ウイルス予防の除菌剤まとめ

流行を繰り返すウイルスやインフルエンザ。除菌剤の成分や効果は気になるものです。ウイルス予防の除菌剤のまとめサイトです。 サライウォーター 楽天

消毒用エタノール





アルコール製品を購入するうえで知っておきたいのが、アルコール濃度による「消毒」と「除菌」に分かれ、その効果が異なることです。


消毒は菌やウイルスを無害化する効果

除菌は菌を取り除き減らす効果


手指は「消毒」

ウイルスは主に飛沫感染とウイルスがついた手で粘膜に触れる接触感染で広がります。

そのため手指の消毒を行い、できるだけ接触感染を減らすことが大切です。

消毒に最も適したアルコール濃度は約70~80%で、ラベルやパッケージに「医薬品」「医薬部外品」と書かれています。


・ ポンプを下まで押し切って、消毒に必要十分な量を出す

・ 手のひらだけでなく、指先ゆ指の背にも消毒液をぬる。



モノは「除菌」

モノに付着したウイルスはすぐには死滅しません。

「消毒」ができれば一番効果的なのですが、消毒用アルコールが品薄で入手が困難になっています。

そのため、普段から使う「モノ」はアルコール濃度、約30~50%で「除菌」することがお勧めです。

ただしニス仕上げの家具やワックス後の床、革製品などは剥がれや変色の恐れがあるため使用を避けたいものです。


・ テーブルやドアノブは直接吹きかけて水拭きする

・ スマホや電気のスイッチは布に吹きかけて拭く。


今では、アルコール製品が生活必需品になっています。

アルコールを正しく選び、安全かつ効果的に使用できるようにしましょう。


アマゾン → アルボナース 1L×2本セット


楽天 → 【日本製】アルコール消毒液



あわせて読みたい

新型コロナウイルスの消毒に効果が期待できるものは

アルコールの効かないウイルスとは

消毒用エタノール 使い方

インフルエンザにアルコール消毒











手指・皮膚などの消毒に消毒用エタノールが使われることが多い


消毒用エタノールは消毒効果がもっとも高いアルコール濃度になっており


手指の消毒から医療機器の消毒など、様々な場所の除菌に効果を発揮してくれます


特にウイルスや細菌が体内に侵入するきっかけが手指


外出後や調理の前には手洗い後の消毒として気をつけたいものです。


消毒用エタノールの使い方はとても簡単で


手洗い後の手に揉みこむだけで消毒ができます


ジェルタイプや霧状のものまで幅広い消毒用エタノールが販売されています。



カネイチの消毒用エタノールMIXは手指・皮膚などの洗浄・除菌に優れた消毒用エタノール


広い抗菌スペクトルや迅速な殺菌効果に人気があります


エタノールの成分であるイソプロパノールを少量添加しているため酒税加算額が課されず消毒用エタノールよりも経済的です。


成分 → エタノール76.9-81.4vol% ※添加物としてイソプロパノールを含みます


塗擦、またはガーゼ・脱脂綿に浸して清拭します


希釈しないで原液のままご使用ください。



コストと手間がかからず、この消毒用エタノールはお勧めです

小さい子供や医療ケアが家族にいるため1年中使っています

500mlサイズを使っていましたが、すぐになくなるしコストもかかり過ぎ

風邪やインフルエンザ対策、キッチンのアルコール除菌など幅広く使えて経済的です。

ノズルが付いているので詰め替えも楽です。


◆ 楽天 → エコクイックα 5Lボトル 78%


◆ アマゾン → 兼一薬品工業 消毒用エタノールMIX「カネイチ」 500ml


こんな記事にも注目

サライウォーターとは その使い方と効果も知っておきましょう

次亜塩素酸水 ドクターサポート

インフルエンザと風邪との違い


↑このページのトップヘ