ウイルス予防の除菌剤まとめ

流行を繰り返すウイルスやインフルエンザ。除菌剤の成分や効果は気になるものです。ウイルス予防の除菌剤のまとめサイトです。 サライウォーター 楽天

ノロウイルス



ウイルバスには様々な種類があり有効塩素濃度が200ppmのウイルバス200と有効塩素濃度が1,000ppmのウイルバス1000

その他の濃度や内容量の違うタイプのウイルバスも多数あります。

ご家庭、施設、工場など用途別にウイルバスを選ぶこともできます。

◆ 衛生管理の新たな基準!塩素濃度200ppmに対応

アルコール耐性のノロウイルスを原因とする急性胃腸炎の流行

O157などの腸管出血性大腸菌による感染等も考慮し食品の殺菌等に対して次亜塩素酸ナトリウムのニーズが増えています。

濃度に関しても200ppmを望まれるケースが増えております。

こうした現場の声に対応し行政機関からの推奨指導に適合する

有効塩素濃度200ppmの食品添加物がウィルバス200です


◆ 楽天 → ウィルバス200 500mlスプレー 3本セット


◆ アマゾン → ウィルバス500ml (200ppm)



◆ 感染拡大を防ぐ!緊急時に使える高濃度タイプ


感染力の強い細菌やウイルスは保菌者のおう吐物や排泄物から飛沫感染が起こるケースが多く見られます。

ウィルバス1000は希釈の手間が無く迅速な除菌が可能。

菌数の多い対象物に素早く対応するための1000ppm濃度がウィルバス1000です


◆ 楽天 → ウィルバス 1000 注意※高濃度 500mLボトル


◆ アマゾン → ウィルバス500ml おう吐・汚物処理向け1000ppm




あわせて読みたい

ウィルバス 3本セット

間違えたら危険 次亜塩素酸ナトリウム 次亜塩素酸水 違い

ウィルバス200 業務用

ウィルバス200 食品にも噴霧できる

ウィルバス200 使い方






特濃800ppmの次亜塩素酸水 アクアルファfフォルテ


アクアルファって名前の除菌剤がいくつかあるのですが違いはこうなっています。

2014年のアクアルファαは濃度が400ppm

2016年のアクアルファfは濃度が600ppm

2017年にデビューしたアクアルファfフォルテは特濃800ppmのアクアルファ

濃度が濃くても微酸性の次亜塩素酸水なので安全です

800ppmで微酸性の次亜塩素酸水はアクアルファfフォルテだけかも知れません。


濃度が濃くなると刺激臭が強くなる心配があるのですが

アクアルファは中性に近い微酸性に調整しているため刺激臭はほとんどありません。

また水道水で希釈してもpHの変化による失活もありません。


▼ アクアルファfフォルテの効果 ▼

・ 家の中の菌やウイルスの除菌
・ オムツ臭いの消臭
・ ペットのアンモニア臭の消臭
・ 洗濯物の部屋干し臭の消臭
・ トイレの消臭や除菌
・ タバコ臭の消臭
・ アルコールが効かない菌やウイルス
・ キッチンの生ごみ臭の消臭


▼ アクアルファfフォルテの使い方 ▼

特濃800ppmなので水道水で希釈して200ppm、400ppm、800ppmなど状況に合わせた使い方ができるので経済的

200ppmを作りたい時
アクアルファf 100mlに対し水道水300ml 1:3の割合で作れます

100ppmを作りたい時
アクアルファf 100mlに対して水道水700ml 1:7の割合で作れます


▼ アクアルファfフォルテ 濃度別使い方 ▼

20~50ppm → 食材の洗浄や除菌、花瓶の水、超音波加湿器による空間除菌

100~200ppm → 一般の除菌スプレーとして室内や車内、ペット臭、生ごみ臭、タバコ臭、トイレ便座の除菌、オモチャの除菌、ハブラシの除菌等々

200ppm以上 → トイレの瞬間消臭、お風呂のカビ、嘔吐物の除菌、等など



◆ 楽天 → 特濃800ppmハードボトル+200ppm,アクアルファ



あわせて読みたい

アクアルファf 800 最安値

インフルエンザと風邪との違い

次亜塩素酸水 セラ水

加湿器 おしゃれ アロマ ライト

空間除菌 携帯用 風邪 インフルエンザ予防







よく耳にする「アルコールが効かないウイルス」とはどのような菌なのでしょう。

ノロウイルスがアルコール除菌できないのは有名な話ですね。

その他の菌やウイルスでアルコールが効かないものは以下の通り


▼ アルコール消毒が効かない菌やウイルス ▼


◆ ノロウイルス → 貝類を媒介することが多いウイルスで下痢や激しい嘔吐などの症状があります、エンベロープという油性の膜を持たないためアルコール消毒は効きません。


◆ ロタウイルス → 急性胃腸炎を引き起こすウイルス、下痢・嘔吐・発熱の症状、下痢便が白くなる特徴


◆ コクサッキーウイルス → ヘルパンギーナともいう。夏風邪の原因ウイルスとされ高熱が伴うことも


◆ アデノウイルス → プール熱の原因ウイルス。感染力が強く高熱・胃腸炎・結膜炎の症状がある


◆ 白癬菌 → 爪・皮膚疾患の原因菌、根治までは時間を要する、爪白癬


◆ カンジダ → 健康な女性が持っている常在菌。疲れやストレスなどで抵抗力が落ちると膣カンジダを発症する。


◆ 炭疽菌 → 発病すると死亡率は100%近い


◆ ボツリヌス菌 → ボツリヌス毒素を生成する。瓶詰・缶詰・レトルトパックの食品に注意


◆ セレウス菌 → 土壌細菌。食中毒では下痢・嘔吐の2タイプに分かれる


◆ 破傷風菌 → 破傷風の病原体として世界中に存在する。生成毒素は最強レベルの毒素である。


◆ ウェルシュ菌 → 腸内常在菌。カレーや煮物の再加熱に注意が必要



▼ アルコールが効かないウイルスには ▼


楽天 → 日本製「チャーミスト詰替え用 500ml」


アマゾン → イータック 抗菌化スプレーα 250ml




あわせて読みたい

エコクイックアルファ ホームセンターと通販どっちが安い

新型コロナ対策 その後 手洗いやウガイ

ドクターサポート 除菌 ノンアルコール

コロナ生活で売れているもの

phmbとは 除菌剤



ノロウイルスの対策には効いて当たり前の除菌剤を使いたい

いつもはノロウイルス対策として使っているノロクリンなのですが2020年はコロナの蔓延で消毒液不足

果たしてノロクリンでコロナに通用するかは定かでありませんが家の中に除菌剤は常にストックしておきたい。

塩素系の除菌剤が苦手な方にはお勧めだと思います。

値段が少し高いですが買えるうちに買っておこうという我が家の方針でリピしています

家族に医療従事者がいるご家庭では不安でしかないコロナ騒動

経済の回復も大切ですが健康な体があってのもの

まったく大変な世の中になってしまいました

コロナの感染の予防をしつつノロウイルスにはしっかりと効いてほしい

手指にも使え安心して使用できます

エタノールが入っているためアルコール臭はありますが、すぐに飛んじゃうので私は気になりません

無色透明無臭な除菌剤が多い中、アルコール臭があると効き目がありそうで精神的に安心です。

我が家で使う時は一度の噴霧量が多く感じられるため一度、ペーパータオルなどに噴霧して拭き掃除をすると広範囲を除菌できるようです。


◆ 楽天 → ノロクリン 300mL


◆ Amazon → ノロクリン 300mL







秋から冬にかけて気を付けるべき感染症はいくつかあります。

特に小さなお子さんやご高齢者のいるご家庭では様々な感染症に注意が必要です


秋から冬にかけて流行る感染症にマイコプラズマ肺炎・RSウイルス感染症・インフルエンザがあり、それぞれの症状の特徴と対策をまとめています。


マイコプラズマ肺炎

原因 → マイコプラズマという微生物

特徴 → 普通の風邪と見分けがつきにくい。風邪が治ったと思っても激しい咳がいつまでも続くのが特徴、肺炎としては症状は軽い方です。

感染力 → あまり強くはないが約二週間ほどの潜伏期間や治ってからも人にうつすことがある。

発熱 → 38℃ていどの熱が数日つづく、熱が出ない場合もあります。

せき → 乾いたコンコンという咳がだんだんひどくなる

痛み → 咳による胸痛が出ることがあります。

合併症 → まれに悪化した場合、脳炎、中耳炎を起こすことがあります。

対処法 → 決まった抗生物質して効かないので咳が出たら医療機関へ、医師より学校を休むように言われたら出席停止になります。

感染経路 → 咳やくしゃみによる飛沫感染が多い


RSウイルス感染症

原因 → RSウイルスによるもの

特徴 → 学童・成人はほとんど風邪のような症状、乳幼児では気管支炎、肺炎など重症化しやすく注意が必要です

感染力 → 強い。二歳ころにまでほぼ100%の子供が罹ります、免疫のでき方が弱いので何度でも罹る。潜伏期間は4-6日

発熱 → 軽いものでは普通の風邪程度の発熱。重症化する高熱になる場合があります

せき → 重いものでは咳が酷くなる、ゼイゼイする、呼吸困難、などがおきます

痛み → 

合併症 → 重症化した場合、細気管支炎、肺炎を発症します。気管支喘息の子供の場合は喘息発作の誘発の原因になる。

対処法 → ワクチン・特効薬はありません。症状を和らげる対処療法となります。

感染経路 → 飛沫・接触感染します。最初に鼻に感染することが多い


インフルエンザ

原因 → インフルエンザウイルス A型、B型、C型

特徴 → 高熱・悪寒・全身の痛みなどが急に出る。目の充血や涙目の症状があることも。

感染力 → 強い。次から次へとうつります。潜伏期間は1-4日

発熱 → 突然の高熱、38-40℃

せき → 発熱などの全身症状のあとに見られることが多くなります

痛み → 全身の筋肉・関節が痛みます

合併症 → 肺炎・気管支炎・中耳炎・インフルエンザ脳症を起こすこともあります

対処法 → すぐに医療機関へ。インフルエンザと診断されたら出席停止になります

感染経路 → 飛沫・接触感染、締め切った部屋では空気感染が広がることがあります。


インフルエンザの時期が近付いていますがマイコプラズマ肺炎やRSウイルス感染症で欠席する児童が増えています。

手洗いウガイ、規則正しい生活や栄養をしっかりと摂り体力をつけておきましょう。



楽天 → 次亜塩素酸水 アンチウイルスアクア 詰め替え3パック


アマゾン → トラスト化学 コロナキラー 超高濃度 4000ppm (1L)40ppmに希釈で100L分 弱酸性次亜塩素酸水




↑このページのトップヘ