただ名前が似すぎている・・・これだと消費者が間違えて購入することもあるでしょうね。

更には微酸性次亜塩素酸水まで出てくる始末・・・何とかならんもんか。

次亜塩素酸ナトリウムにしても次亜塩素酸水にしても違いはpHによるものなので名前が似ちゃうんでしょうね。困ったものです。

ですので除菌剤を買う時はサライウォーターミエロウィルバスのように商品名で買った方が間違いがないようです。


ちなみにミエロという除菌剤は微酸性の次亜塩素酸水

成分はヒトの白血球に含まれているミエロバルオキシダーゼ酵素で出来ている除菌水

除菌効果は弱酸性、強酸性も強いのに金属やゴムの腐食レベルは水道水並みの除菌剤

また間違って赤ちゃんやペット、食品などにかかっても安全な除菌剤としてジワジワ人気が出てきているようです。

ミエロだと覚えやすいですが微酸性次亜塩素酸水では、かなり覚えにくい。

楽天やアマゾンでも売っていますので

ノロウイルスやインフルエンザ対策の除菌剤選びに悩んだときは参考にしてください。


楽天 → ノロ インフルミエロ原液パウチ入り1L


アマゾン → 弱酸性次亜塩素酸水ピュア 200ppm 20L









飲食店やホテル、娯楽施設などでよく見かけるウィルバス200

使い勝手の良さから選ばれている食品添加物殺菌料

食品添加物殺菌料ですので食品にかかっても安全な除菌剤です。

この使い勝手の良さが業務店にも選ばれている理由のひとつ

・ まな板・調理器具の除菌に

・ 包丁などの金属に噴霧しても黒ずんだり腐食したりしません。

・ 食肉・野菜に噴霧すると殺菌できます。

・ 下ごしらえの食材に噴霧してもOK




ウィルバス200 10Lバロンボックス


・ 使うたびに薄めるのが面倒

・ 塩素特有のにおいが苦手

・ ステンレスの黒ずみや服の色抜けが心配

・ アルコールで効かないウイルスが心配

など、除菌剤のデメリットをカバーしたウィルバス200

ノロウイルス、食中毒、インフルエンザの対策にお勧めの除菌剤です。


◆ 楽天 → ウィルバス200 10Lバロンボックス


◆ アマゾン → ウィルバス10Lバロンボックス (200ppm)+詰め替えボトル1本


sanitization.xml

↑このページのトップヘ