ウイルス予防の除菌剤まとめ

流行を繰り返すウイルスやインフルエンザ。除菌剤の成分や効果は気になるものです。ウイルス予防の除菌剤のまとめサイトです。 サライウォーター 楽天

食中毒

外出先の除菌対策、意外と難しいものですね。

まさか、咳をしている人の周りで除菌スプレーを吹きかけるわけにもいかず、共同のトイレなんかもノロウイルスが気にかかる。

除菌マスクなども効果があるようですが、1回使い捨てなのも勿体ない。

こんな方にお勧めなのがチャーミスト携帯用ボトル

80mlのスプレーボトルなので気になる共同トイレや車の車内、ドアノブやスリッパなど雑菌が気になる場所にシュッ

チャーミストは医療の現場の声から生まれた全く新しい消臭除菌剤です。

高い除菌・消臭力があるのに赤ちゃんが舐めても安全な成分を使用しています。


▼ チャーミスト携帯用の特徴 ▼

医療機関でも採用実績があり瞬時~1分以内にウイルス・雑菌を99%以上を除去・除菌してくれる

無味無臭・無刺激成分なので赤ちゃんやペットのいるご家庭で使っても安全

幅広い汎用性で除菌対策からニオイ対策まであらゆるシーンでご利用いただけます。


▼ チャーミスト携帯用 使い方 ▼

ウイルス・雑菌・ニオイの気になるところへ20cmほど離して2-3回スプレーするだけ

ウイルス・雑菌と接触した時に分解反応臭があり除去しているサイン

分解反応臭が消えたら除菌は完了です。


▼ チャーミスト携帯用 使用例 ▼

外出先での食事前のテーブルの除菌

トイレ便座・ドアノブ・スリッッパ・子供のオモチャにスプレー

枕・靴・車内などの悪臭に

マスク・コート・セーターなどに付着した花粉にも


▼ チャーミスト携帯用の販売店 ▼

◆ 楽天 → チャーミスト携帯用 80ml

◆ アマゾン → 新除菌消臭チャーミスト 携帯タイプ 80ml

◆ 株式会社ポジティヴィスト → ノロウイルス対策アマゾンNo1除菌消臭剤チャーミスト








暑い夏を元気に過ごすには規則正しい生活リズムと食生活が大切

暑い夏・夏休みに気をつけたい食生活のポイントをまとめています。


▼ 夏休みの食生活のポイント ▼

3食キチンと食べます 
間食をし過ぎたり夜更かしをすると翌日のご飯が食べられなくなり生活リズムを崩す原因に
早寝・早起き・朝ごはんを意識した生活を心がけましょう

冷たいものの取り過ぎに注意
冷たいものばかり取り過ぎると胃腸の活動を弱め、消化不良や食欲がなくなる原因に


▼ 夏バテを防ぐ食生活 ▼

主食・主菜・副菜をバランスよく食べることが基本

主食 → ご飯・パン・めん など
主菜 → 肉・魚・卵・大豆製品を中心としたおかず
副菜 → 野菜・キノコ・海藻を中心としたおかず

この他にビタミンB1を効率よく摂りましょう

ビタミンB1を多く含む食材 → 玄米・胚芽米・豚肉・大豆・ウナギなど

夏野菜もしっかり摂りましょう

ピーマン・トマト・なすび・オクラ・トウモロコシ・ゴーヤなど


▼ 食中毒を防ぐ三原則 ▼

夏は細菌による食中毒が多く発生します。
調理前や食事前の手洗いには石鹸でしっかりとキレイに
調理する材料はしっかりと中まで火を通すようにしましょう
冷蔵庫は過信せず、できた料理はなるべく早く食べましょう。

◆ つけない

◆ ふやさない

◆ やっつける


▼ こまめな水分補給をしよう ▼

食べ物からも水分を補給しましょう

キュウリ・ナス・スイカは水分量の多い食材です

野菜や果物にはミネラルもたっぷり含まれていますので上手に食べましょう

ジュースや炭酸飲料は飲み過ぎに注意

糖質を多く含む飲料よりも水かお茶を飲みましょう

大量に汗をかいた時はスポーツドリンクを活用しましょう。

・ 喉が渇いたと感じる前に、こまめに水分補給

・ 起きたとき
・ 食事の時
・ 運動する時
・ お風呂に入る時
・ 就寝前


▼ 食欲がない時のお勧めの食材 ▼

クエン酸やアリシンなどの成分は食欲増進や疲労回復効果があります

クエン酸 → 梅干し・レモン・お酢
アリシン → ニンニク・ニラ・ネギなどの香り成分


楽天 → アサヒクッキンカットM 家庭用まな板


アマゾン → ゴムまな板アサヒクッキンカット 家庭用 M(380×210×13mm)







温度には温度計、湿度には湿度計とパッと一目見て気温や気候を知るうえで便利ですね。

エンペックス 食中毒注意計 TM-2511は食中毒の発生源となる細菌の繁殖を気温と湿度から一目でわかりやすくした食中毒注意計

壁掛け用になっていますのでキッチンや厨房、食材の管理庫などに取り付けることで一目で食中毒注意がわかるようになっています。


食中毒の発生状況は1年中同じではありません
食材の管理状況や企業などの不祥事でも食中毒は起こります。
一般に寒い季節には食中毒は起こりにくく4月以降、暖かくなると食中毒が発生しやすくなっています。
フグやキノコの食中毒は季節によっても異なりキノコは秋、フグは冬に多くなっています。

細菌原因性食中毒の発生原因としては食材の温度管理の不備、手指からの二次感染、厨房機器の洗浄不足が大半を占めています。
食材の取り扱いや個人衛生、手洗い、洗浄、除菌を徹底するようにしましょう

以下に1年の快適な室温と湿度を掲載していますので温湿度管理をする際の参考にしてください。

室内の快適温度
春 18-25℃
夏 22-26℃
秋 18-25℃
冬 18-24℃

室内の快適湿度
春 45-65
夏 50-70
秋 45-65
冬 40-65

食中毒注意計はあくまで食中毒の予防のために使うことを目安としていますが過信は禁物です。
あくまでも食中毒が発生しやすい温度と湿度の注意喚起の目安として使ってくださいね。



◆ 楽天市場 → EMPEX 食中毒(食中毒説明書付) TM-2511


◆ アマゾン → エンペックス気象計 温度湿度計 TM-2511



↑このページのトップヘ